▼当サイトおすすめの退職代行サービスはこちら!迷ったら「退職代行SARABA」で無料相談!
ランキング1位のアイコン退職代行サラバ(SARABA)
【2.8万円ぽっきり!24h対応で即日退職】
一般業者では不可能な「交渉」にも対応!トラブル・失敗の心配はなし
ランキング2位のアイコン辞めるんです
【利用料金3万円!実質無料で利用可能】
転職成功で退職代行費用30,000円、全額キャッシュバック!
ランキング3位のアイコン退職代行jobs
【29,800円!有名弁護士監修の安心サービス】
弁護士指導なので安心安全!丁寧な対応で円満退職を提供中

また、当サイトの「退職代行サービスおすすめランキング!【人気業者39社を徹底比較】」の記事はこちらから!

突然、上司から単身赴任を言い渡された。

引き受けるべきか、断るべきか、そもそも断って良いものなのかお悩みの方のために、本記事では転勤の辞令を受けた際の適切な対応を解説しています。

まずは、単身赴任をキッカケに退職を考える理由を見ていきましょう。

単身赴任をキッカケに退職する9つの理由

バナー画像「単身赴任したくないと感じる理由」

単身赴任をきっかけに退職を考える理由は、主に9つです。

  • 赴任先で関係作り
  • 家族/恋人との別居
  • 赴任先での業務内容
  • 知らない土地での生活
  • 家族の介護問題
  • 二重生活による出費
  • 期間が長すぎる
  • 場所が遠すぎる
  • その他、赴任先の言語、治安、風習など

とくに多い意見が「家族との生活を優先したい」という声です。

単身赴任に関する不安や不満は多く、単身赴任はできることならしたくないという考える方はやはり多いです。

単身赴任をキッカケで退職を考えることはごくごく当たり前なことです。ただし2つ返事で断ってしまうのではなく、単身赴任の内容を確認するようにしてください。

単身赴任にしたくない場合の4つの対処法

バナー画像「単身赴任したくない場合の対処方法」

1.自分の気持ちを考える、家族に相談をする

単身赴任を受け入れるかどうか、決断をする上で重要なことは家族と自分の気持ちを確かめることです。

まずは、赴任先に付いてきてもらうことができないか確認しましょう。

後悔しない選択をするためには、「育児」や「介護」、「収入バランス」などの現実的な問題だけでなく、「家族と一緒に過ごしたい」といったような感情的な視点もしっかりと考えることが重要です。

また、今すぐに一緒に住むことは無理だったとしても、数年後に合流をすることもできます。

妻や夫の仕事の状況、子供の進学に合わせて考えてみると良いでしょう。

2.単身赴任の内容、手当に目を向けてみる

一口に赴任といっても、軽いものから重たいものまで種類は企業によって様々です。

赴任は絶対にしたくないと頭ごなしに否定するのではなく内容を確認してみることをおすすめします。単身赴任で確認をすべきポイントは以下の通りです。

  • 期間
  • 場所
  • 単身赴任手当
  • 家賃補助
  • 帰省手当

会社によっては手当が充実しており、残してくる家族の生活費の心配する必要がないこともあります。

また、期間が短くすぐに返ってこれるケースや、土日に返ってこれる地域の可能性もあります。

3.交渉をして(断って)、今の部署で働き続ける

単身赴任は、決して義務ではないので断ることは可能です。しかしどの企業においても、出世したければ転勤は断ってはならないという風潮はあります。

どんなに、社員の考えを尊重してくれる会社であっても「チャンスもみすみす手ばなしてしまう人だ」という評価は逃れられないでしょう。

なんとか交渉をして、引き受けないようにすることもできますが、今の部署で働き続けることに対して肩身の狭さを感じてしまいます。

今の部署に残って頑張るという選択肢よりも、転職する方が現実的でしょう。

4.単身赴任を断り、転職する

「単身赴任には行きたくない、出世コースから外れるも嫌だ」という人は転職をするしか道はありません。

上述の通り、単身赴任に対してネガティブなイメージを持っている方は多く、転職は決して珍しい選択ではありません。

以下でも紹介しますが、転職の敷居も現在はかなり低くなっているので自分の気持ちに正直に行動をすることをおすすめします。

単身赴任を理由に退職するメリット・デメリット

単身赴任を理由に退職することのメリット・デメリット

単身赴任は引き受けたくないが、どうしても退職する決断ができない方は、退職するメリットとデメリットが考えてみましょう。

退職するメリット
  • 転勤のない会社に絞れば、今後単身赴任のストレスを感じることはない
  • 家族、地元の友人と離れ離れになることはない
  • 育児、介護などに向き合うことができる
  • 単身赴任にかかる費用が発生しない

退職することの最大のメリットは、家族を離れずに過ごせることでしょう。仕事よりも家族との時間を大切にしたいという方には捨てることができないメリットです。

また、赴任する際に必要となる費用の心配がなくなります。

退職するデメリット
  • 今の会社を離れることになる
  • スムーズに転職できる保証がない
  • 転職先で仕事を覚え直す必要、人間関係をゼロから作る必要がある
  • 指名してくれた上司の期待を裏切ることになる

単身赴任によるやむを得ない転職の場合、会社を離れることがデメリットとなります。

「やりたいことが実現できる」、「同僚に恵まれている」、「上司にお世話になっている」、「知人の会社である」など、単身赴任さえなければ、今の会社を辞めたくないと考えている方にとっては、苦渋の選択となります。

また、転職先が見つかるかどうかという点に対して不安を感じる方が多くいます。

退職理由が単身赴任だと、転職で不利なるのか

バナー画像「単身赴任で退職すると転職に不利になるのか」

単身赴任を理由に転職をしたとしても、決して転職で不利になることはありません。

「家庭の事情(育児、介護、生活)により◯◯県に残る必要があったため」という退職理由で退職する方は結構多いです。

転勤が多く、転々と移り住める人材を探している会社を受ける場合不利になりませすが、転勤のない企業であれば何もマイナスはありません。妥当性の高い理由として受け入れてもらえます。

人事担当者からすると、単身赴任をキッカケに転職をする人は「よくあるケース」なので、思い悩む必要はありません。

「現在の年齢」と「過去の転職回数」は重要

単身赴任という退職理由自体にマイナスポイントはありませんが、「現在の年齢」と「今までの転職回数」は影響するでしょう

年齢や転職回数によっては、業種や企業が絞られてしまう可能性があります。

ですが、最近では「転職エージェント」など転職のトータルサポートをしてくれる企業もあり、転職の敷居は低くなっています。依頼者の市場価値(年齢やスキル)に応じて、積極採用している企業を紹介してくれます。

適切なサービスを使えば、条件の合う企業を探すことに多大な時間がかかることはないので、安心してください。

 

以上、単身赴任を命じられた際の対処方法をお伝えしました。

仕事一筋の人であれば、迷わず行くと判断できますが、みんながみんなそうは行きません。辛い思いをしながら引き受けることがだけが選択肢ではありません。お伝えしたことを参考にじっくりと検討してみてください。

もし、退職をする上で引き止め、引き伸ばしなどのトラブルに遭った際は「退職代行サービス」というスムーズに会社を辞める事ができるサービスがあるので、そちらをご利用ください。

気になる方は、全国に退職代行業者を比較した「退職代行サービスおすすめランキング!人気業者36社を徹底比較【いますぐ辞めたい方必見!】」を参考にしてください。

当サイトのイチオシの退職代行サービス厳選3社!
退職代行SARABA

SARABAの注目ポイント

  • 労働組合が運営をしている非弁リスクゼロの退職代行
  • 有給消化98%!未払い給料や残業代の請求や交渉も可能
  • 24時間365日対応可能、深夜でも即レス!
退職代行会社SARABA(サラバ)は退職代行業者の中で唯一、労働組合が運営をしているサービスです。労働組合には団体交渉権があるため、未払い給料や残業代の請求や交渉も可能も可能です。
辞めるんです

辞めるんですの注目ポイント

  • お客様満足度1位!何度でも無料相談できる
  • 成功率100%!「もしも」の時も全額返金!
  • 24時間365日、深夜でもスピード対応!
  • 顧問弁護士の指導を受けているので安心!
「辞めるんです」はお客様満足度で業界1位を獲得している退職代行サービスです。値段は良心的な価格にも関わらず、24時間365日スピード対応で退職成功率は100%!また、顧問弁護士による指導を受けているので、訴訟リスクなどの心配もありません!
退職代行jobs
退職代行Jobs(ジョブズ)のアイキャッチ画像

jobsの注目ポイント

  • 24時間365日対応
  • 西前啓子弁護士監修
  • 退職届、履歴書のテンプレプレゼント
退職代行jobsはセラピストとしても有名な「西前啓子」弁護士から監修を受けている信頼性の高い退職代行業者です。24時間申込みを受付けており、朝6時から実際の対応もしてもらえます。
また、退職代行jobsでは「退職届」や「業務引継書」、「履歴書」や「職務経歴書」のテンプレートをプレゼントしています。本来面倒な作業ですが、依頼者はお手本通りに記載するだけで、退職や転職を進めることができます。
おすすめの記事