▼当サイトおすすめの退職代行サービスはこちら!迷ったら「退職代行SARABA」で無料相談!
ランキング1位のアイコン退職代行サラバ(SARABA)
【27,000円!24h対応で即日退職】
有給消化/残業代/退職金もおまかせ!損害賠償請求にも対応
ランキング2位のアイコン退職代行jobs
【有名弁護士監修の安心サービス】
弁護士指導なので安心安全!円満退職できる!
ランキング3位のアイコン退職代行ニコイチ
【累計7,135人の圧倒的な成功実績!】
27,000円で退職成功率100%!7135人の退職実績も!

また、当サイトの「退職代行サービスおすすめランキング!【人気業者39社を徹底比較】」の記事はこちらから!

ポジティブな退職理由にせよ、ネガティブな退職理由にせよ今の会社を辞める際は、できるだけ円満に退職したいと考えるのが一般的です。

しかし、会社を円満退社することは実はかなり難しいことなんです。

本記事では円満退社がありえない、無理と言われている理由を解説しています。また、トラブルや揉め事を避けるために最低限必要な配慮を紹介します。

円満退社ができない理由を徹底解説!

バナー画像「円満退職がありえない理由」

冒頭で円満退社をすることはありえない、無理といいました。それは退職をする際に、配慮しなくてはいけない事、人が多すぎるからです。

一般的な円満退社の定義についておさらいしてみましょう。

  • 上司が気持ちよく退職願を受け取ってくれる。
  • 本人の辞めたいタイミングで辞めることができる
  • 会社、上司、職場の同僚に何も迷惑をかけることなく辞める。
  • 職場のみんなが気持ちよく送り出してくれる。
  • 業務の引き継ぎを完璧にすませる。

こんなところでしょうか。本人の事情のほか、会社、上司、同僚など様々な人の事情が関係してきます。

そもそも本人は会社に不満がある

互いに寄り添う気持ちがあれば、限りなく円満に退社することも不可能ではありませんが、会社を辞めようとしている本人は、もう会社に未練がないということを忘れてはいけません。

そもそも「会社の都合に合わせていい顔をする必要はない」と考える人は多いです。

当サイト編集部としてもそれが正解だと判断しています。本人にとって大事なことは次の会社での評価です。もう辞める予定の不満だらけの会社を相手にいい顔する必要は一切ありません。

上司、職場、本人が全員満足することは不可能

上司や同僚、本人が全員満足することは不可能でしょう。それは、それぞれの理想や、退職に対する考えが全く違うためです。

【上司の意見/行動】
  • 退職者は裏切り者だ
  • おれの評価が下がるだろ
  • 育成に莫大な投資をしているのに辞められたら困る
  • 辞めるなら後任を採用し、育成してからにしてくれ
  • どうせ辞めるなら嫌がらせをしてやる

上司は、退職者に対して「辞めないこと」もしくは「辞めるのであれば責任を果たすこと」を求めます。

また、退職が決まった人を優しく扱う必要はないと考える方も多く、捌ききれないほどの引継ぎや仕事を依頼してくることもあります。

【同僚の意見/行動】
  • 自分にしわ寄せが来るから困る
  • 仲の良い社員が減るのは悲しい

同僚は、あなたが辞めることで一番仕事が増える相手です。そのため、しわ寄せが来ることに対して不満を感じるでしょう。

上司と同じく、人が増えあなたの後任が育つまで待ってほしいと考えるでしょう。

【本人の意見/行動】
  • 退職は自分の自由だ
  • なるべく早く辞めたい
  • もう辞めるのだから、評価は気にならない
  • 退職まではゆっくりと過ごしたい

当の本人は、なるべく早く辞めたいと考えています。

誰かの意思に合わせようとすると本人にとって満足のいく退社ではなくなってしまいます。だからといって本人の希望を通そうとすると、誰かにしわ寄せがいってしまいます。

3つの意思を同時に叶えることは不可能です。

会社のために退職者が我慢するくらいなら、円満退社をあきらめ多少強引にでも退職をすべきでしょう。

円満退社はべつにしなくていい!

バナー画像「円満退職することのメリット」

円満が難しい理由を聞き「じゃあ、どうしたら良いんだ」と感じた方も多いでしょう。

円満退社はわざわざしなくても構いません。理由は単純で円満に仕事を辞めるメリットが少ないからです。

転職先に伝わる可能性

退職者の情報は個人情報保護法によって守られています。

今の会社の上司から次の会社の人間に「あいつは会社の都合を全く考えずに辞めた」などと伝わることはありません。

つまり円満退社しても、しなくても転職での有利性は変わりません。

転職活動におけるメリット

  • とくになし

退職後、人間関係が悪くなる可能性

もちろん、自分を押し殺してでも会社の意向に沿って退職した方が、会社とはいい関係を保てます。

よほど関係が深く、退職後も関わりがあるのでしたら円満に辞めることがベストですが、多少仲がいい程度であれば、気にする必要なありません。

転職をすると、自然と次の会社の人たちとの関係が深くなります。前の会社でよく喋っていた人や一緒にランチに行っていた人でも、会社を変えた途端に合わなくなってしまうことが一般的です。

仕事上、プライベート上のメリット

  • 仕事上で接するなら、情報収集や顧客獲得で便利
  • プライベートでの関わりがあるなら、遊び相手・相談相手を失わずに済む

法的な問題

「退職までに必要な期間は2週間」この法律さえ守っているのであれば、法的な問題はありません。2週間後に退職日を設定して、その間を有給消化で過ごしたとしても法律違反にはなりません。

むしろ、辞めさせないことや有給休暇を認めないことが法的に問題があります。

退職の自由は法律によって保証されているので、辞めることに関しては強気でいて構いません。

ただし、「引き継ぎ」や「共有」を一切しないことで、会社に目に見えるほどの損害が出る場合は損害賠償請求を受ける可能性はあります。

また、会社をバックレてしまった場合は懲戒解雇とされてしまう可能性もあります。

法的なメリット

  • とくになし

なるべく揉めずに退職する4つの方法

バナー画像「揉めずに会社を辞めるための方法」

無理に会社に合わせる必要はありませんが、一定会社への配慮は必要です。

  • 社内のルール、マナー、法律を守って退職する
  • 退職日までの期間、今の会社の批判はしない
  • やるべき仕事(引継ぎや育成)は最低限こなす
  • 遅刻欠席、言い争うを避け退職日まで静かに過ごす

円満退社する必要はありませんが、わざわざトラブルの火種を撒いてはいけません。

社内のルール、マナー、法律を守って退職する

退職は、社内のルール、マナー、法律の3つを意識して進めるようにしましょう。意識するポイントは以下の通りです。

  • 退職日
  • 伝える相手
  • 伝え方
  • 引き付きのスケジュール
  • 同僚達への告知のタイミング

 

何に従うかで全く対応が異なることもあるので、注意してください。

とくに社内のルールを守ることが円満退社のコツです。

退職日の法律 2週間
退職日のマナー 1ヶ月
退職日の社内ルール 様々

退職日を例に挙げると、法律上2週間での退職が可能です。だからといって「法律で決まっているんだから辞めさせてよ」といった態度はとってはいけません。

無理をする必要はないですが、なるべく会社のルールに合わせることが大切です。

退職日までの期間、今の会社の批判はしない

もう退職するからと言って、好き放題言ってはいけません。

会社に残る方の気分を害してしまうことになり、場合によっては孤立してしまったり嫌がらせを受ける可能性もあります。

セクハラやパワハラ、賃金の滞納など主張すべきことは遠慮せずに申し出て構いません。

やるべき仕事(引継ぎや育成)は最低限こなす

退職までの期間、業務をテキトーにこなしていると嫌われてしまうこと可能性が高いです。あなたが残してしまった仕事は結局残った社員に降りかかるからです。

また、有給消化が10日以上残っている方は、14日後に退職日を決めて平日の10日間をまるまるお休みをすることで、実質即日退職できます。

しかし、一切出社することなく辞めてしまうと会社とのトラブルが発生する可能性がグッと高まります。

もし、即日退職する際は引き付き資料をメールや郵送で送付するくらいの配慮は必要です。

勤務態度を悪くしない!退職日まで静かに過ごす

退職が決まった瞬間に勤務態度が悪くなる方がいますが、円満に退職したいのであればそれはNGです。

たしかに、もう評価はどうでもいいと思う気持ちもわかります。

しかし、退職者が一番嫌われる行為なので、絶対にやってはいけません。今まで以上に低姿勢で仕事に臨みましょう。

 

これらの配慮をした上で上司が文句を言ってきたり、無理な要望を言って来た場合は、聞き入れる必要はありません。

「必要な引継ぎは済ませており、これ以上会社に残る必要がないこと」や「民法の決まりで2週間前に申告すれば辞められること」を武器に多少強引にでも退職を進めて構いません。

もし、論理的な説明に対して、上司が「無視」や「暴力(パワハラ)」で答えるようであれば退職代行サービスを利用することをおすすめします。

退職代行業者に依頼すると、変わりに退職の意思を伝えてもらうことができるので聞き分けの悪い上司に会う必要がありません。あなたに対して強気な上司も、第三者が介入することであっさりと退職を認めてくれることもあります。

 

【仕事の悩み】関連リンク
仕事が多すぎてパンクしそう 仕事を休む理由35選
仕事をなめてると言われた 昇進できない
夜勤って体調を崩しそう 中堅社員が辞めていく
妊娠で仕事を辞めたい 単身赴任で退職したい
円満退職ができない 人手不足で退職を引き止められた
入社2年の会社を辞めたい 入社4年の会社を辞めたい
電話で退職したい LINEで退職したい
試用期間に退職したい -
仕事を辞めたくて仕方がない人は「仕事を辞めたい10の理由と解決策!13項目のチェックリストで退職診断を徹底解説!」を参考に会社を辞めるべきか診断してみてください。
当サイトのイチオシの退職代行サービス厳選3社!
退職代行SARABA

SARABAの注目ポイント

  • 労働組合が運営をしている非弁リスクゼロの退職代行
  • 有給消化98%!未払い給料や残業代の請求や交渉も可能
  • 24時間365日対応可能、深夜でも即レス!
退職代行会社SARABA(サラバ)は退職代行業者の中で唯一、労働組合が運営をしているサービスです。労働組合には団体交渉権があるため、未払い給料や残業代の請求や交渉も可能も可能です。
退職代行jobs
退職代行Jobs(ジョブズ)のアイキャッチ画像

退職代行jobsの注目ポイント

  • 24時間365日対応
  • 西前啓子弁護士監修
  • 退職届、履歴書のテンプレプレゼント
退職代行jobsはセラピストとしても有名な「西前啓子」弁護士から監修を受けている信頼性の高い退職代行業者です。24時間申込みを受付けており、朝6時から実際の対応もしてもらえます。
また、退職代行jobsでは「退職届」や「業務引継書」、「履歴書」や「職務経歴書」のテンプレートをプレゼントしています。本来面倒な作業ですが、依頼者はお手本通りに記載するだけで、退職や転職を進めることができます。
退職代行ニコイチ

ニコイチの注目ポイント

  • 累計7135人の成功実績を持つ老舗業者!
  • 運営歴14年間で退職成功率は100%!
  • プロの心理カウンセラーに無料相談!
ニコイチは創業から14年間で、合計7135人以上の退職を成功させている退職代行業者です。圧倒的な人数も然ることながら、驚くべきは未だに退職成功率100%を誇っているため、安心して利用することができます。「不安が拭えなくて、実績ある会社にお願いしたい」という方はニコイチをご利用してください。
おすすめの記事