▼当サイトおすすめの退職代行サービスはこちら!迷ったら「退職代行SARABA」で無料相談!
ランキング1位のアイコン退職代行サラバ(SARABA)
【27,000円!24h対応で即日退職】
有給消化/残業代/退職金もおまかせ!損害賠償請求にも対応
ランキング2位のアイコン退職代行jobs
【有名弁護士監修の安心サービス】
弁護士指導なので安心安全!円満退職できる!
ランキング3位のアイコン退職代行ニコイチ
【累計7,135人の圧倒的な成功実績!】
27,000円で退職成功率100%!7135人の退職実績も!

また、当サイトの「退職代行サービスおすすめランキング!【人気業者39社を徹底比較】」の記事はこちらから!

社風が合わないことで真剣に会社を辞めることを考えている人は、意外と多いです。

しかし「こんな理由で辞めてしまって良いのか」、「皆は我慢していることなのではないか」と踏みとどまってしまう方もいるでしょう。

そこで本記事では社風が合わないことが退職理由になるのか、また自分にあった会社に出会うためにはどのような工夫が必要なのかを解説しています。

「社風が合わない」の具体例14選

アイキャッチ画像「社風が合わないの良くある例」

「社風」とは企業全体の独特の雰囲気や価値観のことで、非常に抽象的な言葉です。

では、具体的に「社風が合わない」とはどのような状況なのでしょうか。以下に「社風が合わない」と言える例を書き出してみました。

良くある「社風が合わない」の例

  • 個人の裁量が大きく自由に動ける
  • 部署、チームで動く
  • 古い慣習が多い
  • 男尊女卑の風潮がある
  • 上下関係が絶対で風通しが悪い
  • 売上数字、実力至上主義すぎる
  • チャレンジ精神がまったくない
  • 人間関係が良くない
  • 仕事とプライベートの境目が曖昧
  • いい加減すぐる、ゆるすぎる
  • 何でも徹底的に考えず、とりあえずやってみようとする
  • 真面目すぎる、窮屈に感じる
  • 1つのことを決めるのに、会議や稟議が多すぎる
  • 評価制度が曖昧

良くある例をピックアップしただけでも、これだけの量がありました。それだけ、「社風が合わない」という意見は人によって様々なのです。

上記の例で言うと、「チームで動くこと」は良いと感じる人もいれば悪いと感じる人もいます。

受け止め方は人によって全く違い99%が気にしないと答えても、あなたにとっては退職を考えるほど重大な問題となることもあります。

そのため、世間の声ではなく自分の価値観を大切にすることが大切です。

一般常識を気にしすぎて我慢を続けても、まったく良いことがないのでご注意ください。

社風が合わない会社で働き続ける2つのリスク

  • ストレスが原因で体調を崩すリスク
  • 20代、30代の貴重な時間を浪費するリスク

社風が合わず、働きにくいと感じる会社で働き続けることには2つリスクがあります。

1つ目は、大きなストレスを抱えてしまうことです。

ストレスを感じ続けていると、人は精神的に病んでしまいます。ストレスの大きさによっては、「うつ」や「適応障害」などの精神疾患を患う可能性もあり、結果的に働くことが難しくなってしまう人もいます。

2つ目は時間を無駄に浪費してしまうことです。

働きにくいと感じる会社でモチベーションを保つことは困難であり、あなたが100%のバリューを発揮することは難しいでしょう。本来もっと活躍できるのに、貴重な20代、30代の時間を浪費してしまうことは非常にもったいないです。

「会社の社風が合わない」は立派な退職理由

アイキャッチ画像「社風が合わない会社は辞めて良いのか」

社風が合わないなんて理由で辞めていいのか不安に感じる方も多いと思いますが、上述の通り合わない会社で働き続けることのリスクは大きいです。

「社風が合わない」は立派な退職理由ですので、少しでも居づらさを感じたら転職を検討してみることをおすすめします。

実際に社風が合わないという理由で会社を辞めた方はたくさんいるので、意見を参考にしてみてください。

退職を決めるときのチェック項目

ただし、あまりにも判断を急ぎすぎると後悔してしまうこともあります。

社風を理由に退職する方は、1度以下のポイントを見つめ直すべきです。

【辞める前に見直すべきポイント】

  • 「慣れ」や「時間」が解決してくれないか?
  • 仕事がうまくいかないことを無理やり社風のせいにしていないか

体育会系の雰囲気が嫌いだったり、保守的な考えの人が多くそりが合わない場合も、長く勤めているうちに慣れてしまうケースも少なくありません。

ここだけは絶対に譲れないという信念に反している場合は別ですが、自分から会社の考えに歩み寄っているうちに平気になってしまうこともよくあります。

また、何でもかんでも社風のせいにしてしまうことはよくありません。自分にとって都合が悪いことを社風のせいにしてしまう癖がついてしまうと、成長が止まってしまいます。そうなると同じことを繰り返し、転職先の企業もすぐに辞めてしまいかねません。

考えが合わない人たちを納得させた上で成果を出すことも重要です。

社風が合わない会社に入ってしまう4つの原因

アイキャッチ画像「社風が合わない会社に入ってしまう原因はリサーチ不足」

次こそ自分にあう会社に入るために、まずは今の社風が合わない会社に入ってしまった原因を徹底的に見直しましょう。

1.企業のリサーチが足りていない

社風が合わない会社に入ってしまう1番の要因は下調べが不足していることです。

自分がこれから数十年お世話になる会社を選ぶのですから、会社のリサーチには十分な時間をかけるべきでしょう。

ただし、正確な社風を調べることの難易度は高いです。

難しい中でも可能な限り、情報を集めるためには「会社訪問」や「口コミサイト」、「SNS」、「転職エージェント」など情報を手に入れるための手段を知っておくことが大切です。

2.業界全体の雰囲気を把握できていない

企業単位ではなく、業界単位で大まかな社風を見極めることができます。

例えば、WEB・IT関連の企業はチャレンジ精神が旺盛な社風であることが多く、公務員や生活インフラ系の企業は安定的でため堅実的な社風であることが多いです。

【業界別の社風】
メーカー:真面目、温厚で穏やかな社風。土日出勤はあるが残業は少ない
金融:官僚的、実力主義な社風。年功序列で上下関係に厳しい
インフラ:安定志向の堅実な社風。お役所気質な一面もある
人材:何事にも柔軟な社風。仕事への意識が高く残業はわりと多め
WEB/IT:漸進的でフランクな社風。残業は当たり前という考えも多い
マスコミ:仕事第一優先な社風。体育会系で体力勝負な一面もある
流通/小売:意欲的で責任感の強い社風

リサーチが足りていないと、自分にあっていない業界を選んでしまうこともあるでしょう。

会社の雰囲気を調べるだけでなく、業界単位のざっくりとした傾向を理解しておくことも大切です。

3.会社のスケールを把握できていない

会社の規模からも、ある程度社風が予想できます。

業歴が長い大企業の場合は、今までのノウハウから独自の考え方を持っている事が多く、新しい風を吹かせることは難しい傾向があります。反対に中小企業は風通しが良い傾向があります。

また、大企業は1つ1つの案件が大きくチームで行動することが多く、中小企業は個々の実力が求められることが多いです。

さらに、役職のイスが埋まっており出世しにくいという傾向もあるのに対し、中小企業は実力次第で重要なポジションを任せられることもあります。

本来入社前に、自分にとって理想的な企業の規模感を把握しておかなければいけません。

4.「焦り」や「妥協」の気持ちがあった

最後に、社風がなんとなく合わないと思っていながらも内定がもらえない焦りから妥協をして会社を選択してしまうケースです。

新卒においてはよくある失敗ですが、転職に時間制限はないので、繰り返してしまう可能性はさほど高くはないはずです。

ただし、先に退職を済ませてしまった場合は、金銭的に苦しくなり焦って妥協をしてしまうケースがあります。

自分にあう会社を知るための自己分析

アイキャッチ画像「自分に合う社風を知るための自己分析」

今の会社に入ってしまった原因を突き止めた後は、自己分析を徹底的に行いましょう。

自己分析をする際は自分の中で「譲れるもの」と「譲れないもの」の線引をしておくと転職での企業選びがスムーズに進みます。

具体的には、社風を以下の4つに分けると良いでしょう。

  • 人間関係:交流の多い少ない、派閥のありなし
  • 仕事の取り組み方:チームか個人か、トップダウンかボトムアップか
  • 価値観:数値主義、堅実か挑戦か
  • 雰囲気:性格、服装、上下関係

「人間関係で言うと、飲み会や接待が多いことまでは我慢できた。部下の意見に聞く耳を持ってもらえないことは我慢できなかった」と言ったように、各項目を具体的に見つめ直しましょう。

また、「譲れないもの」の優先度を付けておくべきです。

思い描いた完璧な企業が見つかるとは限らないので、優先度があるとさらに企業選びが楽になります。

自分にあう社風の会社を見極める7つの方法

アイキャッチ画像「自分に合う社風の見極め方」

企業を選ぶ項目が自分の中で決まった後は、転職先をリサーチし今の会社の二の舞いにならないようにするだけです。

社風を把握するための方法は7つあり、それぞれの項目でわかることを一覧で掲載しています。

見るべきポイント 判断できること
コーポレートページ
  • 経営者の考え
  • 役員たちの年齢(年齢と出世の関係)
  • 組織図、社内のパワーバランス
求人情報
  • 会社の理念
  • 給与制度
  • 評価制度
  • 社員の声(やりがい、雰囲気、仕事内容)
採用担当者
  • 面接後半のフリーな質問時間であれば"何でも"聞ける
商品、広告
  • 力を入れている領域
  • 新しいことにチャレンジしているか
会社周辺の散策
  • 社員たちの仲の良さ
  • 見た目、服装
  • 活気
口コミサイト
  • 内容は選べないが"何でも"書かれている事が多い
転職エージェント
  • 担当者が知っている範囲であれば、"何でも"聞ける

特定の情報だけでなく、様々な情報を得ることができるのは「選考」、「口コミサイト」、「転職エージェント」の3つです。

正直、自力で会社の詳しい情報を集めることは非常に難しく、効率が悪いです。上記の3種を活用して知っている人の意見を伺うのが一番手っ取り早いです。

とくにおすすめなのは転職エージェントの担当スタッフに聞いてみることです。

転職エージェントのスタッフは自社で掲載する企業を見極めるために、日々多くの会社を訪問し人事担当者と打ち合わせをしています。

実際に転職先の内部事情を知っている、かつ第三者として転職先への忖度なくアドバイスをしてくれるため、「本当の社風」を調べるにはもってこいです。

 

【仕事辞めたい】関連リンク
仕事で放置される 社風が合わない
仕事に行くのが怖い 仕事のストレスが限界
精神的に仕事を休みたい 仕事がどうでもいい
仕事が続かない 仕事がつらい
仕事がつまらない 仕事に行きたくない
派遣をバックレたい 正社員をバックレたい
仕事への拒否反応
仕事を辞めたくて仕方がない人は「仕事を辞めたい10の理由と解決策!13項目のチェックリストで退職診断を徹底解説!」を参考に会社を辞めるべきか診断してみてください。
当サイトのイチオシの退職代行サービス厳選3社!
退職代行SARABA

SARABAの注目ポイント

  • 労働組合が運営をしている非弁リスクゼロの退職代行
  • 有給消化98%!未払い給料や残業代の請求や交渉も可能
  • 24時間365日対応可能、深夜でも即レス!
退職代行会社SARABA(サラバ)は退職代行業者の中で唯一、労働組合が運営をしているサービスです。労働組合には団体交渉権があるため、未払い給料や残業代の請求や交渉も可能も可能です。
退職代行jobs
退職代行Jobs(ジョブズ)のアイキャッチ画像

退職代行jobsの注目ポイント

  • 24時間365日対応
  • 西前啓子弁護士監修
  • 退職届、履歴書のテンプレプレゼント
退職代行jobsはセラピストとしても有名な「西前啓子」弁護士から監修を受けている信頼性の高い退職代行業者です。24時間申込みを受付けており、朝6時から実際の対応もしてもらえます。
また、退職代行jobsでは「退職届」や「業務引継書」、「履歴書」や「職務経歴書」のテンプレートをプレゼントしています。本来面倒な作業ですが、依頼者はお手本通りに記載するだけで、退職や転職を進めることができます。
退職代行ニコイチ

ニコイチの注目ポイント

  • 累計7135人の成功実績を持つ老舗業者!
  • 運営歴14年間で退職成功率は100%!
  • プロの心理カウンセラーに無料相談!
ニコイチは創業から14年間で、合計7135人以上の退職を成功させている退職代行業者です。圧倒的な人数も然ることながら、驚くべきは未だに退職成功率100%を誇っているため、安心して利用することができます。「不安が拭えなくて、実績ある会社にお願いしたい」という方はニコイチをご利用してください。
おすすめの記事