▼当サイトおすすめの退職代行サービスはこちら!迷ったら「退職代行SARABA」で無料相談!
ランキング1位のアイコン退職代行サラバ(SARABA)
【2.8万円ぽっきり!24h対応で即日退職】
一般業者では不可能な「交渉」にも対応!トラブル・失敗の心配はなし
ランキング2位のアイコン辞めるんです
【利用料金3万円!実質無料で利用可能】
転職成功で退職代行費用30,000円、全額キャッシュバック!
ランキング3位のアイコン退職代行jobs
【29,800円!有名弁護士監修の安心サービス】
弁護士指導なので安心安全!丁寧な対応で円満退職を提供中

また、当サイトの「退職代行サービスおすすめランキング!【人気業者39社を徹底比較】」の記事はこちらから!

入社4年目が会社を辞める理由は4つ

バナー画像「入社4年目の社員が感じる仕事を辞めたい理由」

4年間勤めた会社を辞めることは勇気がいりますが、実は新卒で入った会社を辞める人の多くが入社4年目に退職しています。

これは「新卒で入社した会社で3年間は働き続ける」という慣習が理由になってると考えられています。実際に転職の面接でも3年働いた方であればマイナス評価を受けることは一般的にはありません。

そのため、転職に不利にならないように入社した会社で3年間を過ごし、4年目に差し掛かったタイミングで転職を検討する方はとても多くなっています。

入社4年目の社員が退職を考える理由は以下の通りです。

  • 今の会社ではできない新たなことに挑戦したい
  • 人間関係がうまくいかない
  • 仕事の責任や上司からのプレッシャー
  • 単調な仕事に飽きてしまった

新たなことに挑戦したい

4年目に入り、自分がやりたいことがしっかりと把握できたので、実現するために転職を考えました。
今の会社でどんどん上に上がっていきたいと考えていたのですが、役職のイスがありませんでした。若い人材でも実力次第で上に上がれる会社への転職を考えました。

入社から間もない社員に比べ、4年目の社員は自分自身を見直し、よく考えた結果、現在の仕事とは違う分野に挑戦してみたいという気持ちから仕事を辞める方は多かったです。

どちらかと言うと、ポジティブな理由になるこういった声は半分くらいを全体の半分ほどを占めていました。

そのほか、会社を動かしていきたいという思いがあるのに役職の数が限られているなど、背景は様々ですが、どの方も「今の会社ではやりたいことの実現ができない」という理由を元に転職を決意しています。

人間関係がうまくいかない

管理職に就きました。当時の一番の悩みは上司からも部下からも意見が多く、コミュニケーションに困っていたことです。もともと器用なタイプではないので、両者に満足な回答を提示することができず評価もガタ落ちでした。人員不足さえ解決すればオールクリアだったのですが、そう簡単に動いてくれるはずもなく、このままではいけないと感じ退職しました。

4年目となると部下を持つ方も多く、部下のマネジメントに悩む方も多数いらっしゃいます。

管理職はマネジメントに興味がある方であれば、やりがいを見いだせる仕事ですが、まだまだ現場で頑張りたいという方にとっては難しい立ち位置です。

また、部署異動など組織再編成などをきっかけに、新たな職場での関係作りに苦戦される方も多くいます。

責任の重い仕事を任せられるプレッシャー

4年目にチームのリーダーに就任しました。役職がなかった時代に比べ、仕事の責任や上司あからのプレッシャーを感じるようになりました。業務量も一気に倍近く増えました。目先の利益を重視する幹部との意見も合わず、ストレスを感じる毎日を送っていた結果体調を崩してしまいました。3年間はまるまる働いたという自信もあり、退職に迷いはなかったです。

4年で会社での立場が中堅となり、責任感の強い仕事を任されるようになると、上司や会社からのプレッシャーを強く感じる瞬間も多くなります。

今までの仕事で成果を出してきた人ほど、別の仕事でも「できる」という期待を持たれてしまいます。

もちろん期待されることは良いことですが、性格によってはマイナスに働いてしまいます。場合によっては仕事に行くことが苦痛に感じてしまうでしょう。

単調な仕事に飽きを感じている

入社4年にもなると仕事にも慣れてしまい、毎日を繰り返しのように感じてしまいました。運送のお仕事は40歳、50歳まで配達員をすることもあります。このまま仕事を続けていくべきか悩みましたが、動くなら今しかないと思い退職を決意しました。

とくに販売員や事務、サービス業などに多く見られる意見として仕事の慣れからくる「単調な仕事に飽きを感じている」という理由が多いです。

四年目となると、ルーティンワークが増えだいたいの仕事ができるようになり、学ぶことは少なくなってきます。

すると、毎日が同じことの繰り返しで流れ作業のようになり、飽きてしまいます。人によっては1つの仕事を極めて、慣れた仕事を繰り返すことを得意とする方もいますが、変化を求める方にとっては仕事を辞める大きな理由となるでしょう。

実際に入社4年目で退職した方の声

バナー画像「入社4年目で実際に仕事を辞めた方の声」

実際に入社4年目に退職をした方の意見を集めまとめています。

勤務年数が長く仕事への不満と、会社に求める条件が明確になっているせいか、転職をして後悔している方は見つかりませんでした。

 

入社4年目で会社を辞めるべきか?

バナー画像「入社4年目で仕事を辞めるかどうかの判断ポイント」

 

入社4年目で退職をするか迷ったときは、以下の2つのポイントを確認してみてください。

  • 仕事に感じる不満は解決できることではないか?
  • 働き続けるメリットが考えると、不満は我慢できないか?

まず最初に確認すべきポイントは、仕事の不満が会社の問題なのか、自分の問題なのかという点です。

取り組み方や要領など完全に自分の問題である場合は転職することが解決策にはなりません。仕事に慣れていないだけで、将来的に楽になるのであれば焦って辞めてしまう必要はありません。

次に、会社のメリットをよく把握することも大切です。

以下の例を参考に自分の会社の良い点をまず見つめ直して見ましょう。

見直すべきポイント

  • 給料
  • 退職金、ボーナス
  • 休日数
  • 勤務時間
  • 仕事の難易度、責任感
  • 休暇や手当など福利厚生
  • スキルアップ、やりがい
  • 社会的な信用

「多少の残業があり休日もやや少ないが、給料が高く家賃手当など福利厚生が充実している」などマイナス面だけでなく、他の会社に比べて良いと感じることを洗い出してみましょう。

入社4年目が後悔することなく転職するためのコツ

バナー画像「入社4年目が後悔なく転職するためのコツ」

退職理由が明確になっているかを見直す

退職理由が抽象的なまま転職をしても、同じことの繰り返しになってしまう可能性が高いです。

4年間勤めた会社を辞める際は、転職で有利に立ち回れますが、再就職先の会社をすぐに辞める場合はそうはいきません。

自分は仕事に何を一番求めているのかを考え、次の会社に求める条件が明確になった段階で転職活動を進めるようにしてください。

また、求める条件が多ければ多いほど、もちろん該当する企業は少なくなります。失敗しないためには条件に優先度を付け、これだけは譲れない条件を決めると良いでしょう。

本当に自分の意思で会社を辞めるのか再確認する

冒頭でもお伝えしましたが、4年目は退職者数がジワジワと増えてくる年です。

皆が辞めているからという理由での退職はおすすめできません。同僚が言っている不満になんとなく、納得している程度ではまだ転職活動を進めるべきではありません。

焦りは失敗のもとです。

きちんと自分の言葉で退職理由を言うことができ、自分ならではの条件が定まってから活動を開始してください。

理想的な転職先の会社が探せているか

企業に求める条件が明確になっていたとしても、きちんと条件通りの会社を探せなければ意味がありません。

企業の求人ページはどれも魅力的に感じられるように工夫が凝らされています。

企業の本当の意見を知りたい方は「社員による口コミ投稿サイト」や「転職エージェント」を利用することをおすすめします。

会社を辞めるのは、納得できる転職先が見つかってからでも遅くはありません。自力で探して、転職先が見つからないからといって妥協はしてはいけません。

選考や面接の対策は転職エージェントに相談する

転職エージェントとは、簡単にいえば「転職のサポーター」です。転職活動に関わる様々なことをトータルでサポートしてくれます。

  • キャリアカウンセリング
  • 1人1人に合った求人を紹介
  • 志望動機や職務経歴書などの添削
  • 面接対策
  • 年収の交渉
  • アフターフォロー

せっかく条件の良い企業を見つけたとしても、選考で落ちてしまっては元も子もありません。

書類の添削や面接の練習までしてくれる転職エージェントを使うことで、成功率が上げることができます。

会社の人事担当者とやり取りをしており、どのような人物であればウケがいいかを熟知している転職エージェントのスタッフの意見は非常に参考になります。

入社4年目が円満に仕事を辞める手順

バナー画像「入社4年目が円満退職するための方法」

適切な手順で退職する

新卒で入社した企業を4年目で辞める方にとって退職の手続きは初めての経験です。

4年目だからといって、特別な作業が必要になることはないので、退職する際の一般的な手順が頭に入っていれば問題ありません。

退職をする際の手順

  1. 直接上司に退職の旨を伝え、承認を得る(退職希望日は最低でも2週間先
  2. 社内規則で決められた退職の手続きを行う
  3. 希望の退職日時までに、引き継ぎが終わるように段取りを組む
  4. お世話になった先方の方、社内の方に挨拶まわりをする
  5. 私物の片付けをする
  6. 退職届を提出、保険証や備品などの返却を行う
  7. 退職する
  8. 退職に関する書類(離職票、年金手帳、源泉徴収票)を会社から預かる

4年目ということを考慮すると、1番の「直接上司に退職の旨を伝え、承認を得る」の段階で、引き止めを受ける可能性が高いです。

以下で引き止めの対処法をまとめています。

引き止めにも最適な対応をする

会社としても、入社4年目で育成が済んでいる中堅社員をみすみす手放したくありません。過度な引き止め受けたり、退職時期の延長を懇願される可能性もあります。

引き止めに屈しないためのポイントは以下の3つです。

  • 相談を求めるのではなく、毅然とした態度で退職の報告をする
  • 民法上、2週間で退職できることを頭に入れておく
  • 引き継ぎの予定を伝え、会社に支障が出ないことを説明する

 

4年間お世話になった会社であれば、会社に優位な条件を受け入れたくなる気持ちもわかりますが、円満に退職するためには多少の図々しさも必要です。自分が満足できるかどうかを第一優先にしてください。

「常識的にありえない退職日を提案された」、「理不尽な理由で退職を断られた」などのトラブルに陥った場合は、退職代行というサービスが便利です。

退職代行とは、退職の連絡を全て代わりに行ってくれるサービスのことです。退職代行に依頼すると、依頼者は会社に出勤することなく即日退職することができます。

引き止めやパワハラに悩む方は国内の退職代行業者を比較した「退職代行サービスおすすめランキング!人気業者36社を徹底比較【いますぐ辞めたい方必見!】」を参考にしてください。

当サイトのイチオシの退職代行サービス厳選3社!
退職代行SARABA

SARABAの注目ポイント

  • 労働組合が運営をしている非弁リスクゼロの退職代行
  • 有給消化98%!未払い給料や残業代の請求や交渉も可能
  • 24時間365日対応可能、深夜でも即レス!
退職代行会社SARABA(サラバ)は退職代行業者の中で唯一、労働組合が運営をしているサービスです。労働組合には団体交渉権があるため、未払い給料や残業代の請求や交渉も可能も可能です。
辞めるんです

辞めるんですの注目ポイント

  • お客様満足度1位!何度でも無料相談できる
  • 成功率100%!「もしも」の時も全額返金!
  • 24時間365日、深夜でもスピード対応!
  • 顧問弁護士の指導を受けているので安心!
「辞めるんです」はお客様満足度で業界1位を獲得している退職代行サービスです。値段は良心的な価格にも関わらず、24時間365日スピード対応で退職成功率は100%!また、顧問弁護士による指導を受けているので、訴訟リスクなどの心配もありません!
退職代行jobs
退職代行Jobs(ジョブズ)のアイキャッチ画像

jobsの注目ポイント

  • 24時間365日対応
  • 西前啓子弁護士監修
  • 退職届、履歴書のテンプレプレゼント
退職代行jobsはセラピストとしても有名な「西前啓子」弁護士から監修を受けている信頼性の高い退職代行業者です。24時間申込みを受付けており、朝6時から実際の対応もしてもらえます。
また、退職代行jobsでは「退職届」や「業務引継書」、「履歴書」や「職務経歴書」のテンプレートをプレゼントしています。本来面倒な作業ですが、依頼者はお手本通りに記載するだけで、退職や転職を進めることができます。
おすすめの記事