▼当サイトおすすめの退職代行サービスはこちら!迷ったら「退職代行SARABA」で無料相談!
ランキング1位のアイコン退職代行サラバ(SARABA)
【2.8万円ぽっきり!24h対応で即日退職】
一般業者では不可能な「交渉」にも対応!トラブル・失敗の心配はなし
ランキング2位のアイコン辞めるんです
【利用料金3万円!実質無料で利用可能】
転職成功で退職代行費用30,000円、全額キャッシュバック!
ランキング3位のアイコン退職代行jobs
【29,800円!有名弁護士監修の安心サービス】
弁護士指導なので安心安全!丁寧な対応で円満退職を提供中

また、当サイトの「退職代行サービスおすすめランキング!【人気業者39社を徹底比較】」の記事はこちらから!

介護業界はよくブラックすぎるという評判を聞きますが、実際に退職者も多く、辞めたいという方が後を絶たない状態が長年ずっと続いてます。

そこで本記事では「介護施設にブラック企業が多い理由」から「ブラックと言われる実態」などを徹底解説しています。

また、別の施設への転職を考えている方に向けて、ブラック企業を見極める方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

介護施設にブラック企業が多い9つの理由

バナー画像「介護業界がブラックと言われる理由」

「介護施設がブラックである」と言われる大きな理由は以下の通りです。

  • 人手不足が深刻化している
  • 責任の重たい業務が多い
  • 同じ部署に同じ人が多くとどまっている
  • コミュニケーションが不足しやすい

1.人手不足が深刻である

少子高齢化が進み、入居者数の増加に伴って、介護業界の人手不足が深刻化しています。

施設によっては、スタッフ1人1人の業務量が増えてしまい、1人で大勢の担当をしなくてはいけない状態となり、長時間労働や過労が発生してしまいます。

1人が受け持つ人数を3人以下と定めているケースもありますが、人員の状況によっては3人以上の対応をしなくてはいけなくなることもあるでしょう。

2.責任が重い業務が多い

介護士は、高齢者をはじめとする病気や障害を抱える方々の着替えや食事、排泄などの身のまわりの介助を行います。 利用者とその家族に対する理解と、命を預かる責任感が求められます。

ホワイト企業の場合、やりがいにも繋がるポイントですが、人員不足と重なってしまうと大きなストレスとなります。

常に緊張感があり気を張っていなければいけないため、精神的な疲労が非常に大きいです。

3.夜勤が多い

介護施設のシフトはだいたい「早番(6-14)」「中番(10-18)」「遅番(12-20)」「夜勤(20-8)」の4つの別れています。

通常であれば、労働者の意思を尊重しつつ、変わる変わる担当することが多いのですが、ブラック企業の場合は夜勤が連続することがあります。

とくに権限がない若い人や、新人は連続で夜勤をすることになり、体調を崩してしまうこともあります。

4.人間関係のトラブル、派閥が生まれやすい

介護施設の場合、施設内での異動はほとんどありません。同じ人が同じ場所に留まり続けるため、派閥が生まれやすくなっています。

自分の立ち位置をしっかりと定めないと仲間はずれや、嫌がらせの対象をなってしまうこともあるでしょう。

業務面ではホワイトな施設であったとしても、職場環境が悪いことも大きな問題の1つです。

5.ギスギスとして雰囲気であることが多い

介護施設は、人員不足で仕事量が多いことから、スタッフ同士の会話がなくなりがちです。コミュニケーションが不足すると、ギスギスとして雰囲気になってしまいます。

また、1人1人の業務がいっぱいいっぱいですので、些細なミスや病欠など負担を増やすスタッフに対してイライラしてしまうスタッフもいるでしょう。

チームとして許し合える環境ではなくなってしまうと、とても働きやすいとは言えません。

6.パワハラが発生しやすい

介護施設を運営している会社は、施設のことは現場責任者に任せきりにすることが多いです。そのため、お局さんに権力が集中し絶対的な存在となってしまうことがあります。

パワハラなど、あってはならないことが起きた際も誰も責任者に注意することができないのです。

7.危険な業務、汚い業務もしなくてはいけない

介護者の中には暴言を言う人もいれば、介護士を引っ掻いたり、叩いたりする人もいます。

もちろん介護士は我慢をするしかありませんし、対応が悪いと家族からクレームを受ける可能性もあります。

本来であれば、難しい患者さんはベテランスタッフが対応をするところですが、人員不足のブラック企業はそうは言っていられません。

8.休みが取りにくい

要介護者に生活空間を提供する介護施設にもちろん土日や祝日はありません。それはどの介護施設も同じなのですが、人員不足の施設であればあるほど、休みは取りにくくなります。

上記で解説した「長時間労働」のほか、「連勤数」も介護業界がブラックと言われる大きな要因となっっています。

9.年収が低い

給料の条件は施設や役職、保有資格によって変わってきますが、他の業種と比べるとかなり低い傾向にあります。

CLABELというサイトが掲載している「職種別年収ランキング【2019年最新版】」では、介護員の平均給料は329万円で、129種類中108位となっています。

介護施設の新入社員の声を聞くと、手取りが13万円弱という意見もあります。

10.過酷な肉体労働による腰痛

介護の仕事は患者さんを抱っこして車椅子からベッドに移したり、重たい介護用具を運んだりと過酷な肉体労働が強いられます。患者さんのことを考え無理な姿勢を取り続けなくてはいけないこともあります。

中央労働災害防止協会の調査によると約6割が介護士の腰痛を持っていると報告されています。

「ヘルニア」や「ギックリ腰」になってしまう方もおり、仕事を続けられないほどの痛みを感じる方もいます。

現役介護士が語るブラック介護施設の実態

バナー画像「ブラック介護施設の実態」

辞めたいと感じる理由は人によって様々ですが、SNS上では「給料の低さ」、「いじめ」、「体調不調」、「介護者の態度」に関する意見が多く見つかりました。

少し調査しただけで、多くの「不満ツイート」が見つかり、介護職がいかにブラックであるかがわかります。

ブラックな介護施設はすぐに分かる!15のチェックポイント

バナー画像「ブラック介護施設の見分け方」

ブラック介護施設からの転職をお考えの方が、ブラック企業が避けて転職活動できるようにブラック介護施設の特徴をまとめています。

まずは、求人情報からわかるブラック企業の特徴の一覧がこちらです。

ブラック介護施設の特徴【求人情報】

3年以内の離職率
平均勤続年数
有給消化率が50%以下
週残業時間40時間以上
年収280万円以下
昇給、賞与、退職金なし
相場よりもやけに給料が高い
常に募集をかけている
給与表記が「みなし残業」や「年俸制」
手当や休日などに関しても、情報が不足している
抽象的な表現が多い

自分で調べることが難しい場合は、問い合わせのメールを送ったり、実際に面接で会った際に聞いてみると良いでしょう。1つでも当てはまることがあれば、少し怪しいなと疑った方がいいです。

ブラック介護施設の特徴【面接/見学】

スタッフが無気力感、疲労感が感じ取れる
要介護者に対する態度、言葉使いが悪い
面接官が高圧的な態度を取っている
即日内定を出す、すぐの勤務開始を求められる

また、求人情報を見る限り魅力的に見えたとしても面接や見学で、違和感を感じることもあります。

とくに面接官は、現場責任者であることが多いので、言動や態度にはよく注目しましょう。

ブラック介護施設からの転職成功体験談

バナー画像「ブラック介護施設からホワイト施設に転職した人の声」

ここまで介護施設のブラックさを解説してきましたが、1つ勘違いしないでいただきたい点は、決して介護施設が全てブラックであるわけではないということです。

実際にブラック介護施設からホワイトな施設へと転職に成功している人も多くいます。

ホワイトな介護施設であれば、人手不足に苦しむことがありません。

職場全体に余裕があり、雰囲気が良くスタッフ同士の交流もある。また、人員に余裕があるため休みも取りやすいです。

スタッフが充実しているというだけで、職場環境がガラッと変わるのです。

自分が勤める施設がブラックであると感じた方は「どこに行っても介護はブラックだ」と諦めるのではなく、ホワイト企業に転職するための行動取ることをおすすめします。

ブラックな介護施設からの転職するためのコツ

バナー画像「ブラック介護施設から転職するためのコツ」

介護業界で役立つ資格を取っておく

ホワイトな企業はどうしても倍率が高くなります。

精神的に、身体的に限界を迎えておりこれ以上出勤することが難しいのであれば、無理をする必要はありませんが、働きながら資格を取っておくと満足のいく転職がしやすくなります。

介護の主な資格

  • 介護職員初任者研修
  • 介護福祉士実務者研修
  • 介護福祉士
  • ケアマネジャー
  • 介護事務

資格によっては施設サービスだけでなく、居宅サービスにも転職できるようになります。

もし余裕があれば、転職の幅を広げるためにも自分の市場価値を高めることを意識してみてください。

施設の内情に詳しい転職エージェントに頼る

最近では、自分で登録をして自分で求人を検索する「転職サイト」だけでなく、スタッフが求人の紹介から面接の対策、必要書類作成のアドバイスまでを一貫してサポートしてくれる「転職エージェント」と呼ばれるサービスがあります。

転職エージェントのスタッフは介護施設を掲載する上で、運営者と打ち合わせをすることもあり、施設の本当の状況をよく知っています。

求人情報からも判断できるポイントは多数ありますが、実際に介護施設の人間とやり取りをしている第三者に話を聞いた方が、手っ取り早く正確な情報を手に入れる事ができます。

ブラックな介護施設からの転職を成功させるためには転職エージェント、とくにとくに介護業界に力を入れている転職エージェントを頼りにすることを心がけてください。

介護業界に強い転職エージェント

  • マイナビ介護職:あ経験者向けのサービス、全国に対応している
  • かいご畑:派遣の求人に強いサービス、無資格向けの求人が多い
  • ベネッセMCM:関東東海関西の求人が多く、資格取得講座の割引も受けられる
  • 介護ぷらす+:正社員雇用の求人を多く取り扱う経験者向けのサービス
  • しろくま介護ナビ:働きやすい施設のみを厳選して紹介しているサービス

どうしても辞められない場合は退職代行業者を使う

ブラック企業から転職をするためには、まず今の施設を辞める必要があります。

本来であれば、退職の自由は労働法によって守られていますが、ブラック企業の場合は開き直っているケースもあります。

また、介護施設の責任者は一般企業の人事部と比べて、労働法に関する知識が少ない傾向があります。

そのためせっかくいい転職先を見つけても今の職場を辞めることができないという事態が起こりやすいです。

過度な引き止めや引き伸ばし、退職届の受け取り拒否などでお困りの方は、依頼者に代わって退職の連絡をしてくれる「退職代行サービス」を使って、スパッと辞めることをおすすめします。有名なサービスであれば退職成功率は100%であることが多いので失敗することもありません。

詳しく知りたい方は、国内の退職代行業者を徹底比較した「退職代行サービスおすすめランキング!人気業者36社を徹底比較【いますぐ辞めたい方必見!】」を参考にしてください。

当サイトのイチオシの退職代行サービス厳選3社!
退職代行SARABA

SARABAの注目ポイント

  • 労働組合が運営をしている非弁リスクゼロの退職代行
  • 有給消化98%!未払い給料や残業代の請求や交渉も可能
  • 24時間365日対応可能、深夜でも即レス!
退職代行会社SARABA(サラバ)は退職代行業者の中で唯一、労働組合が運営をしているサービスです。労働組合には団体交渉権があるため、未払い給料や残業代の請求や交渉も可能も可能です。
辞めるんです

辞めるんですの注目ポイント

  • お客様満足度1位!何度でも無料相談できる
  • 成功率100%!「もしも」の時も全額返金!
  • 24時間365日、深夜でもスピード対応!
  • 顧問弁護士の指導を受けているので安心!
「辞めるんです」はお客様満足度で業界1位を獲得している退職代行サービスです。値段は良心的な価格にも関わらず、24時間365日スピード対応で退職成功率は100%!また、顧問弁護士による指導を受けているので、訴訟リスクなどの心配もありません!
退職代行jobs
退職代行Jobs(ジョブズ)のアイキャッチ画像

jobsの注目ポイント

  • 24時間365日対応
  • 西前啓子弁護士監修
  • 退職届、履歴書のテンプレプレゼント
退職代行jobsはセラピストとしても有名な「西前啓子」弁護士から監修を受けている信頼性の高い退職代行業者です。24時間申込みを受付けており、朝6時から実際の対応もしてもらえます。
また、退職代行jobsでは「退職届」や「業務引継書」、「履歴書」や「職務経歴書」のテンプレートをプレゼントしています。本来面倒な作業ですが、依頼者はお手本通りに記載するだけで、退職や転職を進めることができます。
おすすめの記事