▼当サイトおすすめの退職代行サービスはこちら!迷ったら「退職代行SARABA」で無料相談!
ランキング1位のアイコン退職代行サラバ(SARABA)
【2.8万円ぽっきり!24h対応で即日退職】
一般業者では不可能な「交渉」にも対応!トラブル・失敗の心配はなし
ランキング2位のアイコン辞めるんです
【利用料金3万円!実質無料で利用可能】
転職成功で退職代行費用30,000円、全額キャッシュバック!
ランキング3位のアイコン退職代行jobs
【29,800円!有名弁護士監修の安心サービス】
弁護士指導なので安心安全!丁寧な対応で円満退職を提供中

また、当サイトの「退職代行サービスおすすめランキング!【人気業者39社を徹底比較】」の記事はこちらから!

「仕事をなめている!」

一生懸命やっているなのに、このような言葉をかけられてしまうとショックです。

辞めてしまおうと思う方も多いですが、まずはなぜ「なめている」と言われてしまったのかを分析することが大事です。

本記事では部下や後輩に「仕事をなめている」と言ってしまった先輩や上司の意見をもとに、何を直せば改善できるのかを解説しています。

約30%が会社で「仕事なめてる」って言われた経験あり

バナー画像「仕事が辞めていると言われる人の数」

知人友人の社会人を対象に当サイトが独自に「仕事をなめている」と言われた経験を調査した結果、約30%が実際にそのようなことを言われたことがあると答えています。

「仕事をなめているに限定せず、キツイ言葉をかけられたことがあるか?」という問いに対しては9割近くの方はあると回答してくれました。

こんなに仕事ができないのは自分だけだと、言われた本人は悲観的になることが多いです。

しかし、実は社会人を初めて間もない方であれば多くの方が「仕事をなめている」を始めとしたキツイ言葉を言われているのです。あなた一人が劣っているわけでは絶対にありません。

必ずしも正しいというわけではないですが、上司や先輩からのキツイ言葉、説教を受けて社会人として成長していくのかもしれません。

ショックで辞めてしまう前に、まずは原因を探り改善点を見つけてみましょう。

以下では、仕事をなめていると言った先輩や上司の意見をまとめています。

仕事なめてる人の9個の特徴と言動

バナー画像「仕事をなめている人の言動」

先輩や上司が仕事なめていると感じるケースは以下の通りです。

若者言葉、タメ口

敬語を使っているのですが、表現がいわゆる「若者言葉」で真面目さが感じられません。
同い年であることがわかると、急にタメ語で話されました。役職が決まっている以上、仕事場では敬語を使ってほしいと思いました。

仕事場では「年齢」と「役職」を意識した言葉使いをしなくてはいけません。

自分の会社内でさえ、まともな言葉使いができない新人に対して「お客さんに合わせることができるのだろうか」と先輩や上司としては、不安を感じてしまいます。

挨拶ができない

全く挨拶をしてくれない。先輩の私よりも立場が上の部長からの挨拶に対して、軽い会釈で済ませたときはヒヤッとしました…。

新人であれば仕事がすぐにできるかできないかは問われませんが。人として当たり前なことはできると認識されています。

基本マナーができないということは、上司や先輩をがっかりさせてしまいます。

化粧、髪色が派手

面接では黒髪だったのに、入社時は少し明るい髪色で驚きました。面接が通ったからもう大丈夫とでも思ったのでしょうか。本当に大事なのは、実際にお客さんと会うこれからなのに。

会社のルールに沿って身だしなみを整えることは、基本中の基本です。

常識的ではない髪色や、会社に雰囲気に合わないメイクは社会人としての自覚があるのか疑われてしまいます。

すぐに休む

簡単に仕事を休みます。休まなくてはいけないという判断が甘いのか、ウソを付いているのか知りませんが、意識が低いと思います。

すぐに休みたがるという意見も多くありました。

エピソードの中には、休みを上司に伝えず先輩や同僚に伝える新人さんもいました。

無理をする必要はありませんが、体調管理は自己責任であり、評価に直結するものであることを知りましょう。

やる気がない

仕事をお願いしたいんだけで、誰かやりたいやついるか?という投げかけに対して無反応でした。楽な仕事ばかりをやりたがり、大変な仕事を避けるのはどうかと。

自分の限界を超えてまで、追い込む必要はありませんが、自主性が著しくない新人に対して、先輩や上司は「仕事をなめている」と思ってしまいます。

まだまだ、できないことが当たり前な今のうちをやる気を出して新しいことに挑戦した方が自分のためにもなります。

責任、当事者意識がない

売上や目標の把握ができておらず、当事者意識がないと思いました。自分がやっていることの結果が気になるのは当然だと思っていたので、理解に苦しみました。

言われたからやるという意識では、先輩や上司からなめていると言われてしまっても当然です。

まずは仕事の目標を知り、自分がやったことでどのような結果がでるのかを気にする習慣を付けましょう。たとえ興味がないとしても、数字の伸びを見て成功体験をすることでどんどん担当者としての意識が芽生えることもあります。

報告相談連絡ができない

終業時間にできませんでしたという報告が入り、なぜ途中で相談できなかったのかと怒ってしまった。できないことは許せるが「できることろまでで良いや」という考えはなくしてほしいです。

報告、連絡、相談は社会人になってまず教えられる基本のビジネスマナーです。

社会人としては当然のコミュニケーションですが、新入社員は習慣がついていないこともあります。定着をされるためにも、「心配症すぎる」と言われるくらいにホウレンソウをしてみると良いでしょう。

また、上司と気軽に会話ができるように普段の生活で、自分から話しかけてみるなどのコミュニケーションを取ることも効果的です。

できないことをできると言う

仕事を教えてあげようと、思って声をかけたら「そんなの、もう分かるのでいいです」と言われてしまった。おまけに完成度も中途半端。

できないことを「できる」と言うことは、自分のことを課題評価しているのだと思われしまいます。

自分で完璧だと思っていることであっても、先輩や上司からすると完成度が低いこともあります。教えてくれる以上なにか課題があるものだと思ってみるのが良いでしょう。

自分の脳力の過信してしまうのは要注意です。

残業をしたがらない

緊急性の高い連絡がお客さんからあったのに関わらず、提示に上がろうとしている新人さんに怒ってしまいました。なぜか残業を強いることはしませんが、相手の立場になって考える思考や、やりきる意識が欠けていると感じてしまいました。

「残業を絶対にしろ!」ということはありませんが、自分が担当している仕事の進捗が遅れている場合や、クライアントの対応をしなくていけない場面では「すみません、できません。」ではなく、時間を使って努力をすることも時には必要でしょう。

仕事なめてるって言われたときの対処法4つ

バナー画像「仕事をなめていると言われた時の対処方法」

根本的な原因、言われた理由を考える

まずは、仕事をなめていると言われてしまった原因を分析しましょう。

「遅刻が多いこと」や「当事者意識が低いこと」、「言葉使い」など様々ですが、基本的に以下の2つに分類されるはずです。

  • 社会人としての常識を知らなかった
  • 仕事に対する意識が間違っていた

社会人としての常識を理解する

原因を分析した結果、「言葉使い」など社会人としての常識を知っているか知らないかの問題であれば、解決方法は簡単です。

同じことを繰り返さなければいいだけです。

自分の中では「これぐらい、いいじゃん」と思っていたことも、社会人の常識には反しているのだと素直に理解するしか方法はありません。

とくに年齢に大きな差がある場合は、自分の常識が非常識と思われてしまうことは多いです。

自分が正しいと思うのではなく、上司や会社のやり方で常識的であれるように努めてみましょう。

仕事に対しての向き合い方を変える

原因を分析した結果、「やる気」や「意識」の問題であれば、仕事に対して自分の意識を変えるしか方法はありません。

なんのために仕事をしているのか、一度整理して目標を設定するといいでしょう。

人生の大きな目標を保つ必要はありません。「お金を貯めて◯◯する」という目標で構いません。

目標があると自然と「売上」と「評価」が気になるようになります。仕事をやりきる当事者意識や売上を達成するためのホウレンソウは自然とできるようになるでしょう。

思い切って、転職する

「仕事をなめている」という発言が、指導ではなく明らかに上司のパワハラである場合は、転職を考えたほうが良いでしょう。

  • 体罰が伴っている
  • 執拗に自分だけを攻撃してくる
  • 意図的に全員の前でわざわざ注意する
  • 改善をしても正当な評価をされない
  • 1つのミスに対して、何日もネチネチと説教が続く

モラルがない上司の性格を自分の力で変えることは難しいです。社内の相談部署や、さらに役職が上の人間に相談をすることをおすすめします。

それでも、上司の変化が見られず我慢できないと感じた場合は、無理をしないことが肝心です。

パワハラを受けた恐怖心から、自分で退職の報告ができない場合は、「退職代行」というサービスが便利です。

退職代行とは、依頼者に変わって退職の連絡を全て代行してくれるサービスです。ラインや電話で気軽に申し込みができ、あとは担当のスタッフが全てやり取りしてくれます。出社する必要も、上司に会う必要もありません。

気になる方は、人気の退職代行業者を比較した「退職代行サービスおすすめランキング!人気業者36社を徹底比較【いますぐ辞めたい方必見!】」を参考にしてください。

当サイトのイチオシの退職代行サービス厳選3社!
退職代行SARABA

SARABAの注目ポイント

  • 労働組合が運営をしている非弁リスクゼロの退職代行
  • 有給消化98%!未払い給料や残業代の請求や交渉も可能
  • 24時間365日対応可能、深夜でも即レス!
退職代行会社SARABA(サラバ)は退職代行業者の中で唯一、労働組合が運営をしているサービスです。労働組合には団体交渉権があるため、未払い給料や残業代の請求や交渉も可能も可能です。
辞めるんです

辞めるんですの注目ポイント

  • お客様満足度1位!何度でも無料相談できる
  • 成功率100%!「もしも」の時も全額返金!
  • 24時間365日、深夜でもスピード対応!
  • 顧問弁護士の指導を受けているので安心!
「辞めるんです」はお客様満足度で業界1位を獲得している退職代行サービスです。値段は良心的な価格にも関わらず、24時間365日スピード対応で退職成功率は100%!また、顧問弁護士による指導を受けているので、訴訟リスクなどの心配もありません!
退職代行jobs
退職代行Jobs(ジョブズ)のアイキャッチ画像

jobsの注目ポイント

  • 24時間365日対応
  • 西前啓子弁護士監修
  • 退職届、履歴書のテンプレプレゼント
退職代行jobsはセラピストとしても有名な「西前啓子」弁護士から監修を受けている信頼性の高い退職代行業者です。24時間申込みを受付けており、朝6時から実際の対応もしてもらえます。
また、退職代行jobsでは「退職届」や「業務引継書」、「履歴書」や「職務経歴書」のテンプレートをプレゼントしています。本来面倒な作業ですが、依頼者はお手本通りに記載するだけで、退職や転職を進めることができます。
おすすめの記事