注目 実績多数!失敗しない退職代行サービス3選
退職代行サラバ(SARABA)
【24h対応!トラブルなし、即日円満退職したい人向け】 

 ∟有給、残業代、退職金の交渉や請求に対応!
 ∟会社からの訴訟に対応!徹底的に利用者を守ってくれる
辞めるんです
【キャッシュバックあり!コストを抑えたい人向け】 

 ∟有給消化サポートを実施、95%以上が成功!
 ∟退職届テンプレートをプレゼント
退職代行jobs
【有名弁護士監修!信頼性を重視する人向け】

 ∟西前啓子弁護士監修
 ∟24時間受付、早朝6時から電話対応開始
 ∟弁護士監修、有給申請もできる退職届プレゼント

当サイトの「退職代行サービスおすすめランキング!【人気業者36社を徹底比較】」の記事はこちらから!

退職代行サラバ(SARABA)の基本情報をおさらい

サラバ(SARABA)の画像

項目 内容
利用料金 28,000円(業界最安値水準!
オプション料金 一切なし
成功率 100%
対応日時 24時間/365日
連絡方法 電話/メール/LINE
無料相談 あり
返金保証 あり
対応期間 退職完了まで
連絡制限 無制限
法律家の有無 行政書士の先生が業務範囲を指導

退職代行サラバ(SARABA)は、利用者に代わって退職の連絡を代行している退職代行専門業者です。

「会社を辞めたいのに引き止めに合っている方」や「人手が足りず、なかなか言い出せない方」、「辞めようとしたら脅しをかけられた方」など、一人で退職することが困難な方から利用されており、今では月間1000名以上の方が利用しています。

業界最安値の28,000円で、24時間対応している業者なので、出費を抑えた上で基本的にその日にすぐに退職することができます。サラバを利用した方の口コミを見たい方は「退職代行サービス「サラバ(SARABA)」の口コミ、評判を徹底解説!」でたくさん口コミをまとめているので、ぜひ参考にしてください。

退職代行SARABAってどんな会社?

退職代行編集部:合同会社ゼロが退職代行サービスを始めたきっかけを教えてください。

元々は「宿題代行」みたいなインターネットサービスを提供していたんです。

様々な代行サービスがある中、労働問題などにも目を向け、4年前から退職代行サービスをはじめています。今年話題になりましたが、ずっと前からサービスを提供しています

― 4年も前からサービスをスタートしているのですね!すでに多くの方が利用しているのですか?

実績数は退職代行会社の中でも多い方だと思います。現在は1日10件以上の申込みを受けているので、毎月300件以上退職代行を行っています。これくらいの規模になっても退職代行の成功率は100%です。

― 退職代行の成功率が100%を維持している秘訣などはあるんですか?

実は、退職というものは申請することで誰もができるものなんです。

法律でも労働者が自分の意思で辞めたいと思ったときに、自由に退職できると決められています。ただ、職場環境の問題や上司のパワハラなどの影響でなかなか辞められない人が多く、そういう人が過労死やうつ病になっていると思います。

依頼の途中で退職ではなく、休職に変更する方もいらっしゃいましたが、退職成功率は基本的には100%です。

退職代行SARABAのサービス内容について

  • 4年前から退職代行サービスを提供する老舗の大手業者
  • 毎月300件(1日10件以上)の退職代行を行ってる。
  • この規模で成功率は100%!

退職代行SARABA(サラバ)の特徴について

― 最近は、退職代行がNHKなどマスメディアに取り上げられたことで話題になっています。これを受けて、退職代行業者もすでに30社以上に増えてきています。そのなかで退職代行SARABA(サラバ)の強み、特徴といった部分を教えて頂けますか?

退職代行SARABA(サラバ)の強みは大きく3点あります。
  • 対応スピードの速さ
  • 業界最安値水準の利用料金
  • 行政書士が在籍している
とくに24時間対応はなかなか簡単には真似できないポイントだと思っています。そして、ここまでのサービス内容で3万円という値段もSARABAの強みだと思っています。
また、ここではあえて強みに挙げていませんが、退職成功率は100%で、万が一の場合でも全額返金保証も付いています。

― サービス内容がとても充実しているのにもかかわらず、料金が最安値水準の3万円というのは本当に凄いですよね。確かにとても分かりやすいサービスの特徴や強みがあることが分かりました。

退職代行SARABA(サラバ)の利用の流れ、フロー

― サービスを利用する流れについて教えて下さい。

基本的な利用フローは下記のようになっています。

  1. 問い合わせ/申込み
  2. 振込
  3. シート回答
  4. 実行

連絡手段としては、LINE、メール、電話の3つの方法がありますが、利用者の80%以上がLINEで相談をいただいております。メールと電話が10%ずつといった割合になっています。

― LINEが一番多いんですね。連絡手段でLINE対応している退職代行業者が多いのはニーズが強いからなんですね!

私達としても、伝えた内容を利用者の方がいつでも確認できるように、一番よく確認するLINEをおすすめしています。メールだと確認漏れが起きる可能性がありますし、電話はタイミングによっては取れないこともあると思います。
問い合わせで納得してもらった方には最初に振込みを行ってもらい、振込用紙を写メで送ってもらっています。
そして、入金の確認が取れた方にはヒアリングシートを送り、回答してもらいます。回答を頂いた段階で電話連絡可能となります!

― 実際の入金確認ができる前に、振込用紙の写メで対応していただけるということですか?

当初は実際に振込確認できてからサービス提供という形だったのですが、どうしても15時以降の場合は、確認が次の日になってしまうんですよね。
深夜に心身ともに疲労して、相談してくださる利用者のことを考えると明日に持ち越すべきではないと思い、振込用紙の写真での確認を開始しました。

― 利用者にとってはとても嬉しいサービスですね!深夜や休日も対応してくれるのでしょうか?

退職代行SARABA(サラバ)は24時間365日対応しています。 しっかり受け入れ体制を整えて、社内システムも開発しているため、深夜の時間帯でも数分で返信を返すことができます。

― 実際に夜中に連絡してくる方は多いんですか?

深夜帯の申し込み、問い合わせは多いですね。
深夜〜朝方の時間は遅くまで働いている方にとっても心を落ち着けて考えられる時間ですよね。
そのなかでも、とくに多いのはブラックマンデーと呼ばれる「月曜日の朝」と「連休明けの朝」は依頼が多く集まる傾向があります。
― たしかに、連休明けや土日明けに会社に行きたくないと思うことはありますよね。それがブラック企業で働いている方にとってはより辛い悩みになることがあるということですよね。

SARABA(サラバ)のサービスを利用する流れ

  • 申込み、振込、モニタリングシート回答、実行の流れで利用できる
  • 振込が銀行の営業時間外でも、写メで対応してくれる
  • 24時間365日対応しているので、いつでも連絡できる
  • とくに月曜の朝や連休明けは依頼が集まるので、スタッフを確保して依頼に備えている

退職代行から連絡を受けた会社側の反応について

― 依頼主の会社への退職の伝え方はどう伝えているのですか?

率直に「退職代行業者のサラバです」と伝えた上で、「○○さんの退職の件でお電話いたしました。担当者さまはいらっしゃいますか」と依頼者の退職の話を切り出します。

なりすましなどを希望される方もいらっしゃいますが、なりすましがバレてしまった際に不信感を与えてしまうので、弊社では基本的に受け付けていません。

― ちゃんと退職代行業者だと名乗るんですね。それで「退職代行SARABAです。」と言われた会社の反応はどういったリアクションになるんですか?

会社によって反応は全然異なります。基本的には真摯に対応してくれる企業の方が多いですが、たまに怒鳴られるもともあります。
昔はよく説明しないと理解してもらえないことがありましたが、最近は退職代行サービスがNHKなどマスメディアに取り上げられて話題になったことで世間に認知されてきたこともあり、最近は話がスムーズに話が進むことが多いです。「ついにうちにも来たか!」とリアクションをする方もいらっしゃいます(笑)

― 退職代行を知っている方なら、話を通しやすいですね。

そうですね。理解ある方も着実に増えていると思います。
会社の担当者の方が、退職代行サービスに興味を持ってサービスについていろいろ質問をされる方もいらっしゃいます(笑)

― 即日退職を申し出る場合は、さすがに会社側も反発してくるんじゃないですか?

皆さん驚かれるんですが、即日退職は皆さんできるもんです。 退職日は申請から2週間後というのが今の法律なんですが、退職を伝えてからの2週間の過ごし方は大きく3つあります。
  • 有給休暇で消化するケース
  • そのまま出社するケース
  • 休職扱いにするケース
有給休暇が残っていなくも「休職」という選択が取れることはあまり知られていないんです。大事なポイントは、とにかく無断欠勤は避けることですね。無断欠勤してしまうと、懲戒になってしまう可能性もあるので控えるほうがいいです。

― 有給休暇がない場合、退職申し出からの2週間の過ごし方に休職という方法があるのは知りませんでした。即日退社を申し出た場合、会社はどういう反応をするんですか?

即日退職の提案は通りやすいんです。
会社側から「出社できないのであれば休業ではなく、本日限りということで対処しましょう」と提案され、即日退職となることは多いです。
会社としても保険などの費用が浮くので、「即日退職」には寛容であるケースが多いんです。

退職の伝え方と会社側の反応まとめ

  • 訴訟に至ったケースは今までにない
  • あくまで、業務を伝達に制限しているので非弁行為には該当しない
  • 有給休暇や給料は伝達するだけで、対応してもらえる
  • サービス残業など、未払い給料の交渉などはできない

退職代行SARABA(サラバ)を利用する人たちはどういう人?

― 次に退職代行サラバ(SARABA)を利用される方に多い職業、年齢層、地域などを教えてください。

依頼者の方の年齢層としては、20代~30代前半が多く、性別に偏りはなく50%ずつといった感じですね。
こういった年齢層の利用者の方が多い理由としては、意思疎通のすれ違いという意味で「世代間ギャップ」が多いのではないかと思っています。退職希望者としては「退職したい」というサインを出したつもりでも、上司はそれに気づいていない、または、愚痴や感情的になった話として捉えている方が多いです。

― なるほど。「ブラック企業で辞めさせてもらえない」人が多いのかと思っていましたが、「退職意思が伝わりきっていない」人も多いのですね。

おっしゃる通りです。
もちろん、ブラック企業に勤めていて、辞めさせてもらえない方もたくさんいらっしゃいます。

ただ、なかには退職意思が上司に伝わっていない方も多いです。会社へ電話をかけた際に「言ってくれればよかったのに!」と担当の方から言われることは多いですね。

ただ日常的に接していると言いづらくて、しっかり意思を伝えきれないこともありますし、上司も依頼主と信頼関係が築けていると高をくくっているケースもあるので、やはり我々のような退職代行業者があいだに入ってやっと「あれは本気だった」気付くこともあるようです。

― 利用者の多い職種、業界などはありますか?

一般的に労働環境が厳しく激務だと言われる「製造業」、「介護」、「営業」、「運送」の方が多いです。また、最近では「エンジニア」などが多く、女性では保険やエステなど女性が多い職種が傾向があります。

ちなみに、業種によって引き止めが強い会社も存在します。保険営業の方は引き止めが強いように感じます。営業職の方は交渉もうまいので、退職希望者の中には途中で退職を辞退される方もいます。

― 「会社から引き止めを受けていて悩んでいる」みたいな相談も多いんですか?

そういった相談も多いですね。

一時的に納得して仕事を続けたとしても、合わないものは合わないので、すぐに再度退職を希望する方も何十人といらっしゃいます。

根本的に職種や業種を変えない限り解決しないと思います。とくに営業は合う人と合わない人が大きく分かれるので、悩みの原因が職種との相性であった場合、退職することをすすめるようにしています。

― 利用者が多い地域とかはありますか?

利用者の人数でいうと、大都市の東京や大阪が多いです。
ただし、人口比率で言うと北海道が多く、地方都市の利用者も多いです。地方都市の方は賃金に満足いってない方が多いですね。

退職代行サラバの利用者に関するまとめ

  • 男女比は半々、20代前半~30代前半が多い
  • 業種は製造、介護、営業、保険、エンジニアが多い。
  • 業種によっては引き止めが強い会社もある
  • 勤務地は東京、大阪が多い、人口比率で言うと北海道などの地方都市も多い
  • 利用者のリピート率は高く、再度利用することは良くあること

退職代行SARABAで退職した人の体験談、実体験エピソード

次に利用している方の実際にあったエピソードを聞いてみました。即日退職した方のエピソードや、仰天のエピソードなどを話してもらいました。

― 今まで退職代行をやってきた中で、スタッフも驚くような仰天エピソードとかってありますか?

びっくりするようなエピソードはたくさんありますよ(笑)
例えば、ブラック企業に勤めている方で、退職承諾が取れた旨を連絡をしたら、安心感のせいで足に力が入らなくなり、動けなくなってしまった方がいらっしゃいました。よほど精神的に追い込まれていたんでしょうね。

また、一番インパクトが強いエピソードは、従業員総出で自宅に押しかけられた方の話です。会社から本人にコンタクトはしないようにと伝えても、僕たちには強制力はないので、強硬策をとる会社もやはり少ないですが、ごくまれにあります。利用者の方から「会社の人が自宅に来て、今ノックされて、玄関の前で叫ばれたりしてます!警察を呼んでいいですか?」と連絡があって驚きました。

 

その場は、上司の方の電話番号は知っていたので、私達が責任もって説得して、落ち着いて帰っていただきました。ちゃんと事態を収拾できてよかったです。

退職代行SARABA(サラバ)の今後の展開は?

最後に退職代行業者の最先端を走るサラバに今後のサービスの展開について聞いてみました。

― 退職代行サービスの最先端を走るサラバさんの今後の展開について教えて下さい。

今後は退職利用者に対しての転職支援サービスにも力を入れていきたいと考えています。

転職会社と提携して、利用者に転職先を紹介してあげたいと考えています。転職サービスはすでに始まっていますが、現段階では確実に次の仕事をご紹介できるとは言えないのが現状です。

現時点では、紹介できる企業数も東京都内の数社程度なのですが、提携する人材紹介業者を増やしていくことで、多くの方に次の仕事をご紹介していけると思います。一貫したサービスを提供していくことでより、退職希望者の手助けができればなと考えています。

― 転職先が見つからないという理由で、仕方なく働き続ける方も多いですもんね。。。また、忙しすぎて転職活動もできず我慢を重ねて心身ともに疲弊していく人も多いと思います。そのなかで転職支援サービスまで付いているとなると安心して仕事を辞めることができるので利用者も増えると思います。

 

退職代行SARABAは退職代行業者の中でも一番勢いがあります。24時間対応やLINEで相談できるなど利用者にとっては嬉しいサービスですが、さらに退職成功率が100%で返金保証まで付いているので、安心して利用することができます。

インタビューを読んでみて、SARABAに相談してみたいと思った方は気軽に無料相談してみましょう。親身になって今後のことを考えてくれます。

記事種類 記事タイトル
退職代行SARABAの口コミ、評判 退職代行SARABA(サラバ)の本当の口コミ、評判を徹底解説!【業界最安値で成功率100%】
退職代行SARABAの体験談(LINE画像あり) 【体験談レポート】退職代行SARABAを利用した方の実体験を紹介!【実際のLINE連絡画像14枚】
退職代行SARABAの直撃インタビュー 【退職代行SARABA(サラバ)】担当者になんでもかんでもインタビューしてみた!
他の退職代行サービスも気になる方は国内すべての退職代行サービスを網羅している「退職代行サービスおすすめランキング!【人気業者35社を徹底比較】」をぜひ参考にしてみてください。
当サイトのイチオシの退職代行サービス厳選3社!
退職代行SARABA

SARABAの注目ポイント

  • 労働組合が運営をしている非弁リスクゼロの退職代行
  • 有給消化98%!未払い給料や残業代の請求や交渉も可能
  • 24時間365日対応可能、深夜でも即レス!
退職代行会社SARABA(サラバ)は退職代行業者の中で唯一、労働組合が運営をしているサービスです。労働組合には団体交渉権があるため、未払い給料や残業代の請求や交渉も可能も可能です。
辞めるんです

辞めるんですの注目ポイント

  • お客様満足度1位!何度でも無料相談できる
  • 成功率100%!「もしも」の時も全額返金!
  • 24時間365日、深夜でもスピード対応!
  • 顧問弁護士の指導を受けているので安心!
「辞めるんです」はお客様満足度で業界1位を獲得している退職代行サービスです。値段は良心的な価格にも関わらず、24時間365日スピード対応で退職成功率は100%!また、顧問弁護士による指導を受けているので、訴訟リスクなどの心配もありません!
退職代行jobs
退職代行Jobs(ジョブズ)のアイキャッチ画像

jobsの注目ポイント

  • 24時間365日対応
  • 西前啓子弁護士監修
  • 退職届、履歴書のテンプレプレゼント
退職代行jobsはセラピストとしても有名な「西前啓子」弁護士から監修を受けている信頼性の高い退職代行業者です。24時間申込みを受付けており、朝6時から実際の対応もしてもらえます。
また、退職代行jobsでは「退職届」や「業務引継書」、「履歴書」や「職務経歴書」のテンプレートをプレゼントしています。本来面倒な作業ですが、依頼者はお手本通りに記載するだけで、退職や転職を進めることができます。
おすすめの記事