▼当サイトおすすめの退職代行サービスはこちら!迷ったら「退職代行SARABA」で無料相談!
ランキング1位のアイコン退職代行サラバ(SARABA)
【2.8万円ぽっきり!24h対応で即日退職】
一般業者では不可能な「交渉」にも対応!トラブル・失敗の心配はなし
ランキング2位のアイコン辞めるんです
【利用料金3万円!実質無料で利用可能】
転職成功で退職代行費用30,000円、全額キャッシュバック!
ランキング3位のアイコン退職代行jobs
【29,800円!有名弁護士監修の安心サービス】
弁護士指導なので安心安全!丁寧な対応で円満退職を提供中

また、当サイトの「退職代行サービスおすすめランキング!【人気業者39社を徹底比較】」の記事はこちらから!

「入社してから、2年目なのに会社を辞めたい」と感じる方もたくさんいます。

どうしても今の会社を離れたい理由があるにも関わらず、「2年目で会社を辞めてしまって大丈夫なのか」という不安からなかなか決断できません。

そこで、本記事では2年目で会社を辞めたいと考えているあなたが最適な判断ができるように、転職の注意点やコツを紹介します。

新卒入社2年目の社員が会社を辞めたくなる理由

バナー画像「新卒入社2年目の社員が仕事を辞めたい理由」

新卒で入社した会社をすぐに辞めてしまうことは少し前までは、ありえないことでした。

しかし、最近のデータでは新卒入社の10人に1人は2年以内に辞めていることがわかっています。それだけ転職が身近な世の中になってきているのです。

では、新卒入社2年目の社員たちはどのような理由で会社を辞めたいと考えるのでしょうか。

新卒入社3年以内離職の理由の画像
画像参照:新卒入社3年以内離職の理由に関する調査

「3年以内のアンケートデータ」ですが、新卒入社の社員の退職理由でとくに多い意見は「企業とのミスマッチ」、「待遇や福利厚生に対する不満」、「キャリア形成が望めない」となっています。

新卒入社3年以内離職の理由の画像
画像参照:新卒入社3年以内離職の理由に関する調査

TOP3以下の退職理由は上記の参考画像の通りです。

これらのデータの他、実体験や編集部独自の調査を踏まえて新卒入社から2年目に、会社を辞める方の理由を12個に分類しています。

  1. 賃金の条件が良くない、上がらない
  2. 休日、休暇が少ない
  3. 職場の人間関係が良くない
  4. ハードワークに耐えきれない
  5. 自分のキャリア成長が望めない
  6. 会社の業績に対する不安
  7. 仕事が自分に合わない、興味が持てない
  8. 能力や資格を活かせない
  9. 雇用形態に対する不満
  10. 仕事が自分に合わない、興味が持てない
  11. 社風が合わない
  12. そのほか、結婚や家庭の事情

新卒入社2年目で辞めるべきか、12の理由ごとに解説

バナー画像「新卒入社2年目の社員が仕事を辞めたい理由別のアドバイス」

上記で紹介した退職理由に対して、共感を覚えた項目もあったのではないでしょうか。

この章では会社を辞めたいと考える理由ごとに、「辞めるべきか」をアドバイスしています。

賃金の条件が良くない、上がらない

2年目になっても昇給はなく、手取り14万円のまま。
1、2年上の先輩たちも同じようなことを言っているし、この会社で頑張る気が起きない

給料が低いことを不満に思いながらも、多少妥協をして入社する方はたくさんいます。1年間様子を見たものの昇給する気配が全くなく会社を辞めることを考え始めています。

少しでも給与面での条件がいい会社が見つかるのであれば、転職をすべきでしょう。

ただし、今のいる会社の昇給制度を確認したり、仲のいい先輩に正直に聞いてみてからでも遅くはないでしょう。

また、上司に相談することも効果的です。具体的な目標と達成した際の昇給を約束してくれることもあります。

休日、休暇の条件が悪い

月の休みがたったの5日…。休日も疲労で寝て過ごしてしまう。

月の休みが他の会社に比べて異様に少ない場合は、転職を考えてみてもいいかもしれません。

ちなみに新卒の平均休日数は月6日です。1日休みの週と2日休みの週が交互にあるケースが多いです。

現在、完全週休2日制の企業も多數あり、転職サイトでも簡単に絞り込み検索ができるようになっています。

ただし、人気や倍率は高いため完全週休2日制の企業に絞った転職活動をしてみて、内定がもらえ次第退職することをおすすめします。

職場の人間関係が良くない

同期の中に仲良しグループがあり、自分だけ輪に入れない。
社内全体に派閥があり、ギスギスしています。

社内に派閥やグループがある場合は、心地よく仕事をすることができません。

自分への影響が少ないのであれば、さほど気にする必要がありませんが、嫌がらせや仲間はずれの対象になっている場合は、転職も検討するべきです。

まずは社内で相談できる人に話を聞いてもらうと良いでしょう。

大きな会社であれば、相談窓口を設けていることもあるので1人で背負う必要はありません。

激務に耐えきれない

仕事量が多く、残業が当たり前。効率化でなんとかなると思い1年間頑張り2年目に突入したが、効率化した分さらに仕事を振られるだけでした。

日本のサラリーマンの平均残業時間は約47時間です。月の残業時間が60時間を超えるようにであれば間違いなく激務と言えるでしょう。

もし今後も残業が減ることがないのであれば、転職活動をしてみるべきでしょう。

数個上の先輩たちの様子を確認することが一番手っ取り早いです。「慣れ」や「効率化」で残業を減らすことができるのであれば、辛いのは今だけかもしれません。

残業時間が平均程度の企業は多數あるので、現状60時間以上の残業をしている方は今の会社よりも良い条件の企業を探すことは容易です。

自分のキャリア成長が望めない

工場勤務なのですが、入社から1年全く同じことの繰り返して過ごしてしまった。得たものが本当になにもない。

同じ仕事の繰り返しで、2年目になって仕事に飽きてしまう方も多くいます。

安定を求める方にとっては嬉しいことですが、明確にやりたいことがある方や変化を求める方にとっては退職理由となりえます。

まずは社内での部署異動を試みてみることをおすすめします。

異動のタイミングがない場合や、定められていない場合も上司に相談して熱意を伝えることで聞き入れてもらえるケースもあります。

要望が通らない場合は、転職活動を開始すると良いでしょう。

会社の業績に対する不安

会社の業績不振が気になっている。できれば倒産しないうちに退職をしたい。

会社の業績が悪化していることを不安に思うのは従業員であれば、当たり前なことです。新卒2年目に限らず、業績不振を理由に退職を決める方は多くいます。

当サイト編集部としては、業績が悪くてもギリギリまで頑張ることが大切だと考えています。

もし、実際に倒産してしまった場合も退職理由は会社都合となり、転職で不利になることはありません。また、即座に失業給付金を受け取ることができるので経済的に困ることもありません。

業績が落ち込んでいるという理由だけで、会社を辞める必要なないでしょう。

仕事が自分に合わない、興味が持てない

やりたいことがあって入ったのに、営業をひたすらやらされている。結果もでなくてモチベーションが保てない。

興味がない仕事をやり続けることは非常に苦痛です。ですが、今すぐに会社を辞めてしまうことは少し危険かもしれません。

まずは、自分がやりがいを見いだせる職業があるのかを整理してみましょう。そして条件にあった会社を探し、選考を受けてみましょう。

 

能力や資格を活かせない

英語のスキルが行けせると思って入ったのに、全く役に立っていない。

明確にやりたいことが描けており、資格まで保有しているのに社内で資格をいかせないとなると、かなりのストレスになります。

なかなか希望の仕事をさせてもらえない場合は、一度退職を考えていることを相談することが良いでしょう。どうしても希望が通らない場合や、時間がかかりすぎる場合は退職も検討すべきです。

自分の能力を100%発揮できない職場に居続けることは非常に、もったいないです。

資格を持っていることもあり転職にも有利に働くでしょう。たとえ入社からあまり年数が経っていない時期だとしても、転職先が見つからないということはありません。

雇用形態に対する不満

1年で正社員になれる方も多いということで、新卒で契約社員になったが実際はほんの一握りしか上がることができていない。

新卒で正社員内定を出ず、契約社員として働き始めた方の中には正社員に慣れない焦りから転職を考えている人がいます。

契約社員で転職を考えている方は、焦って転職を進めることは絶対にしないでください。

契約社員から正社員への転職を目指すことは全く問題ないのですが、再就職先の企業が肌に合わずすぐに辞めてしまうことには問題があります。転職数は増えれば増えるほどマイナスのイメージを持たれてしまいます。

まずは、現在の会社で正社員になるための条件を確認し、条件が厳しい場合や、あやふやで良くわからない場合に転職活動を進めましょう。

その際は、転職の徹底サポートをしてくれる「転職エージェント」を使って自分に本当にあっている企業をじっくりと探すことをおすすめします。

社風が合わない

上司の言うことは絶対!軍隊のような会社だった
チャレンジよりも堅実性が求められる
付き合い(飲み会、接待)が多くプライベートの時間が取れない

社風が合わないだけで転職をすることは一見、もったいないように思えますが、あなたの能力が存分に発揮できないことの方がもったいないです。

これ以上付き合っていられないほど、限界を迎えているのであればすぐに退職をすることをおすすめします。

今後我慢し続けることで精神的に疲れ、病気になってしまう可能性もあります。今は大丈夫だとしても徐々に転職活動を進めていくべきでしょう。

会社の方針とやりたいことが合わない

会社は売上のことしか考えていない。自分が理想とするサービスが提供できていない

価値観や経営方針が大きく出る店舗スタッフや、会社の経営に関心のある社員に多い意見です。

仕事をしていると、「この社長(店長)は何を考えているのだろうか」と考える場面もあります。とにかく人件費をカットするなど、従業員のことを全く考えない会社に対して「このまま所属していていいのだろうか」と疑問に持ってしまいます。

入社2年目という立場を考えると、とても会社の方針を変えられるポジションではありません。どうしても納得ができないのであれば、風通しのいい会社に転職をすることを考えましょう。

現在は、転職エージェントなど自分にあった会社を徹底的にリサーチして、マッチングしてくれるサービスもあるので、よりあなたにあった会社は見つけられるはずです。

そのほか、結婚や家庭の事情

入社2年目と日が浅いですが、親の介護の関係で地元での再就職を決めました。

結婚や、妊娠、介護などを理由に仕事を辞める事を考える方も多くいます。

会社を辞めるほかないような理由に聞こえますが、従業員の意見に寄り添ってくれる会社であれば就業時間や、部署などを変えてあなたが働き続けることができる対応をしてくるケースがあります。

辞めるしかないと考えている方も、一度上司に相談をしてみることをおすすめします。

もちろん、会社だけでなく家族との相談も重要です。

新卒2年目で会社を辞める時の伝え方

バナー画像「新卒入社2年目の社員の会社の辞め方」

理由ごとのアドバイスをもとに転職を決めた新卒入社2年目の社員に、退職の進め方をお伝えします。

伝える相手 直属の上司
伝えるタイミング 事前に空いている時間を聞き出しておく
伝え方 相談ではなく、報告
退職時期 会社の都合を考慮する
やっておくべきこと 引継ぎ

まず伝えるべき相手は自分の直属の上司となります。新卒2年目という観点だと課長であることが多いでしょう。

「自信の進退に関するご報告があるのですが、お話する時間を頂きたいです」と断りをいれてから、提案された時間に報告するようにしましょう。

課長に報告することは勇気がいりますが、先輩や同僚に報告をしてはいけません。また、直属の上司を飛び越えた役職の方や、他の課の上司に報告をすると「直属の上司である自分に話が通っていない」とトラブルになってしまう可能性があります。

辞める意思がハッキリとしているのであれば、伝え方は未確定な表現を避け、言い切りの表現を使いましょう。報告のつもりがなぜか相談になってしまい、引き止められてしまわないようにしましょう。

健康上の問題でこれ以上出社が困難な場合を除き、退職日は会社の都合を極力、配慮して決めましょう。急ぎで辞めなくてはいけない場合や、常識的ではない退職日を提案された場合は、民法の規定に則り2週間後に無理やり退職することができます。

退職の報告を済ませた後は、円満に退職をするために引継ぎの準備をしましょう。

2年目であれば、自分が担当となっている仕事もあるはずです。誰に何を引き継ぐかを上司に報告をした上で取り掛かると「最後まできちんとしたやつだった」と円満に会社を辞めることができます。

入社2年が円満に退職、転職するために必要なポイント

バナー画像「新卒入社2年目の社員の会社を円満に辞めるコツ」

なるべく転職先を見つけてから転職すること

円満に今の会社を辞め、次の転職先に移るためには在職中に再就職先を決めておくことをおすすめします。

大きな理由は2つで、「経済的な問題」と「メンタル面の問題」があるからです。

画像参照:転職にはいくらかかる?必要な費用とスケジュール

内定をもらうまでに必要な期間は、平均すると1ヶ月程度です。転職先で給料が発生するまではさらに1ヶ月後となるでしょう。離職期間が発生してしまうと、収入がない状態が続くことになります。

経済的に苦しい思いをして、妥協で再就職先を決めることだけは避けましょう。

また、離職期間が発生することで転職活動を怠けてしまうケースがあります。自分は大丈夫と思っている方でも不満だらけの会社を辞めた開放感から、グータラとした日々を過ごしてしまいがちです。

こちらも最終的に妥協で転職先を選ぶことに繋がってしまいます。

満足の行く転職をするためには、在職中に心に余裕をもって活動することが一番です。

焦って転職する必要はない

入社2年目の社員は、転職において「第二新卒」という枠組みになります。

この第二新卒は企業からの非常に需要が高いです。

加えて、入社2年目の社員はビジネスマナーなど会社員としての基礎知識が備わっています。研修のいらない若い人員を欲しがる企業は多く、転職しようとすればあっという間に内定をもらう事ができるでしょう。

だからこそ、焦りは禁物です。

いくら第二新卒の需要が高いからと言って、何度も転職を繰り替えてしまうと企業からはマイナスのイメージを持たれてしまします。

下調べをせずにテキトーに転職先を決めてしまうと、会社が肌に合わずすぐに辞めたくなってしまうかもしれません。

退職することになった原因を分析

転職活動において、自己分析は何よりも大切です。転職活動をする前に、今回自分が会社を辞めた理由をしっかり整理しておきましょう。理由を整理することには2つの利点があります。

まず、会社の何が気に入らなかったのかが頭の中で整理されており、明確に言語化できると選考を受ける会社の比較がしやすくなります。

自分の中に譲れないものと、譲歩できるものを区別しておき、譲れないものには優先度を付けておきましょう。

あなたにとって1番の「転職成功」は同じ轍を踏まないことです。

つぎに、面接で自分の志望動機や現職を辞める理由を言いやすくなります。人事担当者は自分の問題を正確に理解し、最適な課題解決をしようとする態度に好印象を持つでしょう。

 

以上、会社を辞めるべきかの判断方法と、転職のコツを「新卒入社2年目」という観点で解説しました。今の時代、転職の敷居は低くなっています。だからといってテキトーに転職をしてしまうのではなく、悔いの残らない転職を心がけましょう。

もし転職以前に強引な引き止めや、ハラスメントによって、会社を辞める事ができないという方がいればぜひ退職代行サービス「SARABA(サラバ)」をご利用ください。会社の人には一切会うことなく、退職代行のスタッフに全て丸投げするだけで円満退職できます。

サラバの口コミ評判の画像
総合評価 97点/100点
利用料金 28,000
実績件数 非公開
即日退職 あり (24時間365日)
転職支援 あり
確認事項 有給休暇/未払金/退職金
無料特典 退職届テンプレート/請求や交渉の対応
当サイトのイチオシの退職代行サービス厳選3社!
退職代行SARABA

SARABAの注目ポイント

  • 労働組合が運営をしている非弁リスクゼロの退職代行
  • 有給消化98%!未払い給料や残業代の請求や交渉も可能
  • 24時間365日対応可能、深夜でも即レス!
退職代行会社SARABA(サラバ)は退職代行業者の中で唯一、労働組合が運営をしているサービスです。労働組合には団体交渉権があるため、未払い給料や残業代の請求や交渉も可能も可能です。
辞めるんです

辞めるんですの注目ポイント

  • お客様満足度1位!何度でも無料相談できる
  • 成功率100%!「もしも」の時も全額返金!
  • 24時間365日、深夜でもスピード対応!
  • 顧問弁護士の指導を受けているので安心!
「辞めるんです」はお客様満足度で業界1位を獲得している退職代行サービスです。値段は良心的な価格にも関わらず、24時間365日スピード対応で退職成功率は100%!また、顧問弁護士による指導を受けているので、訴訟リスクなどの心配もありません!
退職代行jobs
退職代行Jobs(ジョブズ)のアイキャッチ画像

jobsの注目ポイント

  • 24時間365日対応
  • 西前啓子弁護士監修
  • 退職届、履歴書のテンプレプレゼント
退職代行jobsはセラピストとしても有名な「西前啓子」弁護士から監修を受けている信頼性の高い退職代行業者です。24時間申込みを受付けており、朝6時から実際の対応もしてもらえます。
また、退職代行jobsでは「退職届」や「業務引継書」、「履歴書」や「職務経歴書」のテンプレートをプレゼントしています。本来面倒な作業ですが、依頼者はお手本通りに記載するだけで、退職や転職を進めることができます。
おすすめの記事