▼当サイトおすすめの退職代行サービスはこちら!迷ったら「退職代行SARABA」で無料相談!
ランキング1位のアイコン退職代行サラバ(SARABA)
【27,000円!24h対応で即日退職】
有給消化/残業代/退職金もおまかせ!損害賠償請求にも対応
ランキング2位のアイコン退職代行jobs
【有名弁護士監修の安心サービス】
弁護士指導なので安心安全!円満退職できる!
ランキング3位のアイコン退職代行ニコイチ
【累計7,135人の圧倒的な成功実績!】
27,000円で退職成功率100%!7135人の退職実績も!

また、当サイトの「退職代行サービスおすすめランキング!【人気業者39社を徹底比較】」の記事はこちらから!

介護職は人の生活をサポートする非常にやりがいのある仕事であり生涯働く人がいる一方、辛い業務が多くストレスを感じて辞めたくなってしまう人もいます。

本記事ではこれから介護の道を目指そうとしている人や、介護の仕事を辞めたいと感じている人に対して、実際に退職をした人たちの理由や、辞めるべきかの判断方法を中心に解説をしています。

介護業界のブラックな実態については「【ブラックすぎる】介護施設で働こうとしている人必見!劣悪な職場環境の理由と実態!」を参考にしてください。

介護職を辞めたいと感じる7つの理由

バナー画像「介護職を辞めたいと感じる理由」

まずは、介護の仕事を辞めた人たちが何に不満を感じ退職しているのかを解説します。

今まさに仕事を辞めようか迷っている人は、自分と同じ悩みを持ち、実際に退職している人がたくさんいることを知ることから始めましょう。

仕事内容が合わない

「仕事が合わない」という退職理由は新卒入社や、他の業界から介護業界に転職してきて日が浅い人に多く見られる退職理由です。

介護業界は決して楽な仕事ではなく、続けていくためには高い適正が求められます。

一度介護職の仕事内容をまとめてみました。

  • 夕食
  • 就寝
  • 安否確認
  • 排泄介助
  • 起床介助
  • 朝食
  • イベント/レクリエーション

代表的な業務ばかりですが、ざっくりとこのような内容です。

衛生的に汚い仕事だってありますし、夜勤を担当することもあり、精神的にも体力的にもかなりキツイとお仕事ばかりです。

ここ最近、介護職は人手不足であることから「就職しやすい」という情報が広まったことから、自分の適正を考えずにとりあえず就職してしまう人が増えています。

そのような人が実際の業務の大変さを知ったとき「辞めたい」と考えてしまいます。

適正が合わない事自体は、恥ずかしいことではありません。たとえ、介護業界に強い憧れを持っていた人でも業務にストレスを感じることはあります。ミスマッチしてしまったことよりも、次こそ自分にあった仕事に就くことに目を向けてください。

業務量の多さについていけない

仕事内容が合っていたとしても、与えられる仕事の量が多すぎる場合は辞めてしまいたいと感じてしまいます。

今、日本は4人に1人が75歳以上の高齢社会となっており、今後も少子化の影響で高齢化が進んでいくと言われています。現在進行系で介護施設の利用者は増加しています。

一方、若い働き手が増えることがなく、1人が多くの利用者を担当してなくてはいけない状態となっています。

介護保険法により、介護付き有料老人ホームでは入居者3人に対し1人の介護職員を配置すると決まっていますが、ブラック企業の場合は規定以上の人数を担当することもあるようです。

家族の時間を大切にしたい

退職理由は決してネガティブな理由ばかりではありません。結婚、出産といった生活スタイルの変化から退職を考える人も多いです。

夜勤がある介護職に勤めていると、昼の間は自分が子供の面倒を見て、夫が帰宅してから子供を託して出勤するという人もたくさんいます。家族全員が揃うことがない、すれ違いの生活を寂しく感じてしまうことは当然です。

働き方の選択肢の一つとして、時間に余裕の持てる仕事に転職をする人も多いです。

給料が極端に低い

年齢 年収 月額給与 ボーナス
20~24歳 294.8万円 18万円 73.7万円
25~29歳 336.4万円 21万円 84.1万円
30~34歳 378.0万円 24万円 94.5万円
35~39歳 423.4万円 26万円 105.8万円

データ参照:介護士の年収・給料を詳しく解説!378万円が平均でした!|平均年収.jp

介護業界に勤める人に悩みのひとつに給料の低さがあります。

20代前半の平均月給は約18万円で、保険や税金を惹かれてしまうと14万円程度になってしまうこともあります。

仕事内容と給料、さらに現実的に自分が理想とする生活をを照らし合わせた結果、転職を選択する人もいるでしょう。

会社の方針と自分の介護理念が合わない

介護という仕事そのものには、満足をしているが施設に不満を持つ人も多いです。

イベントの頻度が多すぎる、利用者に対する考え方が雑、無駄な会議が多い、人員補給をしてくれないなど施設への不満は尽きません。

どんなに下調べをしても、施設内部の細かい事情までを完璧に知ることはできません。こうしたギャップが生まれてしまうことも介護業界では「あるある」です。

また、社風や従業員全員の共通意識、経営者の考えを1人のスタッフが変えることは現実的に難しいです。自分の意見を伝えてみたものの、施設側に動きが見られなかったため、退職するケースも見受けられます。

人間関係に問題があった

介護職は国家資格こそ必要になりますが、職歴学歴や年齢、性別に関係なく働く事ができる仕事です。そのため施設には様々なスタッフが勤務することになります。

年齢は10代から60代、性別は女性の方が多いですが男性もいます。

こうした、幅広い世代が混在する業界では考え方の違いが発生しやすい傾向にあります。ときには理解できない人同士が対立してしまうこともあります。

若い世代は比較的、知らない価値観を共有しあうことを臨みますが、上の世代は保守的な人が多く一方的な価値観の押し付けをすることが多いようです。介護職は1つのチームのように動く必要があるため、スタッフ間の連携が取れていないと働きづらさを感じてしまいます。

パワハラが発生しやすい

介護職はパワハラや、贔屓、仲間外れなどが発生しやすいといわれています。

介護施設は長く勤務している「お局さん」や「施設責任者」が高い発言力を持っていることが多いためです。

運営をしている企業は、施設のことは完全に責任者に任せきりというケースが多く、施設内では誰も責任者やお局さんに逆らう事ができません。

上司の顔色を伺いながら働くことに嫌気が指した人や、ハラスメントの対象となった人は自然と退職の道を選んでいます。

介護職を辞めた方の声「介護は続けたい」

ここまで介護施設に勤める人たちが辞めたいと感じる理由を紹介しました。

ミスマッチをした人を除いて、退職理由から介護の仕事自体に不満を持っている人が少ないことがわかります。問題は仕事量が多いことや、人間関係が悪いこと、雇用条件が悪いことです。

実際に現役介護士の声をみても、同じことが言えます。

介護職を辞めるべきか迷った時のチェック項目

バナー画像「介護職を辞めるべきかの判断方法」

ここまで、介護スタッフが辞めたいと感じる理由を解説しました。共感できるポイントが多かった人もたくさんいるのではないでしょうか?

この章では、介護職を辞めるかどうか判断をするために必要なポイント紹介しています。

1.介護職で働くメリットを確認する

まず、最初に介護職を続けるメリットについて考えてみるべきです。

もちろん辞めてしまえばこのメリット部分を失うことになります。つらい状況を脱する事ができる嬉しさと自分にとってどちらが満足できるのかを一度整理しておきましょう。

いかに介護職のメリットをまとめてみました。

【介護職を続けるメリット】
  • 一生使えるスキルが身につく
  • 年齢や性別、学歴が関係ない
  • キャリアアップして(今後資格を取って)給料が上がる可能性がある
  • 現代の社会で需要が高まっているサービスである

2.介護施設側の問題か、自分の問題かを見極める

辛いと感じる理由には原因があるはずです。

その原因が自分の問題なのか、施設の問題なのかは一度整理してみると良いでしょう。より良い条件を求めて転職をすることは今の時代当たり前なことですが、なんでもかんでも施設のせいにして転職をしてしまうと、同じことを繰り返してしまう可能性があります。

【施設の問題】

  • サービス残業や休日出勤が当たり前になっている
  • 違法な医療行為を指示される
  • 他の介護施設よりもやたらと夜勤が多い
  • 評価制度に定まっていない、贔屓がある
  • いじめやハラスメントが横行している

【自分の問題】

  • 作業に慣れていないため、業務時間が遅くなってしまう
  • 夜勤が多いが、毎回シフトの相談を受けている(断れない)
  • 評価や昇給の相談をせずに決めつけてしまっている
  • コミュニケーションを取ることを自分から避けている

3.意識改善やスキルアップで問題が解決できないか確認する

圧倒的に辞めることで得られる開放感に魅力を感じた方は、必要ありませんが介護士に未練がある方は、一度辛いと感じている問題が自分次第で解決できないかという点に注目してみてください。

人間関係がうまくいかない人や、単純に業務が合わないと思っている人、雇用条件に不満がある人はもしかすると動き方一つで解決できるかもしれません。

【やってみるべき行動/考え方】
  • 介護観は1人1人違うものだと理解する
  • 仕事だからと割り切ってしまう
  • 指導された内容を徹底してみる
  • 給与や勤務時間の不満を正直に相談してみる
  • 慣れや時間が解決してくれる問題ではないか検討する
  • 自分の時間を使って自発的に学んでみる

介護職の辞め時、ベストなタイミング

バナー画像「介護職を辞めるタイミング」

最後に介護士を辞める決断をした人に対して、ベストな退職のタイミングを紹介しています。

1.転職先が決まったタイミング

退職の手続きをしはじめるのは、転職先が決まってからが一般的です。

介護職は求人数が多く比較的再就職しやすい業種ですが、人によっては時間がかかってしまうこともあります。

すぐに見つかるだろうと先に退職をしてしまうと、収入のない期間が長引き生活が苦しくなってしまうかもしれません。

2.自己PRにできる実績・資格を得たタイミング

これから転職を進めるに当たり、今の職場で何をし何を得たのかは大きなPRポイントとなります。

「チームのリーダーとして◯年間働いた」など自分の強みとなる経験を積んだタイミングでの退職がおすすめです。

資格試験を受けるために必要な実務経験年数がほしいと考えて今の職場に入った人は、今までの勤務年数を一度確認してみると良いでしょう。

現在の規定では3年間(1095日)以上の年数が必要となります。単純な在籍日数だけでなく従事日数の指定もあるので、「少し足りない!」という事態にならないよう、注意が必要です。

ただし!実務経験年数は、別の職場との合算ができるので無理をしすぎる必要はありません。

3.一定の生活費が溜まったタイミング

在職中に転職活動を進める人は、収入のない期間が発生することはないのでさほど心配はありません。

あまりおすすめではありませんが、もし退職後少し期間を空けてから転職活動を開始しようと考えている人はある程度、生活費を貯めなくてはいけません。

失業保険の受給もできますが、自己都合退職の場合は保険金を受け取れるのが3ヶ月後からなので、せめて3ヶ月生きられるだけの貯金はほしいところです。

4.ボーナスをもらったタイミング

あまり意識しすぎる必要はありませんが、6月や12月のボーナスを受け取ってからという考え方もあります。

ボーナス額が大きい人や、あと数週間頑張ればボーナスを受け取れるという人は意識してみると良いでしょう。世間一般では「もらい逃げ」などと呼ばれることもありますが、働いた分のお金をもらうことは当然の権利なので、後ろめたさを感じる必要はありません。

また、ボーナス時期は退職者が多いため、求人数がグッと増える傾向があります。

介護職から介護職への転職をお考えの方は(いつでも求人が多いため)あまり関係ありませんが、別業種への転職を考えている人にとっては、最適なタイミングです。

5.体調を崩してしまったタイミング

上記の4つのようにお得に辞められるタイミングや、リスクを抑えて辞められるタイミングから退職時期を検討することはもちろん大切ですが、これ以上働き続けることが限界であれば、上記で紹介したことは一切無視して健康を最優先するようにしましょう。

体調を崩しすぐに働くことができなくなってしまっては、多大な時間を療養に当てなくてはいけなくなります。

離職期間なくスムーズに転職するつもりが、働き始めることができず内定を辞退してしまっては元も子もありません。

ここまで、介護職を辞めどきについて解説してきましたが、介護業界のブラックな実態については「【ブラックすぎる】介護施設で働こうとしている人必見!劣悪な職場環境の理由と実態!」を参考にしてください。

 

【職業別】関連リンク
介護を辞めたい 生保レディを辞めたい 歯科助手を辞めたい 自衛隊を辞めたい
大学職員を辞めたい 不動産を辞めたい ITを辞めたい 調剤薬局事務を辞めたい
公務員を辞めたい 営業職を辞めたい 店長を辞めたい 美容師を辞めたい
介護がブラックすぎる メガバンクがブラックすぎる 警察官がブラックすぎる 教員がブラックすぎる
郵便局がブラックすぎる 教員の中途退職 - -
仕事を辞めたくて仕方がない人は「仕事を辞めたい10の理由と解決策!13項目のチェックリストで退職診断を徹底解説!」を参考に会社を辞めるべきか診断してみてください。
当サイトのイチオシの退職代行サービス厳選3社!
退職代行SARABA

SARABAの注目ポイント

  • 労働組合が運営をしている非弁リスクゼロの退職代行
  • 有給消化98%!未払い給料や残業代の請求や交渉も可能
  • 24時間365日対応可能、深夜でも即レス!
退職代行会社SARABA(サラバ)は退職代行業者の中で唯一、労働組合が運営をしているサービスです。労働組合には団体交渉権があるため、未払い給料や残業代の請求や交渉も可能も可能です。
退職代行jobs
退職代行Jobs(ジョブズ)のアイキャッチ画像

退職代行jobsの注目ポイント

  • 24時間365日対応
  • 西前啓子弁護士監修
  • 退職届、履歴書のテンプレプレゼント
退職代行jobsはセラピストとしても有名な「西前啓子」弁護士から監修を受けている信頼性の高い退職代行業者です。24時間申込みを受付けており、朝6時から実際の対応もしてもらえます。
また、退職代行jobsでは「退職届」や「業務引継書」、「履歴書」や「職務経歴書」のテンプレートをプレゼントしています。本来面倒な作業ですが、依頼者はお手本通りに記載するだけで、退職や転職を進めることができます。
退職代行ニコイチ

ニコイチの注目ポイント

  • 累計7135人の成功実績を持つ老舗業者!
  • 運営歴14年間で退職成功率は100%!
  • プロの心理カウンセラーに無料相談!
ニコイチは創業から14年間で、合計7135人以上の退職を成功させている退職代行業者です。圧倒的な人数も然ることながら、驚くべきは未だに退職成功率100%を誇っているため、安心して利用することができます。「不安が拭えなくて、実績ある会社にお願いしたい」という方はニコイチをご利用してください。
おすすめの記事