▼当サイトおすすめの退職代行サービスはこちら!迷ったら「退職代行SARABA」で無料相談!
ランキング1位のアイコン退職代行サラバ(SARABA)
【2.8万円ぽっきり!24h対応で即日退職】
一般業者では不可能な「交渉」にも対応!トラブル・失敗の心配はなし
ランキング2位のアイコン辞めるんです
【利用料金3万円!実質無料で利用可能】
転職成功で退職代行費用30,000円、全額キャッシュバック!
ランキング3位のアイコン退職代行jobs
【29,800円!有名弁護士監修の安心サービス】
弁護士指導なので安心安全!丁寧な対応で円満退職を提供中

また、当サイトの「退職代行サービスおすすめランキング!【人気業者39社を徹底比較】」の記事はこちらから!

「出世、昇進できない」は退職理由の上位

バナー画像「出世、昇進できないことを理由に退職していいのか」

「昇進できないから」という理由で退職を考えているのは自分だけと思っている人は多くいますが、実は退職理由の上位で「人事制度、昇進」という理由があります。

画像参照:第43回 テーマ:「退職理由」について

20代から40代まで年齢を問わず、約25%ほどの人が「人事制度」が退職を考えるきっかけとなったと回答をしています。

昇進ができないことにより、働いてる方は以下のような不満を持ちます。

  • 給与が上がらない
  • 同世代からの目線
  • 年下に抜かされる

とくに、今の会社で定年退職まで働くことを考えてる人にとって昇進できないことは十分「退職を考えるキッカケ」になるほど、大きな不満となります。

この会社に勤めていても上には上がれないと判断をしたのであれば、転職活動を始めてみると良いでしょう。

ただし昇進できない理由によっては、今の会社で頑張った方が本人にとって有意義である可能性があります。まずは自分が昇進できない理由について見つめ直してみましょう。

出世、昇進できないから辞めたいと感じたときの対処法

バナー画像「出世、昇進できない理由の確認方法」

まずは、昇進できない理由が自分にあるのか会社にあるのかを明確にしましょう。

自分に原因があり改善できるケース

以下の4つのパターンに当てはまる場合、現状どんなに仕事ができていても昇進は難しいでしょう。

昇進できない原因が自分にある方は、転職が解決方法とはなりません。今の会社で変わる努力をした方がより効率できでしょう。

  • 上司との人間関係の構築ができていない
  • 言われたこと以上の仕事ができない
  • マネジメントの適正がない
  • 人望があるかないか

まず、人間関係の構築が苦手な人です。

上司に対してもコミュニケーションを取らないと、自分のことをよく見てもらえない可能性があります。また、部下に対してコミュニケーションを取らないとチームをまとめる仕事は与えられないと判断されてしまいます。

次に言われたこと以外の仕事ができない人です。仕事の全体像を理解することができないのであれば、チームのリーダーになることは難しいでしょう。

3パターン目は、現場でのみ活躍ができる人です。今の仕事が完璧にできるとしてもチームを総括することや育成することに適正がない場合は、昇進することは難しいかもしれません。

最後は周りからの信頼を集められない人です。部署の責任者としての仕事ができたとしても、部下を気遣うことができないと判断されてしまうと昇進は難しいです。何を考えているのかわからない人、いつも切羽詰まった表情をしており、近寄りがたい人は自身の変化が必要となるでしょう。

会社側に原因があり改善できないケース

もし会社側に原因があり、昇進できないのであればすぐに転職を考えるべきです。

重要な役職に就いて会社を動かしていきたいとお考えの方が、昇進の目処がまったく立たない会社で働き続けることはハッキリ言って時間の無駄です。

  • 評価基準に問題がある
  • 管理職のイスが少ない

会社側に原因があるケースの例には、評価基準や配属部署に問題があることが挙げられます。部下の評価をテキトーに行う上司や、好き嫌い贔屓をする上司の元ではあなたがどんなに頑張っても、評価を受けることが難しいです。

配属された部署が花形の部署ではなく、会社から注目を浴びる領域ではなく、成果をあげることも難しい場合、まず高評価を受けることが難しいので、昇進や出世を考える人は潔く転職する方が得策になるケースが多いです。

また、役職のポストがない場合も辛い状況です。若い世代が実力次第で上に上がれる社風の会社に転職をした方が、時間をかけず昇進することができるでしょう。

出世、昇進できないから辞めると転職に不利になるのか

バナー画像「昇進、出世できないという理由で辞めると不利になる?」

再就職先の選考で100%聞かれることは「あなたはなぜ会社を辞めたか(辞めようとしているか)」です。

昇進、出世できないことは退職理由としては真っ当であり、決してマイナスなことでありません。

「自分で会社を変えていくために昇進したい」、「給料を上げるために昇進したい」というハングリーな意思は、評価されるべきものです。不利になるどころかむしろ有利に働くでしょう。

ただし、ネガティブなワードを使って伝えてしまった場合は、転職先の面接官は当惑してしまうかもしれません。

何のために自分が今の会社で昇進したかったのかを見つめ直し、自分の目標を実現するために面接を受けたことが上手に伝わればOKです。

転職先で出世、昇進するために!会社選びの2つのポイント

バナー画像「出世、昇進しやすい会社の選び方」

1.リサーチできる範囲で昇進に関する情報を集める

昇進しづらかったことをキッカケに退職を考えた方は、同じことを繰り返さないように次の会社を徹底的にリサーチすることが重要です。

  • 企業の募集ページで昇進、昇給制度について確認する
  • 会社の役員の年齢層を見てみる
  • 口コミサイトで昇進についての投稿を探してみる

これから選考を受ける企業が、あなたをきちんと評価してくれる会社なのかを見極めるためにも、ネット上やSNS、面接で直接内部の方と会った際に、調べられることは徹底的に調べるようにしましょう。

2.転職エージェントを利用する

上記で、自分で調られる範囲でリサーチすることが大切と述べましたが、企業の内情を正確に知ることは正直難しいです。口コミサイトは真偽がわからないですし、面接官は自社を悪く言うことはないでしょう。

そこで便利なサービスが転職のトータルサポートをしている「転職エージェント」です。

転職エージェントは自社で取り扱う求人を決めるために、企業の社員と直接話をすることが多いため、「社内の雰囲気」やネット上に乗っていない「裏事情」を知っていることが多いです。

自力で求人サイトを使って調べることも重要ですが、知っている人に聞くということの方がてっとり早いし、効率的です。

 

以上、昇進できないことを理由に退職を検討している方に向け、判断するためのポイントや転職先決める上での注意点を紹介しました。

転職は決して珍しいことではないので、今の会社に勤め続けることが難しいと思ったのであれば、自分の気持ちに正直に行動をしてみてください。

もし、今の会社をスムーズに退職できない場合は、「退職代行」というサービスがあることを覚えておいてください。退職代行を利用すると会社に出社することなく、スムーズに会社を辞めることができます。

興味がある方は、国内の退職代行業者を比較した「退職代行サービスおすすめランキング!人気業者36社を徹底比較【いますぐ辞めたい方必見!】」を参考にしてください。

当サイトのイチオシの退職代行サービス厳選3社!
退職代行SARABA

SARABAの注目ポイント

  • 労働組合が運営をしている非弁リスクゼロの退職代行
  • 有給消化98%!未払い給料や残業代の請求や交渉も可能
  • 24時間365日対応可能、深夜でも即レス!
退職代行会社SARABA(サラバ)は退職代行業者の中で唯一、労働組合が運営をしているサービスです。労働組合には団体交渉権があるため、未払い給料や残業代の請求や交渉も可能も可能です。
辞めるんです

辞めるんですの注目ポイント

  • お客様満足度1位!何度でも無料相談できる
  • 成功率100%!「もしも」の時も全額返金!
  • 24時間365日、深夜でもスピード対応!
  • 顧問弁護士の指導を受けているので安心!
「辞めるんです」はお客様満足度で業界1位を獲得している退職代行サービスです。値段は良心的な価格にも関わらず、24時間365日スピード対応で退職成功率は100%!また、顧問弁護士による指導を受けているので、訴訟リスクなどの心配もありません!
退職代行jobs
退職代行Jobs(ジョブズ)のアイキャッチ画像

jobsの注目ポイント

  • 24時間365日対応
  • 西前啓子弁護士監修
  • 退職届、履歴書のテンプレプレゼント
退職代行jobsはセラピストとしても有名な「西前啓子」弁護士から監修を受けている信頼性の高い退職代行業者です。24時間申込みを受付けており、朝6時から実際の対応もしてもらえます。
また、退職代行jobsでは「退職届」や「業務引継書」、「履歴書」や「職務経歴書」のテンプレートをプレゼントしています。本来面倒な作業ですが、依頼者はお手本通りに記載するだけで、退職や転職を進めることができます。
おすすめの記事