▼当サイトおすすめの退職代行サービスはこちら!迷ったら「退職代行SARABA」で無料相談!
ランキング1位のアイコン退職代行サラバ(SARABA)
【27,000円!24h対応で即日退職】
有給消化/残業代/退職金もおまかせ!損害賠償請求にも対応
ランキング2位のアイコン退職代行jobs
【有名弁護士監修の安心サービス】
弁護士指導なので安心安全!円満退職できる!
ランキング3位のアイコン退職代行ニコイチ
【累計7,135人の圧倒的な成功実績!】
27,000円で退職成功率100%!7135人の退職実績も!

また、当サイトの「退職代行サービスおすすめランキング!【人気業者39社を徹底比較】」の記事はこちらから!

安定的で定年退職が当たり前と言われてきた公務員を「辞めたい」と感じる人が増えているようです。

そこで本記事では公務員の退職に関する不安や疑問についてわかりやすく解説をしています。記事を読んでわかる内容は以下の通りです。

  • 公務員を辞める人の数
  • なぜ辞めたいと感じるのか
  • 退職の決断をする前に見直すポイント
  • 公務員の転職事情、仕事選び

公務員を辞める人は年々増加中

バナー「公務員を辞めたい人は増加している」

公務員は安定のイメージが強く定年退職まで働くことが一般的とされていますが、最近ではその考えも薄まってきており「適正」や「やりたいこと」を優先して公務員を辞める人が増えてきています。

全退職者 33,674人
定年退職 19,969人
普通退職 7,123人

総務省が発表した「地方公務員の退職状況等調査」によると、平成29年の公務員の離職者数は33,674人とされています

退職者の内19,969人が定年退職者、7,123人が普通退職者で、退職者33,674人の約25%が若いうちに公務員を退職をしています。

公務員を辞めることは決して珍しいことではないので、過去の常識に惑わされずきちんと自分の意思で退職を判断するようにしてください。

安定を捨ててでも公務員を辞めたいと思う8つの理由

バナー「公務員を辞めたい理由」

1.業務内容が同じでつまらない

公務員の仕事はあまり変化がないことが特徴です。

決められたことをきっちりとやりきることに達成感を感じる人にはぴったりな職業ですが、毎日の繰り返しに飽きてしまう人は少ならからずいるでしょう。

仕事に対して刺激を求める人とっては耐え難い環境です。公務員である限り解決しないと判斷した人は迷わず転職することが多いです。

2.収入に満足できない

公務員として働く人の中には、年収に満足できず退職を考える人がいます。

公務員の年齢別の平均年収は以下の通りです。

  • 20代:300~450万円
  • 30代:500~600万円
  • 40代:650~800万円
  • 50代:800~900万円

決して、収入は低い水準ではありませんが、20代30代からガンガン稼いで行きたいと考えている人にとっては、物足りなく感じることもあるでしょう。

3.スキルが身につかない

公務員は民間企業と違い、利益の最大化を目指して活動をしているわけではありません。

そのため、お金を稼ぐためのスキルは全く身につきません。

生涯、公務員を続けたいと考えている人は問題ありませんが、しっかりとキャリアプランを決めていない人にとっては焦りを感じるポイントとなります。

4.業務量が多く、残業することも多い

職種によって違いはありますが、公務員にも残業はあります。

一人では捌き切れないほどの仕事を押し付けられ、月70時間以上の残業をする人もいるほどです。

また、民間企業と給与体系が違うため、働いても働いても残業代が出ないことも公務員たちの不満要素となっています。

基本給が一般水準よりも高いとは言え、労働の対価がもらえない職業を続けたいとは中々思えません。

5.年功序列の風潮がある

公務員は数ある職業の中でも、一番年功序列の風潮が強いと言えます。

仕事ができるできないも一定関係ありますが、基本的には長年働くことが評価されます。

なぜ年数が評価されるのか、理由は単純で売上を作る必要がないからです。若手が目に見える成果を出し、高い評価を受ける事ができる仕組みがありません。

頑張る意味がない状況でモチベーションを高く持つことは難しいでしょう。

6.ハラスメントが発生しやすい

どの会社にもパワハラ上司はいると思いますが、公務員はパワハラ上司が職場にいる割合が非常に高いです。

公務員は、学校も役所も警察も消防も昔から続く職業ばかりなので組織の体制や考え方が古く、上司の言うことは絶対という風潮があります。

1人に発言力が集まっている環境は非常にパワハラが発生しやすい状況です。常識のない上司の元に配属されてしまうと、精神的に辛い思いをすることになるでしょう。

7.他にやりたいことができた

明確に自分の人生設計をしないまま仕事につき、在職中に本当にやりたいことを見つける人もいます。

公務員に限った話ではありませんが、公務員は「安定している、仕事が比較的簡単」というイメージからとりあえずなろうとする人も多いです。

業務内容が繰り返しでつまらないという理由とも相まって、自分のやりたいことを見つめ直しポジティブな理由で退職をする人も多数います。

8.理不尽なクレーム対応が多い

公務員として働いていると、様々な人の対応をすることになります。

役所の窓口にはクレーマーもきますし、教員はモンスターペアレントの対応もしなくてはいけません。

営利目的ではないためお客さんの相手をすることはありませんが、対人によるストレスが一切ないというわけではありません。

公務員を辞めるのはもったいない?退職前のチェック項目

バナー「公務員を辞めることはもったいないのか」

公務員を退職する人が増えていることは事実ですが、世間的にはまだまだ有名ではありません。

とくに上の世代からは「もったいない」と言われてしまうこともあるでしょう。

もったいないという意見は決して間違った考えではありません。辞めたい時に辞めるべきという主旨で解説をすすめてきましたが、上の世代の意見にも耳を傾けてみる必要はあります。

以下に公務員を辞めることの「もったいないポイント」をまとめてみました!

  • 公務員免許取得のために費やした時間やお金がもったいない
  • 安定した収入がなくなることがもったいない
  • 社会的な信用の高い仕事を離れることがもったいない
  • 充実した福利厚生を捨てることがもったいない

こうしてみると、たしかに魅力的なポイントも多くあります。

多くの人が辞めているからと言って、曖昧な理由で辞めてしまうのは確かにもったいないです。当サイト編集部としてもおすすめはしていません。

「辞めたい!」と感じたら、2つのポイントをよく考えてみてください。

【辞める前に見直すべきポイント】
  • 公務員を辞めたい理由
  • 辞めなくても解決できる問題ではないか

1.どうして公務員を辞めたい理由を整理する

まずは、公務員を辞めたい理由を整理してみてください。

冒頭で紹介した退職した方の理由を見て「なんとなく共感できる」と安易に決めるのではなく、自分の言葉で言語化できるまで突き詰めて考える必要があります。

また、原因を元にどのような仕事であれば、自分が満足できるのかを考えてみてください。10年先の自分がどうなっていたいのかをまでを考え、逆算して何が必要になるのかを考えるようにしましょう。

その上で、やりたいことと公務員を続けることのどちらが有意義か天秤にかけてみましょう。

自分がやりたいことの方が大切だと気づく人もいますが、もしかするとわざわざ辞める必要がないことと気づく人もいるかもしれません。後悔のない判断をしてください。

2.辞めなくても解決できないか

公務員を辞めたい原因を考えた際に、本当に辞める必要があるのかも一緒に考えるべきでしょう。

  • 異動を申し出を行う
  • 仕事に慣れる/効率化する
  • 話し合う/和解する
  • 仕事と割り切る
  • 手を抜けるところで手を抜いてみる
  • 休職/休暇を使う

具体的には、上記のような行動が取れます。

とくに注目すべきは「休暇や休職」です。公務員は90日間、100%の給与が保証されながら療養に専念できるなど民間企業では考えられない制度があったりします。

体を休めて解決する問題であればわざわざ辞める必要はないかもしれません。

後悔のなく公務員を退職・転職するための4つのコツ

バナー「公務員を辞めるためのポイント、転職のコツ」

1.退職はなるべく円満に済ませる

退職につまずいてしまうと、この後の転職もグダグタしてしまいます。

退職する際はスムーズにやめることを心かけましょう。

大切なことは「辞める意思が強いことを示すこと」と「相談して決める箇所は会社の都合をある程度考えること」の2つです。

退職の意思の強さは「公務員を辞めて◯◯になります」とハッキリ言うことで、伝わるでしょう。

相談をして決める箇所は主に退職日です。勤め先との折り合いが付く日に決めれば、退職までギスギスすることなく、過ごす事ができるでしょう。

2.引き止めの対処法を考えておく

どんなに強い意思を伝えても、話を聞いてもらえなかったり「辞めさせない」と引き止めに会うことがあります。

また、こちらが歩み寄る姿勢を見せているのに、ありえない退職日を提案してくることもあります。

どうしても自力で辞める事ができない場合は、退職代行を使いましょう。退職代行に依頼することで好きな退職日に絶対に辞めることができます。

トラブルにあった人だけでなく、人間関係でギクシャクしており、そもそも自分から退職報告をすることができない人もぜひ利用してみてください。

 

関連リンク退職代行サービスおすすめランキング!人気業者39社を徹底比較【いますぐ辞めたい方必見!】

3.在職中に転職先を見つける

退職の手続きを進めるのは、転職先を決めてからがベストです。辞めてから探すよりも遥かにメリットが多いためです。

  • 離職期間がなく金銭的に余裕が持てる
  • 離職期間にだらけてしまう可能性がない
  • 現職の退職日が迫ってこないので焦らず探せる
  • ギリギリまで辞めない選択に切り替えられる

4.生活費についてよく考える

どうしても先に退職をする人は、生活費についてよく計算をしておく必要があります。最低でも2ヶ月〜は収入がなくても生活ができる貯金があると安心です。

公務員の場合、民間企業と違い失業手当を受け取る事ができないため、生活費については自力でなんとかする必要があります。

今の貯金、最後にもらえる給料、退職金の3つを良く計算して、本当にすぐ辞めて良いのかを考えてみると良いでしょう。

公務員から民間企業に転職するために

バナー「公務員を辞めた人におすすめの転職先」

転職エージェントを利用する

公務員の人材価値はあなたが思っている以上に高いです。

難関と言える公務員試験に合格していることや、スケールの大きな目標に向かって働いた実績を高く評価してもらえます。

ただし、満足のできる再就職先から内定をもらうためには、人材価値だけで強行突破することはできません。「企業の探し方」や「面接でのウケ」も非常に大切であり、転職のいろはを学ぶ必要があります。

そこで、公務員から民間企業に転職するために「転職エージェント」を使うことをおすすめします。

転職エージェントであれば求人紹介から面接練習まで様々な点までサポートしてくれるため、転職の経験が一切ない人でも納得のいく転職ができるでしょう。

公務員の需要が大きい業界を知る

  • IT業界
  • 福祉業界
  • 金融業界
  • 公務員から公務員へ
  • その他、職業ごとの資格を活かした転職先

人材不足という理由から、未経験者の受け入れを強化している業界が「IT」と「福祉」です。

公務員の仕事はAIなどの人工知能によって減っていくことが懸念されていますが、この2つの業界は衰退することはないでしょう。誰にでもおすすめの業界ではありますが、とくに「将来性」に不安を感じて公務員を退職したいと考えている人におすすめです。

金融業界が必要としている人材は、信頼性という面で高く評価でき、コツコツ仕事ができる人です。まさに公務員にぴったりな転職先でしょう。

また、民間企業だけでなく公務員から公務員も転職することが可能です。職場の人間関係を理由に退職を考えている人は、同じ職種で環境を変えることもできるので、無理に民間企業のチャレンジする必要もありません。

職業ごとの資格や技能を活かせる転職先は以下にまとめています。

教員:塾講師、編集者(教材)、通信教育関係
警察官:警備員
医療関係:民間医療施設
国税官:税理士
省庁職員:企画部全般
労働基準監督官:人事部、労務部全般
県庁職員:広報部全般

民間企業への転職に成功した人の声から学ぶ

最後に、実際に公務員を辞めて転職に成功した人の声をまとめています。

上記で紹介した職種以外にも、映像関係や製造業など様々な仕事に転職を決めた人がいます。本人の強い意思や、転職エージェントとの連携があれば何にでも転職することは可能でしょう。

 

【職業別】関連リンク
介護を辞めたい 生保レディを辞めたい 歯科助手を辞めたい 自衛隊を辞めたい
大学職員を辞めたい 不動産を辞めたい ITを辞めたい 調剤薬局事務を辞めたい
公務員を辞めたい 営業職を辞めたい 店長を辞めたい 美容師を辞めたい
介護がブラックすぎる メガバンクがブラックすぎる 警察官がブラックすぎる 教員がブラックすぎる
郵便局がブラックすぎる 教員の中途退職 - -
仕事を辞めたくて仕方がない人は「仕事を辞めたい10の理由と解決策!13項目のチェックリストで退職診断を徹底解説!」を参考に会社を辞めるべきか診断してみてください。
当サイトのイチオシの退職代行サービス厳選3社!
退職代行SARABA

SARABAの注目ポイント

  • 労働組合が運営をしている非弁リスクゼロの退職代行
  • 有給消化98%!未払い給料や残業代の請求や交渉も可能
  • 24時間365日対応可能、深夜でも即レス!
退職代行会社SARABA(サラバ)は退職代行業者の中で唯一、労働組合が運営をしているサービスです。労働組合には団体交渉権があるため、未払い給料や残業代の請求や交渉も可能も可能です。
退職代行jobs
退職代行Jobs(ジョブズ)のアイキャッチ画像

退職代行jobsの注目ポイント

  • 24時間365日対応
  • 西前啓子弁護士監修
  • 退職届、履歴書のテンプレプレゼント
退職代行jobsはセラピストとしても有名な「西前啓子」弁護士から監修を受けている信頼性の高い退職代行業者です。24時間申込みを受付けており、朝6時から実際の対応もしてもらえます。
また、退職代行jobsでは「退職届」や「業務引継書」、「履歴書」や「職務経歴書」のテンプレートをプレゼントしています。本来面倒な作業ですが、依頼者はお手本通りに記載するだけで、退職や転職を進めることができます。
退職代行ニコイチ

ニコイチの注目ポイント

  • 累計7135人の成功実績を持つ老舗業者!
  • 運営歴14年間で退職成功率は100%!
  • プロの心理カウンセラーに無料相談!
ニコイチは創業から14年間で、合計7135人以上の退職を成功させている退職代行業者です。圧倒的な人数も然ることながら、驚くべきは未だに退職成功率100%を誇っているため、安心して利用することができます。「不安が拭えなくて、実績ある会社にお願いしたい」という方はニコイチをご利用してください。
おすすめの記事