▼当サイトおすすめの退職代行サービスはこちら!迷ったら「退職代行SARABA」で無料相談!
ランキング1位のアイコン退職代行サラバ(SARABA)
【2.8万円ぽっきり!24h対応で即日退職】
一般業者では不可能な「交渉」にも対応!トラブル・失敗の心配はなし
ランキング2位のアイコン辞めるんです
【利用料金3万円!実質無料で利用可能】
転職成功で退職代行費用30,000円、全額キャッシュバック!
ランキング3位のアイコン退職代行jobs
【29,800円!有名弁護士監修の安心サービス】
弁護士指導なので安心安全!丁寧な対応で円満退職を提供中

また、当サイトの「退職代行サービスおすすめランキング!【人気業者39社を徹底比較】」の記事はこちらから!
  • 数日で仕事が合わないと痛感した
  • 人間関係にうんざりした
  • 上司からハラスメント行為を受けた
  • 事前に聞いていた内容と全く違うものだった
  • 急に家庭の事情で勤務できなくなった

入社から間もない、試用期間であったとしても、やむを得ない理由から退職を考える方は多いです。

そこで本記事では「こんな短い期間で辞めて良いのか」、「試用期間中であれば簡単に辞めることができるのか」という疑問にお答えをしています。

試用期間中の即日退職は可能か?

バナー画像「試用期間中に即日退職できるのかどうか」

試用期間について

現在多くの会社が本採用前に試用期間を設けています。

この「試用期間」という制度は、会社側が自社の社員としての適性を見極めるために作っている制度です。3ヶ月〜6ヶ月が一般的と言われており、短い場合は1ヶ月、長い場合は1年間社員は試用期間として働くことになります。

試用期間中は、本採用者期間よりも「低い賃金で雇えること」、「ほんの少し、解雇するための条件が緩いこと」が会社にとってのメリットとなります。

ちなみに、労働者にとってのメリットはありません。しいて言えば気持ち的に「早く仕事を覚えて認めて認めてもらおう」とモチベーションに繋がることくらいでしょうか。

あくまで試用期間とは「会社側のための制度」なので、被雇用者が辞めるときに有利な条件になる事はありません。

試用期間中の退職の条件は正社員と変わらない

前述しましたが、お試し期間だからといって仕事を辞めやすいわけではありません。

試用期間中も、通常の雇用条件と同じルールが適応されることになります。この通常雇用のルールでは、「退職の申し出は2週間前」と決まっています。

そのため、試用期間中に即日退職は原則できません。

反対に、2週間の予告期間さえあれば試用期間であろうと、退職は自由です。

試用期間中に即日退職できるケース・事例を紹介

バナー画像「試用期間中に即日退職できる6つの特殊ケース」

会社と労働者の合意がある

試用期間中の労働者が、即日退職できるケースの中で最もベターなパターンは会社側と労働者の間で合意がなされているケースです。

合意さえあれば法律に関係なく、好きなタイミングに退職日を設定することができます。

試用期間は、教育係と新人両者の人件費がかかる期間です。会社としては「できれば残ってほしい、絶対に辞めるのであればなるべく早く辞めてほしい」と考えるのが普通です。

法律上即日退職はできませんが、実際は「試用期間中の即日退職はしやすい」傾向があります。

ハラスメント被害を受けている、労働問題が発生している

会社の人間からハラスメント被害を受けている方は、労働基準監督署に相談をして、刑事責任を追求した上で即日退職するも可能です。

労働基準監督署で認めてもらうためには、「ハラスメント行為の音声データ」や「勤怠管理のデータ」があると有利になります。

また、労働基準監督署でなくとも、社内の相談部署や人事部の担当者に連絡することで即日退職できるケースもあります。

14日(2週間)以内であれば会社側は自由に解雇できる

会社は、試用期間から14日間以内の社員に対して解雇予告をすることなく即日解雇することができ、労働者として実質、即日退職できます。

あくまで会社の権利であり、労働者は入社14日以内であろうと即日退職することはできません。

狙ってできるものではないので、こういったケースもある程度に知っておいてください。

試用期間中の解雇であれ、職歴として記載しなくてはいけないので、わざと勤務態度を悪くしてクビにしてもらうなんてことは考えないでください。

有給を所有している

入社から6ヶ月以上勤務している方には、有給休暇が発生します。

3ヶ月から6ヶ月が平均期間なので、所持している方は少ないと思いますが、もし有給を持っていれば2週間後に退職日を設定して、それまでの期間を有給消化で過ごすこともできます。

試用期間中のバックレる

正規の手順では即日退職できないからと言ってバックレは絶対にやってはいけません。

退職期間中と言えど契約に基づいた雇用です。損害賠償請求を受ける可能性や懲戒解雇となる可能性は低いですが、ゼロではありません。法的なトラブルに発展してしまうかもしれません。

また、何度も会社から連絡が来て無視と続けていると、心配をした上司が緊急連絡先(両親)に連絡したり、警察に通報する可能性もあります。

大事になってもおかしくない行為なので、絶対に避けるようにしましょう。

「退職代行サービス」を使って即日退職する

「退職代行サービス」という依頼者に代わって、退職の連絡をしてくれるサービスがあります。

退職代行サービスを使えば、「14日後に退職日を設定しそれまで欠勤、病欠として過ごす」と伝えてくれるので、高い確率で試用期間中の方も即日退職できます。

自分からはなかなか言い出しづらいことなので、代わりに伝えてくれることは非常にありがたいです。

とくに退職代行業者の中でも「SARABA(サラバ)」は、唯一「労働組合」の形態をとっているため、他社では不可能な会社との交渉行為までしてくれます。欠勤や病欠として過ごさずとも、即日退職の合意を取ってきてくれる可能性も高いです。

サラバの口コミ評判の画像
総合評価 97点/100点
利用料金 28,000
実績件数 非公開
即日退職 あり (24時間365日)
転職支援 あり
確認事項 有給休暇/未払金/退職金
無料特典 退職届テンプレート/請求や交渉の対応
当サイトのイチオシの退職代行サービス厳選3社!
退職代行SARABA

SARABAの注目ポイント

  • 労働組合が運営をしている非弁リスクゼロの退職代行
  • 有給消化98%!未払い給料や残業代の請求や交渉も可能
  • 24時間365日対応可能、深夜でも即レス!
退職代行会社SARABA(サラバ)は退職代行業者の中で唯一、労働組合が運営をしているサービスです。労働組合には団体交渉権があるため、未払い給料や残業代の請求や交渉も可能も可能です。
辞めるんです

辞めるんですの注目ポイント

  • お客様満足度1位!何度でも無料相談できる
  • 成功率100%!「もしも」の時も全額返金!
  • 24時間365日、深夜でもスピード対応!
  • 顧問弁護士の指導を受けているので安心!
「辞めるんです」はお客様満足度で業界1位を獲得している退職代行サービスです。値段は良心的な価格にも関わらず、24時間365日スピード対応で退職成功率は100%!また、顧問弁護士による指導を受けているので、訴訟リスクなどの心配もありません!
退職代行jobs
退職代行Jobs(ジョブズ)のアイキャッチ画像

jobsの注目ポイント

  • 24時間365日対応
  • 西前啓子弁護士監修
  • 退職届、履歴書のテンプレプレゼント
退職代行jobsはセラピストとしても有名な「西前啓子」弁護士から監修を受けている信頼性の高い退職代行業者です。24時間申込みを受付けており、朝6時から実際の対応もしてもらえます。
また、退職代行jobsでは「退職届」や「業務引継書」、「履歴書」や「職務経歴書」のテンプレートをプレゼントしています。本来面倒な作業ですが、依頼者はお手本通りに記載するだけで、退職や転職を進めることができます。
おすすめの記事