▼当サイトおすすめの退職代行サービスはこちら!迷ったら「退職代行SARABA」で無料相談!
ランキング1位のアイコン退職代行サラバ(SARABA)
【27,000円!24h対応で即日退職】
有給消化/残業代/退職金もおまかせ!損害賠償請求にも対応
ランキング2位のアイコン退職代行jobs
【有名弁護士監修の安心サービス】
弁護士指導なので安心安全!円満退職できる!
ランキング3位のアイコン退職代行ニコイチ
【累計7,135人の圧倒的な成功実績!】
27,000円で退職成功率100%!7135人の退職実績も!

また、当サイトの「退職代行サービスおすすめランキング!【人気業者39社を徹底比較】」の記事はこちらから!

自分の希望する条件で働ける「派遣社員」という働き方。

自由度が高く、自分にあった条件で働ける魅力がある一方で、契約期間があるためミスマッチをした際に中々辞める事ができずしんどいという声も多数あります。

派遣社員によっては、仕事をバックレてしまう人もいるようです。

本記事ではそんなバックレの危険性について解説をしていきます。

派遣社員たちの悩み、バックレの原因

バナー画像「派遣をバックレる理由」

 

派遣社員は正社員たちに比べて、仕事をバックレてしまう人が多い傾向があります。ネットやSNSにも多数の体験談が掲載されています。

派遣社員にバックレが多い根本的な原因は雇用期間が決められており、辞めたいと感じたときに辞める事ができないためです。

辞めたいのに辞めることができない状態が続き、限界を向けた人は自己防衛のために「バックレ」という手段を取ってしまいます。

また、派遣社員は仕事をする上で辛いと感じることが多数あると言われています。辛く感じることがたくさん多いことと、辞められないことが相まって、多数の派遣社員達がバックレています。

以下では、どのような辛さがあるのかを解説をしています。

その① 募集内容と全く違う仕事だった

イメージしていた仕事と実際に仕事が違うという理由も一番メジャーな退職理由です。中には求人広告と全く違う内容の仕事を押し付ける会社もあるようです。

このようなミスマッチが生まれる原因は派遣先の会社が派遣の扱いに慣れておらず、「なんでも屋」と勘違いしてしまっているケースも多いようです。

自分にあった仕事ができることに魅力を感じ、「派遣」という働き方を選んだ人にとってはたまったものではありません。

その② 派遣先の仕事が合わなかった

仕事内容は契約通りだとしても、実際にやってみて自分には合わないと感じる人もいます。正社員の場合異動を願い出たり、上司に相談することも可能ですが、派遣社員は契約通りに働くしかありません。

精神的にキツイ仕事や、体力的にキツイ仕事、覚えることが多すぎてついていけない仕事、などなど。

何が合わないかは人によってバラバラですが、自分にあわない仕事をするイライラや、成果を出せない不安から退職を考える人はたくさんいます。

その③ 職場の人間関係

派遣社員を軽く見る風潮の会社は残念ながら今でも存在するようです。

自社の人間という認識を持つことができないことから、派遣社員の部下に対して強く当たってくる上司の元では伸び伸びと働く事はできません。

会社に自分の居場所がないと感じてしまうと、自然と会社を離れたい気持ちにもなります。

その④ 新しい仕事が決まってしまった

派遣は短いスパンで働く事ができる自由度の高い働き方です。そのため、やりたいことをできる会社を見つけるまでの「つなぎ」として1つの契約を入れる人もいます。

思いのほか早く理想を就職先が見つかってしまった場合、どちらかを辞めるしかありません。

もちろん選ばれるのは本命の就職先で、現在のつなぎのお仕事はバッサリと切り捨てられてしまいます。

その⑤ 休みや遅刻をキッカケにそのままフェードアウト

無断欠勤や遅刻しまったことをキッカケに「行きづらさ」を感じるようになり退職してしまうケースもあります。

自分の会社ではなく、派遣先の会社となると申し訳なさは倍増します。

真面目な正確の人ほど、どんな顔をして会社に行っていいのかわからず、罪悪感を感じそのままバックレてしまう人もいます。

 

派遣ならではの理由はこんなところでしょう。そのほか、どの雇用形態にもある話ですが、以下もバックレの理由となっています。

セクハラ
パワハラ
業務量の多さ
残業の多さ
いじめ、仲間はずれ
放置

派遣先をバックレて損害賠償請求される可能性

バナー画像「派遣をバックレて損害賠償される可能性」

バックレる人にとって一番気になるポイント「損害賠償の可能性」について、様々な角度で解説をしています。

バックレたことに対して

派遣会社から損害賠償を請求されることはほぼないでしょう。

理由は以下の2つです。

  • 具体的にいくら損害がでたのか出しにくい
  • 裁判の準備や弁護士の依頼に、労力や費用がかかる

まず、損害賠償を成立させるためにはその人がいなくなったことでいくらの損害が出たのかをハッキリと算出しなくてはいけません。

100万円の契約のキーパーソンが辞めたのであればわかりやすいですが、派遣で雇っている社員がいなくなったことでの損害を正確に出すことをは難しく、成立させづらいでしょう。

もし、損害賠償を行うとすると、弁護士費用や裁判の準備など企業側に多大なコストや時間がかかります。

何百万円も費用をつかって、派遣社員がいないこことで出た数万円の損害を回収したいと考える企業はまず存在しないでしょう。

ただし、派遣社員に損害賠償請求してはいけないというルールがあるわけではありません。何がなんでも責任を取らせようとする会社もあるので、バックレのリスクは高いです。

制服や鍵など支給品が返還されないことに対して

制服や大事な鍵、高額な貸出品などを派遣社員が持ったままバックレてしまった場合は、訴訟を起こされる可能性があります。

損賠賠償請求とは少し違いますが、気をつけておくべきポイントです。

バックレた手前、連絡することに気が引けるのであれば、郵送など手段はなんでもいいので貸出品は返却をするべきでしょう。

契約期間の途中で違約金が発生することに対して

契約期間の途中で仕事を辞めることで違約金が発生するケースがあります。

しかし、多くの契約は派遣先と派遣元の会社で取り決められています。派遣社員自身に請求が行くことは、ないでしょう。

また、派遣先から違約金の請求を受けた派遣元の会社から、あなたに損害賠償を求めるてくることもまずないでしょう。

給与の前借りがあった場合

30日分の給与を前借りしていた場合など、派遣元の会社から働いていない分の給料をすでに受け取っている場合は、訴訟を起こされる可能性があります。

派遣先をバックレて担当スタッフが家に来る可能性

バナー画像「派遣をバックレて担当が家に来る可能性」

派遣元の担当者があなたを連れ戻しに家に来る可能性は限りなく低いでしょう。

言い方は悪いですが、派遣元としては連れ戻したとしてもまたトラブルを起こすリスクのあるスタッフはいらないと考えています。

派遣先としても、同じ人ではなくきちんと契約終了まで仕事を続けられる人をあらためて紹介してほしいと考えます。

一度逃げ出してしまった人、連れ戻して来られても困ってしまいます。

ただし、例外として自宅に担当者が来る可能性もあるので、100%とは言い切れません。

【例外ケース】
  • 貸出品を所持している
  • 給与の前借りがある
  • 安否確認

バックレた社員にその後、起こること

バナー画像「派遣をバックレると起きるトラブル」

ここまで、「損害賠償の可能性」と「スタッフが家に来る可能性」について解説しました。

以下ではそのほか、起こりうるトラブルについてまとめて解説しています。

電話やメール連絡がくる

派遣先の上司からも、派遣元の担当者からもひっきりなしに電話がかかってくることは間違いありません。

あなたに問題が生じているのか、意図的に休んでいるのか全くわからないためです。

辞めるにしても、取り決めなくてはいけないことが山ほどあります。

あなたの意思を確認しなくては動けないこともたくさんあるので、連絡は定期的に入るでしょう。

面倒なことにならないためにも、辞める意思の伝達と貸出品を郵送する旨だけは、一方的でいいので入れておくべきです。

警察に捜索届が出される

常識的な会社であれば、急に消息が絶ってしまった社員を心配します。安否確認のため警察に連絡されてしまうことも十分ありえるでしょう。

もし自宅に警察が駆けつけるなんて事態になってしまうと、恥ずかしいですよね?

上記に記載した通り、一報を入れるだけでもいいので本人の意思で辞めることは伝えるべきです。

再登録ができない、次の仕事はもらえない

一度バックレてしまった場合、同じ派遣元の会社を利用することはできません。

派遣元の会社に後日連絡をして、しっかりと謝罪をした場合は許してもらるケースもありますが、基本的には別の会社を使うことになります。

派遣会社はたくさんありますが、派遣会社によって力を入れているジャンルが違っており、自分にあったジャンルを扱う会社となると数はさほど多くありません。

バックレがくせになり繰り返すことで、利用できる派遣会社は少なくなりやがてなくなってしまいます。

働いた分の給与が未払いとなる

よほどブラックな企業は何をしてくるかわかりませんが、働いた分の給料は受け取れるはずです。

労働者に対して賃金を支払うことは会社側の義務です。

29日に辞めたからと言って、その月まるまる給料がなくなることはありません。給料が支払われるからといって、バックレしていい理由にはなりません。

安心してバックレるといった行動は取らないでください。

派遣先をバックレたその後、再就職するため3つの方法

バナー画像「派遣をバックレた後再就職するためには」

一度、バックレた派遣社員が再び仕事を始めるための、選択肢は3つです。

  1. 別の派遣会社に登録する
  2. とりあえず、アルバイトを始める
  3. 正社員雇用してくれる会社を探す

1つ目は派遣としての働き方を続けることです。

その場合、同じ派遣元はもう使えないので、別の会社を利用することになります。

2つ目はアルバイトとして働き始める方法です。

生活費に困っており、すぐにでも働き出したい人におすすめの方法です。プライベートの時間を作りやすいため、働きながら就職活動をすることも容易です。

3つ目は正社員として働ける会社を探す方法です。

雇用形態や福利厚生、正社員との差別について悩んでいた人は、派遣をバックレたことを機に正社員雇用をしてくれる企業を探してみると良いでしょう。キャリアに自身がない人も「転職エージェント」を利用すれば、自分に合った企業を見つけることができます。

どの選択肢を取るにしろ、次の就職先にバックレはがバレてしまうことはありません。

すでにバックレてしまった人は、きっぱりと前の企業のことは忘れ、長く働ける企業を探すことに力を入れてください。

「バックレ」なんてしなくても派遣社員は即日退職できる

バナー画像「派遣をバックレるくらいなら退職代行」

もし、あなたが今「バックレるかどうか」で悩んでいるのあれば、絶対にしないでください。

社会人としてのマナーを守るという意味でも、リスクが大きすぎるという意味でもおすすめはできません。

どうしても、自分から言い出す事ができない人や精神的な限界を迎えておりこれ以上出社できない人は、「バックレ」ではなく「退職代行」を利用するようにしてください。

ここまで紹介してきたバックレのリスクは以下の通りです。

バックレのリスク表
損害賠償を請求される
スタッフが家にくる
電話やメールがたくさんくる
警察沙汰になる
同じ派遣会社がもう使えない
働いた分の給料が未払いになる

退職代行を利用する場合はなんのリスクもありません。

退職代行のリスク表
損害賠償を請求される
スタッフが家にくる
電話やメールがたくさんくる
警察沙汰になる
同じ派遣会社がもう使えない
働いた分の給料が未払いになる

詳しく知りたい方は、「退職代行サービスおすすめランキング!人気業者39社を徹底比較【いますぐ辞めたい方必見!】」を参考にしてください。

【仕事辞めたい】関連リンク
仕事で放置される 社風が合わない
仕事に行くのが怖い 仕事のストレスが限界
精神的に仕事を休みたい 仕事がどうでもいい
仕事が続かない 仕事がつらい
仕事がつまらない 仕事に行きたくない
派遣をバックレたい 正社員をバックレたい
仕事への拒否反応
仕事を辞めたくて仕方がない人は「仕事を辞めたい10の理由と解決策!13項目のチェックリストで退職診断を徹底解説!」を参考に会社を辞めるべきか診断してみてください。
当サイトのイチオシの退職代行サービス厳選3社!
退職代行SARABA

SARABAの注目ポイント

  • 労働組合が運営をしている非弁リスクゼロの退職代行
  • 有給消化98%!未払い給料や残業代の請求や交渉も可能
  • 24時間365日対応可能、深夜でも即レス!
退職代行会社SARABA(サラバ)は退職代行業者の中で唯一、労働組合が運営をしているサービスです。労働組合には団体交渉権があるため、未払い給料や残業代の請求や交渉も可能も可能です。
退職代行jobs
退職代行Jobs(ジョブズ)のアイキャッチ画像

退職代行jobsの注目ポイント

  • 24時間365日対応
  • 西前啓子弁護士監修
  • 退職届、履歴書のテンプレプレゼント
退職代行jobsはセラピストとしても有名な「西前啓子」弁護士から監修を受けている信頼性の高い退職代行業者です。24時間申込みを受付けており、朝6時から実際の対応もしてもらえます。
また、退職代行jobsでは「退職届」や「業務引継書」、「履歴書」や「職務経歴書」のテンプレートをプレゼントしています。本来面倒な作業ですが、依頼者はお手本通りに記載するだけで、退職や転職を進めることができます。
退職代行ニコイチ

ニコイチの注目ポイント

  • 累計7135人の成功実績を持つ老舗業者!
  • 運営歴14年間で退職成功率は100%!
  • プロの心理カウンセラーに無料相談!
ニコイチは創業から14年間で、合計7135人以上の退職を成功させている退職代行業者です。圧倒的な人数も然ることながら、驚くべきは未だに退職成功率100%を誇っているため、安心して利用することができます。「不安が拭えなくて、実績ある会社にお願いしたい」という方はニコイチをご利用してください。
おすすめの記事