▼当サイトおすすめの退職代行サービスはこちら!迷ったら「退職代行SARABA」で無料相談!
ランキング1位のアイコン退職代行サラバ(SARABA)
【2.8万円ぽっきり!24h対応で即日退職】
一般業者では不可能な「交渉」にも対応!トラブル・失敗の心配はなし
ランキング2位のアイコン辞めるんです
【利用料金3万円!実質無料で利用可能】
転職成功で退職代行費用30,000円、全額キャッシュバック!
ランキング3位のアイコン退職代行jobs
【29,800円!有名弁護士監修の安心サービス】
弁護士指導なので安心安全!丁寧な対応で円満退職を提供中

また、当サイトの「退職代行サービスおすすめランキング!【人気業者39社を徹底比較】」の記事はこちらから!

営業職の社員が退職を考える4つの理由

バナー画像「営業を辞めたいと感じる理由」

文系大学生は「営業職」に配属されることが一般的で、その割合は約7割と言われています。

会社としては、自分達の商品や社会のマナーを良く知ってもらうために営業に配属させるのですが、営業の業務内容は適正が大きく分かれるため、「辞めたい」と感じる方も多くいます。

そこで本記事では営業職の人が退職を考える理由と、仕事を辞めるべきかの判断方法を中心に解説をします。

まずは、営業職のどのような点をみんなが辛いと感じているのか確認してみましょう。

1.結果が出せていない

営業職を辞めたいと感じる方の1番の理由は「結果が残せないこと」でした。

「自分のちからが及ばない」と責任を感じ、別の業務がしたいという思いから転職を決意される方が多くいます。

結果が出せない要因は人によって様々ですが、ポピュラーなものをまとめています。

  • コミュニケーションが苦手
  • プライドが高くて、低姿勢になれない
  • 商材をよく思っていない、心からオススメできない
  • スケジュール管理できない
  • 断られてへこむ、メンタルが弱い
  • 空気が読めなず、台無しにしてしまう
  • 自信がなく、態度や挙動に出てしまう
  • 達成への意欲がない
一部例外はありますが、基本的には「適正による問題」が多いです。

冒頭でもお伝えしましたが、営業職は仕事の中でも一番得意不得意がハッキリと現れる部署です。

2.厳しいノルマ、上司からのプレッシャー

「今月は何件取ってこい」、「取れるまで返ってくるな」など厳しいノルマに苦しんでいる方も多数います。

できないことに対して必要以上に攻めるパワハラ上司も営業職には多い傾向があります。

営業マンは、目標を達成している月は安心して過ごせますが、未達成の月は月末まで上司が怯えながら仕事をしなくてはいけません。

また、月が変わればまた0からやり直しですので、常にストレスが溜まる状態にあります。

このような達成しようがないノルマを、毎月毎月求められていては仕事を辞めたいという気持ちにもなるでしょう。

3.給料、インセンティブの不満

営業の重たい業務内容に対して、給料が見合わないという声が多くありました。

仕事を受注したからと言って歩合がある訳でもなく、成果を出すために遅くまで頑張っても残業代が出ないというケースもあります。

歩合制度は会社によって用意されていることもありますが、残業代は営業職に対して「みなし残業制」を採用している会社が多いため、全額受け取れない方がたくさんいます。みなし残業とはあらかじめ固定で残業代が決められていることです。

給料に満足していない方の多くは、みなし残業を大幅に超えている傾向があります。働く意味を見出すことができないと、仕事を続けるモチベーションが保てません。

4.拘束時間

一般的に営業は外回りをしていている時間が長くなります。ノルマを達成するために、何社も予定を入れ、定時の退社時刻ギリギリに帰社し、その後デスクワークを行う方が多数います。そのため、必然的に残業時間が長くなる傾向があります。

また、クライアントとの接待や飲み会に参加する機会も多数あります。

とにかく仕事に打ち込みたい人に取ってはぴったりな部署ですが、ライフバランスを大事にしたい方にとっては、辛く感じられるでしょう。

営業職を辞める上での不安要素と解決策

バナー画像「営業を辞めたいけど辞めれない不安要素」

仕事を辞めること、転職するへの抵抗

仕事を辞めること自体に抵抗があるという方も多くいらっしいます。

一昔前までは、終身雇用が当たりまえで「途中で仕事を辞めるなんてありえない」と考えられていましたが、今は転職する方が増えています。

まずは、「転職が決して珍しいことではない」と理解することが重要です。

上の世代からの意見や目線が気になると思いますが、「もう続けることが難しい」と感じたのであれば、無理をしてまで働き続ける必要はありません。

離職期間中のお金が心配

離職期間中の生活費が心配で、営業職を辞めることに戸惑っている方は在職中に転職先を見つけることを心がけてください。

忙しくて時間がない人のために、自分にあった転職先を探してくれる「転職エージェント」などのサービスもあります。現在は転職の敷居はかなり低くなっており、働きながらでもスムーズに内定を取ることができます。

離職期間がなくなれば、もちろんお金の心配も解決することができます。

また、もし先に退職をする場合も1年以上勤めた方であれば失業保険を受け取ることもできます。体調を崩しており、これ以上の出勤が困難な方は無理に在職中に転職先を探す必要もありません。

申請から即座に給付金を受給することも可能なので、貯金に自信がない方でもお金の心配をする必要はありません。

転職先の心配

転職先が見つかるかどうか不安になり退職をためらっている方は、上記と同様ですが、在職中に転職先を見つけることを心がけてください。

営業で培った経験やスキルはどの会社に行っても役に立ちます。営業から同職種の転職であればすぐに転職先は見つかるでしょう。

また、20代〜30代前半であれば全く別の業種に転職することも全然可能なので、自分のやりたいことを自己分析した上で転職活動に臨みましょう。

営業職を辞めるべきか判断するための2つのポイント

バナー画像「営業を辞めるべきか判断する基準」

営業を辞めたいと思う理由を明らかにする

まずは、自分が営業を辞めたいと感じる理由を明らかにしましょう。

辞めたいと感じる理由がわかったら、それが会社が原因の問題なのか、自分が原因の問題なのかを判断しましょう。

「仕事に慣れていない」など自分が原因の問題で慣れと工夫によって解決できるのであれば退職する必要はありません。

移動で解決できる問題かを考える

  • 結果が出せていない
  • 厳しいノルマがある
  • 給料に不満がある
  • 拘束時間に不満がある

冒頭で紹介した退職理由のうち、「結果が出せていない」という理由から退職を考えている方は、会社を辞めずとも部署の異動で問題が解決できる可能性が高いです。

というのも、結果が出せていない原因が適正問題である可能性が高いからです。他の部署に行けば本来の力を発揮できるかもしれません。

会社としても、あなたが100%のちからを発揮できる部署に配属したいと考えています。

結論を出してしまう前に、まずは上司に異動の相談をしてみてください。

実際に営業職を退職した方の体験談

バナー画像「営業を辞めた方の声」

辞めるべきかを判断するポイントでお伝えした通り、

営業では活躍できなかったけど部署移動して活躍している人と、営業から営業へ会社を変えて成功した方の人がいます。

相談することで簡単に異動できている方も多数いるのでまずは、社内でどうにかならないのか最善をつくすようにしましょう。

営業職の辞め方、円満退職するために必要なこと3つ

バナー画像「営業を辞める方法」

引き継ぎスケジュールの作成

営業職が円満に仕事を辞めるために必要なことは、引継ぎ作業です。

他の部署と違い、営業マンは自分だけがやり取りをしているクライアントがいるため、引継ぎが重要となります。

退職の意思を伝える際は、上司に対して業務をリストアップ引継ぎスケジュールを作成し会社に支障が出ないようにすることを約束すると、すんなりと退職を認めてもらえるでしょう。

何をいつまでに完了させるのかが明確にわかるようにするのがコツです。

後任との同伴挨拶

自分が担当をしていたクライアントには、後任の社員を連れて挨拶をしにいく必要があります。

電話やメールで退職の旨を伝えて、後任を連れて挨拶伺うアポイントを取ります。

打ち合わせの場面では、「これまでの感謝」と「後任の紹介」をすればおおよその引継ぎは完了です。

クライアントの名刺やいままでやり取りしたデータ、共有している資料があれば、退職日までに後任に渡しておきましょう。

営業職のバックレは絶対にしないこと!

上記の通り、営業職は引継ぎ事項が非常に多い部署です。

バックレなどをしてしまうと、会社に目に見える損害が発生してしまう可能性があります。バックレたことによる正確な損害額が計算できる場合、会社は損害賠償を請求しやすくなります。

社会人であれば、絶対にバックレはNGですが、営業は他の部署よりも一層バックレのリスクが高いので、絶対にしないようにしてください。

もし、当日出社することが困難で、会社に連絡することも難しいのであれば、依頼者に代わって全ての退職連絡を行ってくれる「退職代行サービス」がおすすめです。

確実に依頼した当日に会社を辞めることができるので、どうしても自力で退職できない方はご利用ください。

当サイトでは退職代行業者を比較した「退職代行サービスおすすめランキング!人気業者36社を徹底比較【いますぐ辞めたい方必見!】」を掲載しているので、気になる方はあわせてご覧ください。

当サイトのイチオシの退職代行サービス厳選3社!
退職代行SARABA

SARABAの注目ポイント

  • 労働組合が運営をしている非弁リスクゼロの退職代行
  • 有給消化98%!未払い給料や残業代の請求や交渉も可能
  • 24時間365日対応可能、深夜でも即レス!
退職代行会社SARABA(サラバ)は退職代行業者の中で唯一、労働組合が運営をしているサービスです。労働組合には団体交渉権があるため、未払い給料や残業代の請求や交渉も可能も可能です。
辞めるんです

辞めるんですの注目ポイント

  • お客様満足度1位!何度でも無料相談できる
  • 成功率100%!「もしも」の時も全額返金!
  • 24時間365日、深夜でもスピード対応!
  • 顧問弁護士の指導を受けているので安心!
「辞めるんです」はお客様満足度で業界1位を獲得している退職代行サービスです。値段は良心的な価格にも関わらず、24時間365日スピード対応で退職成功率は100%!また、顧問弁護士による指導を受けているので、訴訟リスクなどの心配もありません!
退職代行jobs
退職代行Jobs(ジョブズ)のアイキャッチ画像

jobsの注目ポイント

  • 24時間365日対応
  • 西前啓子弁護士監修
  • 退職届、履歴書のテンプレプレゼント
退職代行jobsはセラピストとしても有名な「西前啓子」弁護士から監修を受けている信頼性の高い退職代行業者です。24時間申込みを受付けており、朝6時から実際の対応もしてもらえます。
また、退職代行jobsでは「退職届」や「業務引継書」、「履歴書」や「職務経歴書」のテンプレートをプレゼントしています。本来面倒な作業ですが、依頼者はお手本通りに記載するだけで、退職や転職を進めることができます。
おすすめの記事