▼当サイトおすすめの退職代行サービスはこちら!迷ったら「退職代行SARABA」で無料相談!
ランキング1位のアイコン退職代行サラバ(SARABA)
【2.8万円ぽっきり!24h対応で即日退職】
一般業者では不可能な「交渉」にも対応!トラブル・失敗の心配はなし
ランキング2位のアイコン辞めるんです
【利用料金3万円!実質無料で利用可能】
転職成功で退職代行費用30,000円、全額キャッシュバック!
ランキング3位のアイコン退職代行jobs
【29,800円!有名弁護士監修の安心サービス】
弁護士指導なので安心安全!丁寧な対応で円満退職を提供中

また、当サイトの「退職代行サービスおすすめランキング!【人気業者39社を徹底比較】」の記事はこちらから!

妊婦さんはホルモンバランスの影響で疲れを感じやすくなります。

そのため、仕事を続けることが辛いと感じるようになり、会社を辞めることを考えるようになります。

本記事では、妊婦さんが仕事を辞めたいと感じる瞬間や、辞めたいと考えていても辞められない理由を解説しています。不安要素の解決策を掲載しているので、ぜひ最後まで読み進めてください。

妊娠で仕事を辞める人は多い?

バナー画像「妊娠で仕事辞める方の割当」

明治安田総合研究所の調査によると、出産、妊娠時に仕事を辞めた方は20代で73.1%、30代で50.5%となっています。20代の方が割合が高いのは、再就職先が年齢的に見つけやすいことが要因でしょう。

最近では妊娠に対して柔軟な対応をする企業が増えていますが、それでも「子育てに専念したいから」、「家庭を大切にしたいから」という理由で退職を選択する方が多数いるのでしょう。

妊娠をきっかけに会社を辞めることは決して珍しいことではないと覚えておいてください。

また、妊婦の方が疲れを感じやすいのは、妊娠初期と言われていますが、国が定めている産休制度で、休みは始めることができるのは出産予定日の約1ヶ月半前となっています。

子育てに専念したいというポジティブな理由だけでなく、辛い時期に産休が使えないという致し方ない理由も退職者がまだまだ多いのも理由の1つとなっているとことが考えられます。

それでは、妊婦さんが仕事を続ける場合、どのような時に辛いと感じるのかを解説します。

妊娠中に仕事を辞めたくなる5つの理由

バナー画像「妊娠で仕事辞める方の理由」

1.通勤が体力的にキツイ

妊娠をするとお腹に赤ちゃんがいる分、体にかかる負担が増加します。

物理的に体重が増える影響もありますが、ホルモンバランスの変化で体が疲れやすくなってしまうことが一番の要因でしょう。

また、赤ちゃんがお腹にいることで、血液量を増加させようとしたり、代謝作用をあげようとしたり、体が勝手に様々なところでエネルギーを消費しようとします。

疲れやすくなっている上にエネルギー消費の増加が加わると、当たり前のように行っていた電車通勤が非常につらくなってしまいます。

2.つわりで仕事にならない

妊娠5週目を過ぎた方は、つわりが酷く仕事にならないという状態に陥ることがあります。

出社しても気持ちが悪く仕事が手に付かないと、できるなら家でじっとしていたいと考えるでしょう。

妊娠に対して理解がある職場に勤務しており、上司から「デスクワーク中心で構わないよ」と言ってもらえたとしても、つらいものはつらいです。

つわりがひどい時期は、デスクワークでもつらくトイレで吐いてしまうこともあります。

3.赤ちゃんに影響が出ないか心配

多少、体調が悪いことや通勤で疲れてしまうことに関しては我慢できる方も多いと思います。

しかし、知らず知らずのうちに感じているストレスが、お腹の赤ちゃんに影響が及ぼしてしまうことを懸念される方が多くいます。

実際に妊婦のストレスは胎児に影響を及ぼします。

「自分の体はもう、自分一人の体ではない」という責任感から仕事を辞めることを決意する方も多いです。

4.いちいち人に頼む必要があり、申し訳ない

妊婦さんは、会社での業務量の減少や、他の人の作業を邪魔してしまうことを心配します。

ちょっとした力仕事も人に頼まなくていけなくなることが増えます。依頼する人の作業が遅れらせてまで、いちいちお願いをすることに心苦しくなってしまします。

真面目で仕事への熱意が強い人ほど、会社の役に立てないことを苦痛に感じてしまいます。

迷惑をかけたくない、気を使わせたくないという気持ちで会社を辞めてしまう方も一部、確認できています。

5.親や夫からの心配される

最後に、夫や自分の両親、夫の両親から心配、小言が心苦しいという意見があります。

自分としては、まだまだ頑張れるにも関わらず家族から指摘を受ける方もいます。

「自分の体のことは自分が一番わかっているから大丈夫!」と突き返したい気持ちも山々ですが、出産に期待して(言い方はどうあれ)心配の気持ちで声をかけてくれる家族の意見を無下にすることはできません。

このように、会社で働き続けたいと考えてた人でも、やむを得ず仕事を辞めるケースもあります。

妊娠で会社を辞めたいのに辞められない3つの理由

バナー画像「妊娠で仕事辞めたいのに辞められない理由」

1.休んでいられるほどお金がない

仕事をすることが本当に辛いのに、仕事を辞めない方の一番の不安要素は生活費です。

たしかに妊娠早々に会社を辞めてしまうと、もらえるお金は減ってしまいます。一度受け取れるお金を整理してみましょう。

退職 継続
給与
出産手当金
出産育児一時金
育児休業給付金
児童手当
退職金
失業給付金

退職すると、もちろん給与は出なくなります。

出産手当金とは健康保険から受け取れるお金で、産休を利用されている方に対して、給料の2/3が支払われます。産休に入ってから退職であれば受け取れますが、先に会社を辞めてしまっていた場合は受け取れません。

出産育児一時金も健康保険から受け取れるお金です。こちらはどなたにも出産時に原則42万円が支給されます。

育児休業給付金は、雇用保険から受け取れるお金です。育児休暇を利用されている方に給料の67%の金額が支払われます。出産手当金と同じく、休暇ではなく退職してしまっている場合は受け取れません。

退職金は会社独自の制度ですので一概には言えませんが、就業規則で決められた基準を満たしているのであれば受け取れます。

児童手当は子ども1人つき月額1万円〜1万5千円が支給されるお金です。職の有無に関係なく受け取れます。

失業給付金は退社後「すぐに働き始めることができる人」に対して支給されるお金であり、残念ながら妊婦さんは対象にはなれません。

つまり、早々に会社を辞める場合、手持ちの貯金と退職金、出産育児一時金、児童手当だけで生活をしなくてはいけません。

生活費や赤ちゃんのために揃えなくてはいけないもののことを考えると、たしかに物足りなく感じます。

まずはパートナーと一緒にお金について相談をすることをおすすめします。後述で詳しくお伝えしますが、会社に居続ける図々しさも、ときには必要です。

2.再就職できるか不安

一度会社を辞め、子供が保育所に入れるようになったあとに再就職できるのか不安で仕事が辞められないという方は多数います。

再就職に関しては、心配する必要はまったくありません。

現在、中途採用を受けていれれいる企業が非常に多いからです。さらに、転職エージェントという再就職先の紹介から、内定獲得までをフルサポートしてくれるサービスも多数あります。

転職の敷居は非常に低くなっているので、仕事が見つからないという状態にはまずならないでしょう。

妊娠による退職は極めて妥当性の高い理由なのでマイナスになることもありません。

3.妊娠に理解のない上司からの引き止め

社会全体が、妊婦さんをサポートすることに積極的になっていますが、まだまだ理解のない人は多いです。

退職を望むも、職場の上司から「◯月までは入れくれないと困る」などと引き止めにあう人もいるでしょう。

退職届の受け取りを距離されてしまったり、一向に話を聞いてもらえないことだってあります。

このようなトラブルに遭っている人は退職代行サービスを利用すべきです。妊婦さんをに変わって退職の連絡をしてくれるサービスで、成功率100%で即日退職できる業者もあります。

体調が優れないのに、会社の都合で退職できない方はぜひチェックしてみてください。

 

関連リンク退職代行サービスおすすめランキング!人気業者36社を徹底比較【いますぐ辞めたい方必見!】

妊娠で仕事を辞めたいと感じたときの最適な対処方法

バナー画像「妊娠中仕事が本当に辛いと感じたときに対処法」

主治医に相談してみることが一番大切

ここまで、退職に伴う不安要素を解決してきましたが、自分だけの判断をするのではなく、主治医に仕事の内容を話して、仕事を続けても大丈夫か聞いてみることをおすすめします。

もし続けられるようであれば、指導のもと無理のない範囲で仕事をしましょう。

主治医が仕事時間の短縮が必要と判断した場合は、「母性健康管理指導事項連絡カード」という会社に対する指導を記載したカードを発行してくれます。提出された企業は必ず、記載内容に応じなくてはいけません。

自分から業務を減らしてくれとお願いできない方でも、医療機関から発行された診断書があれば、会社にもお願いしやすいでしょう。

仕事を続ける図々しさも必要

辞めてしまうと生活が苦しい、だからといって働くにたえない体調に日もある。そうであれば出社できない日は休んでしまえばいいだけの話です。途中で具合が悪くなったら早退すればいいのです。

「そんなことができるの?」と思う方もいると思いますが、できます。

無断欠勤を繰り返す場合は、会社も然るべき対応を取るでしょうが、体調不良という連絡をその都度行っていれば問題ありません。

その他、仕事量の調整を依頼することだってできます。

産休までの期間、休み休みでも会社に席をおいておくことが大切です。

自分の健康を維持しつつ、生活費を獲得するためには、多少の図々しさも必要です!

本当に辛いと感じたら無理をせず辞めることが大切

自分と赤ちゃんの健康面と受け取れる金額を天秤にかけることはしないでください。

なにより健康が優先です。

苦しい思いをしてまで会社に居続ける必要はありません。早退や欠勤を繰り返しながらの出社ですら困難と感じたのであれば、無理せず辞めることを選択してください。

当サイトのイチオシの退職代行サービス厳選3社!
退職代行SARABA

SARABAの注目ポイント

  • 労働組合が運営をしている非弁リスクゼロの退職代行
  • 有給消化98%!未払い給料や残業代の請求や交渉も可能
  • 24時間365日対応可能、深夜でも即レス!
退職代行会社SARABA(サラバ)は退職代行業者の中で唯一、労働組合が運営をしているサービスです。労働組合には団体交渉権があるため、未払い給料や残業代の請求や交渉も可能も可能です。
辞めるんです

辞めるんですの注目ポイント

  • お客様満足度1位!何度でも無料相談できる
  • 成功率100%!「もしも」の時も全額返金!
  • 24時間365日、深夜でもスピード対応!
  • 顧問弁護士の指導を受けているので安心!
「辞めるんです」はお客様満足度で業界1位を獲得している退職代行サービスです。値段は良心的な価格にも関わらず、24時間365日スピード対応で退職成功率は100%!また、顧問弁護士による指導を受けているので、訴訟リスクなどの心配もありません!
退職代行jobs
退職代行Jobs(ジョブズ)のアイキャッチ画像

jobsの注目ポイント

  • 24時間365日対応
  • 西前啓子弁護士監修
  • 退職届、履歴書のテンプレプレゼント
退職代行jobsはセラピストとしても有名な「西前啓子」弁護士から監修を受けている信頼性の高い退職代行業者です。24時間申込みを受付けており、朝6時から実際の対応もしてもらえます。
また、退職代行jobsでは「退職届」や「業務引継書」、「履歴書」や「職務経歴書」のテンプレートをプレゼントしています。本来面倒な作業ですが、依頼者はお手本通りに記載するだけで、退職や転職を進めることができます。
おすすめの記事