▼当サイトおすすめの退職代行サービスはこちら!迷ったら「退職代行SARABA」で無料相談!
ランキング1位のアイコン退職代行サラバ(SARABA)
【27,000円!24h対応で即日退職】
有給消化/残業代/退職金もおまかせ!損害賠償請求にも対応
ランキング2位のアイコン退職代行jobs
【有名弁護士監修の安心サービス】
弁護士指導なので安心安全!円満退職できる!
ランキング3位のアイコン退職代行ニコイチ
【累計7,135人の圧倒的な成功実績!】
27,000円で退職成功率100%!7135人の退職実績も!

また、当サイトの「退職代行サービスおすすめランキング!【人気業者39社を徹底比較】」の記事はこちらから!

店長を務めている人は、売上向上の取り組みからマネジメント、接客まで様々な業務をこなさなければいけません。

それなのに他の社員と対して給料が高いわけでもなく、店長なんて辞めたいと考える人も多くいます。

そこで、本記事では全国の店長たちの退職理由や、辞めたくても辞められない理由、退職をするときの注意をまとめています。

店長の離職率と辞めたいと思う6つの理由

バナー画像「店長を辞めたい理由」

店長を辞めたいと考えている人は世の中にたくさんいます。

店長だけの離職率を調べたデータではありませんが、構成労働省が発表している「産業別の離職率」から、小売業やサービス業の離職率を調べてみました。

小売業 14.5%
飲食飲食サービス 30%
娯楽業 22.1%

飲食サービスの離職率は全業界でも一番高く、小売業や娯楽業も平均以上の数値となっています。これら3種類のような「店舗での仕事」はストレスが溜まりやすく、非常に離職率が高い傾向にあります。

一般社員よりも忙しい店長ともなると、上記の離職率よりもずっと高い数値となるでしょう。

以下では、さらに詳しく店長たちはどのような点に不満を感じ、退職に至っているのかを解説します。

1.ノルマが達成できない、結果が出ない

店長を辞めたいと感じる理由で一番多いものは、成果が出ないことです。

本部の上司からむちゃくちゃなノルマを要求されることもしばしばあります。

ノルマ達成のために人件費を抑える方法やお店の売上を伸ばすための施策を考えてなくてはいけません。思いついた方法が全てうまくいくとは限らず、どんなに一生懸命売上を伸ばそうを思っても、思うようにいかないことも多々あります。

努力が報われず上司から低い評価を受けてしまった方は、店長としてやっていく自信がなくなり辞めたいと考えるようになります。

2.店内では憎まれ役となることが多い

全ての職場で共通することではありませんが、店長は嫌われ役、憎まれ役を買わなくてはいけないこともあります。

  • バイトや部下を指導する立場であるため
  • 人件費をなるべく抑えることを考えなくてはいけないため

理由は上記の2つです。

厳しいことを言わなくてはいけないこともありますし、お店が回るギリギリの人員でシフトを組むこともあるでしょう。意識が低いスタッフたちからは「忙しいのは全部店長のせい」と陰口を叩かれてしまうこともあるでしょう。

そうした人間関係のトラブルから店長職から逃げ出したいと考える方もいるでしょう。

3.超過勤務、休日出勤による疲労

店長は経営やマネジマントに関する業務をしつつ、接客などの実務もこなさなくてはいけません。

何事もなく自分の仕事だけをこなしたとしても営業時間内では業務を終えられないことが多いです。

さらに、バイトや部下の欠勤やバックレが重なると尋常ではないほどの超過勤務をしなくてはいなくなります。

バックレるバイトを採用したことも、余裕を持ってシフトを組んでなかったことも、最終的には店長の責任となってしまうため、代わりが見つからない場合は自分で補うしかありません。

ネット上の声の中には20連勤〜30連勤以上しているという意見もたくさん見つかります。

4.給与面の不安

仕事をする上で、給料はモチベーションを大きく左右させます。店長と聞くとなんとなく、高収入のイメージがありますがそんな事はありません。

店長の平均給料:200万円〜400万円

ピンきりではありますが、90%程度が200万円〜400万円程度の給料しか受け取っていません。給料が低い理由には、そもそも基本給が低いことと、残業代が出ないことが影響しています。

店長の場合、残業代が出ない代わりに、役職手当をもらっていることが多いです。

「役職手当がでるならいいじゃない」と思う方もいると思いますが、普通に残業した分の給料をもらった方が高いです。

上司からプレッシャーをかけられ、部下からは嫌われて、おまけに長時間働いても、これだけの給料しかもらえないとなると、退職を決意するのも当然です。

5.やる気のないアルバイトの育成が面倒

お店で雇っているアルバイトスタッフの中には「仕事なんてどうでもいい」と思っている人や、極端に覚えが悪い人もたくさんいます。

社員とは意識が全く違うアルバイトをコントロールすることは非常に難しいです。厳しくしすぎれば辞めてしまいますし、放任しすぎるとトラブルを起こしお店に実害を招いてしまうかもしれません。

コミュニケーションをうまく取り人間関係を構築していく必要があるのですが、人によってはこれが大きなストレスとなることもあります。

「料理が好き」、「洋服が好き」という理由で店舗で働きはじめ店長になる方は多いですが、マネジメントに適正があるとは限りません。

6.キャリアアップが困難

店長を務めている人の中には、生涯このお店で働きたいと思う人もいれば、さらに上を目指したいと考える人もいます。

店舗より上となると、本社や営業所での勤務となるでしょう。

  • 売上で結果を残すこと
  • 本社の人間と深い関わりを持つことが困難なこと
  • 本社でのポストがあいていないこと

本社への異動希望を叶えるためには、これらの条件を満たした上でさらにタイミング(運要素)が絡んで来るでしょう。

「数年であれば我慢できる」と考える人も多いですが、いつ昇進できるかの目処が全く絶たない中、店長職を続けたいとは中々思えません。

店長職を辞める方法は3つ

バナー画像「店長を辞めるための方法」

店長を辞めるための方法は「昇進」「辞退」「退職」の3つがあります。

1.店長からの昇進を目指す

1つ目の方法は昇進をすることで、結果的に店長というポジションから離れる方法です。

しかし上記で解説をした通り、昇進の道のりは厳しいです。

確実にいつまでにできるという対策ではないので、「昇進」はあまり現実的な方法ではありません。実際に話が進んでいるなど、見込みが高い場合はもう少しだけ頑張ってみることも大切です。

2.店長のポジションを辞退する

2つ目は店長から辞退し、通常の社員に戻る方法です。

転職の必要がなく、辛い現状から逃れられる良い方法に思えますが、後任を用意する必要があるため、すぐには聞き入れてもらえない可能性がが高いです。

また、会社から昇進する気がないというマイナス評価を受けてしまうことになります。

さらに、スタッフたちの間では店長を逃げ出した人として舐められしまう可能性もあります。「辞退」もあまり現実的な方法ではありません・

3.会社そのものを辞める

3つ目は、会社自体をを辞める方法、つまり退職です。

ストレスがない会社に移れる、給料がよくなる、福利厚生が充実する、スタッフの雰囲気が良い職場で働けるなど、今までの問題をまとめて解決できます。

また、転職先を探す上で、自分の情報を送信するだけでおすすめの転職先を紹介してくれる「転職エージェント」というサービスもあります。

従来、手間がかかると言われていた転職活動も非常に手軽になっています。

店長職を辞めたいのに辞められない原因

バナー画像「店長を辞められない理由」

ここまでで、店長というポジションがいかにシビアな仕事からわかってもらえたと思います。しかしこれだけ辛い仕事でありながら、すぐに辞めてしまおうと考える人は少ないです。

それは、店長を辞める上での不安が大きいからです。

後任の不在、お店運営の不安

まず先に考えることは、お店の運営についてでしょう。

たとえ会社に退職の意思を伝えたとしても「後任は自分でどうにかしろ」、「勘弁してくれ」、「◯ヶ月待ってくれ」とすぐには辞めさせてもらえないことが大半です。

また、自分としても店長としての責任から、退職することはなんとなく後ろめたく感じてしまいます。

このような不安をお持ちの方は「もう辞める会社の気遣いをしているうちはいつまで経っても辞める事ができない」と認識し、会社に対して厳しい態度を取る必要があります。

人材不足や後任を考えることは会社の責任です。責任を持って引継ぎをする必要がありますが、なにから何まで言う通りにすることはありません。

次の転職先を見つけることへの不安

辞めてから仕事を探すのではなく、いい職場が見つかり内定が取れたら辞めるという手段を取れば、その不安は解消されるでしょう。

どんなに時間がない方であったとしても、「転職エージェント」を利用すれば在職中に簡単に転職先を見つけることができます。転職エージェントの担当スタッフに自分の希望を伝えると、マッチする会社を紹介してくれます。

また、選考に必要な書類の書き方や、面接の対策も徹底的にサポートしてくれるので、時間をかけて自分で調べる必要もありません。

選考を受ける時間さえ取れれば在職中に内定をもらうことは容易です。

離職期間中の金銭面の不安

金銭面の不安も、離職期間を作らずスムーズに転職すれば心配する必要がありません。

もし健康上の問題などがあり、転職先を決める前に辞める必要があったとしても、失業給付金を受け取る事ができるので何の心配もいりません。

最低3ヶ月間は支給され、30歳未満であれば日額「6,395円」を上限に受け取ることができます。労働日は28日分として支給されるので、月19万円程は手元に入ることになります。総額にすると役57万円です。

店長をスムーズに辞めるためにすべきこと

バナー画像「店長を辞めると決めたら?」

最後にスムーズに退職を進めるために必要なことを紹介しておきます。

正しい知識を知った上で、退職意思の伝える

スムーズに退職をする上で、一番大切なことは退職者自信が正しい知識を持っていることです。覚えておくべきポイントをまとめておきます。

  • 退職は労働者の権利であり自由
  • 退職希望日が申し出から2週間以上先の日にちであれば、会社の意思に関係なく退職できる
  • これらは民法によって決められている規定であり、就業規則よりも優位なルールである

この3点を知っていれば、強い引き止めにあっても毅然とした態度を貫く事ができるでしょう。

ただし、会社への配慮をすることも大切なので、絶対に法律通り2週間後で辞めてやるという気持ちではなく、折り合いがつく日程を相談することが大切です。

バックレは絶対にしない

たとえ正しい知識があったとしても、恐怖心や申し訳なさから退職の申し出をすることができず、バックレてしまいたいと考える方もいると思います。

気持ちはわかりますが、店長職のバックレは絶対にNGです。

というのも、目に見える形で会社に損害が出た場合、賠償を求められる事があるためです。バイトがバックレたところで損害額はハッキリわからないですし、数万円であれば裁判を起こす費用の方が高くなってしまいもとが取れません。

しかし、店長がバックレることで数日お店が回らなかった、開店できなかったとなると被害額は出しやすいです。1日の売上が大きいお店であれば裁判をしてでも請求をした方が会社のプラスになるでしょう。

たとえ言いにくかろうと、怖かろうと、退職の手続きはきちんと行うようにしてください。

辞められない場合は退職代行を使う

上司の中には、「民法なんて知らん」、「義理や恩義を忘れたのか」と感情的になり、正しく退職を進めたとしても一向に話が進まないことがあります。

絶対にしてはいけないことは、伝えた気になって退職してしまうことです。

自力での退職が難しい場合は、退職代行サービスを使うようにしましょう。

退職代行とは、依頼者に変わって退職の連絡をしてくれるサービスで、本人は一切会社の人と関わることなく退職を進められます。驚くべきことは有名な業者であれば、退職成功率が100%であることです。

また即日退職にも有給消化にも対応している業者も多数あります。

頑固な上司であっても、第三者から連絡を受けることであっさりと退職を認めてくれることはよくあります。自分で進めるよりも確実な方法なので、ぜひ利用してみると良いでしょう。

店長を辞めた人の声

バナー画像「店長を辞めた人の声」

 

実際に退職に成功して別の会社で伸び伸びと働いている人もたくさんいます。

以下で、店長を辞めた人の声を多数紹介しています。自分と同じ立場だった人たちの成功体験を読んで、勇気を出してみてください!

 

【職業別】関連リンク
介護を辞めたい 生保レディを辞めたい 歯科助手を辞めたい 自衛隊を辞めたい
大学職員を辞めたい 不動産を辞めたい ITを辞めたい 調剤薬局事務を辞めたい
公務員を辞めたい 営業職を辞めたい 店長を辞めたい 美容師を辞めたい
介護がブラックすぎる メガバンクがブラックすぎる 警察官がブラックすぎる 教員がブラックすぎる
郵便局がブラックすぎる 教員の中途退職 - -
仕事を辞めたくて仕方がない人は「仕事を辞めたい10の理由と解決策!13項目のチェックリストで退職診断を徹底解説!」を参考に会社を辞めるべきか診断してみてください。
当サイトのイチオシの退職代行サービス厳選3社!
退職代行SARABA

SARABAの注目ポイント

  • 労働組合が運営をしている非弁リスクゼロの退職代行
  • 有給消化98%!未払い給料や残業代の請求や交渉も可能
  • 24時間365日対応可能、深夜でも即レス!
退職代行会社SARABA(サラバ)は退職代行業者の中で唯一、労働組合が運営をしているサービスです。労働組合には団体交渉権があるため、未払い給料や残業代の請求や交渉も可能も可能です。
退職代行jobs
退職代行Jobs(ジョブズ)のアイキャッチ画像

退職代行jobsの注目ポイント

  • 24時間365日対応
  • 西前啓子弁護士監修
  • 退職届、履歴書のテンプレプレゼント
退職代行jobsはセラピストとしても有名な「西前啓子」弁護士から監修を受けている信頼性の高い退職代行業者です。24時間申込みを受付けており、朝6時から実際の対応もしてもらえます。
また、退職代行jobsでは「退職届」や「業務引継書」、「履歴書」や「職務経歴書」のテンプレートをプレゼントしています。本来面倒な作業ですが、依頼者はお手本通りに記載するだけで、退職や転職を進めることができます。
退職代行ニコイチ

ニコイチの注目ポイント

  • 累計7135人の成功実績を持つ老舗業者!
  • 運営歴14年間で退職成功率は100%!
  • プロの心理カウンセラーに無料相談!
ニコイチは創業から14年間で、合計7135人以上の退職を成功させている退職代行業者です。圧倒的な人数も然ることながら、驚くべきは未だに退職成功率100%を誇っているため、安心して利用することができます。「不安が拭えなくて、実績ある会社にお願いしたい」という方はニコイチをご利用してください。
おすすめの記事