▼当サイトおすすめの退職代行サービスはこちら!迷ったら「退職代行ニコイチ」で無料相談!
ランキング1位のアイコン退職代行ニコイチ
【2019年5月】業界最安値で業界1番の実績!!
業界最安値の28,000円で累計4,500人の成功実績!退職成功率100%!
ランキング2位のアイコン辞めるんです
【退職成功率100%!返金保証付き】
退職成功率100%!期間限定キャンペーンで「50,000円→30,000円」で利用できる!!
ランキング3位のアイコン退職代行サラバ(SARABA)
【3万円ぽっきり!24h対応で即日退職】
業界最安の3万円 & 退職成功率100%!深夜でも即レスで相談できるので即日退社も可能!

また、当サイトの「退職代行サービスおすすめランキング!【人気業者25社を徹底比較】」の記事はこちらから!

退職代行を利用する方は「会社にもう出社することなく退職できること」に魅力を感じている方が多いです。

怖い上司やもう顔見たくない職場の人たちがいて、追い詰められている方はとくに「出社しないで辞めることができるのは魅力的でしょう。」

しかし、何の引き継ぎもなしに退職してしまって大丈夫なのでしょうか?

本記事ではそのような疑問に答えるために、退職代行会社の過去の事例や法律について法律に詳しい方にリサーチを行いました。会社から損害賠償請求をされたり、懲戒解雇処分になってしまうのではないかと不安に思っている方は是非参考にしてください。

退職代行を利用して引き継ぎなしで辞めることは可能?

結論から言うと、引き継ぎなしで即日退職することは可能です。実際に退職代行を利用して即日退職している方は非常に多いです。退職代行サービス会社としても、その日に辞めることができると大々的に掲げています。

「退職代行会社サラバ」と「退職代行会社ニコイチ」の公式サイト内の記述を紹介していきますが、引き継ぎなしで辞めることで安心した方はさっそくお客様満足度業界No.1の「辞めるんです」に相談してみましょう。

記事全文を読む時間がない方へ
記事全文を読む時間がない方は当サイトが自信を持っておすすめしている「退職代行ニコイチ」を利用しましょう。

ニコイチは、業界最安値28,000円ぽっきりで利用できる、退職成功率100%(返金保証付き)で累計実績4,000件を超える人気退職代行サービスです!

民法の規定では2週間前までに退職の旨を伝える必要があると書かれています。

ですが、想像してみてください。

あなたは上司です。部下が今日辞めたいと言ってきました。

当然引き留めます。

「突然すぎる。後任の人を見つけて、その人が仕事ができるようになってからでないと」 当然でしょう。

しかし、部下の決心は固く「そんなこと言われても知りません。とにかく今日をもって会社を辞めます」と言ってきたらどうしますか?

引き留めようがないですよね。

「就業規則で退職するときは1か月前に言わないと」など、言っても明日から出勤してこないのは明らかです。あなたから見ても、もう会社で働く意欲がないのですからこの部下を育てる意味はなくなります。

つまり、会社は辞めようとする部下を止める力はないのです。

上司の引き留めに屈してしまいませんか?

私共はご依頼人様から入金の確認が取れ次第、仕事に入らせていただきますので、あなたの上司の引き留めに屈することはありません。

残った同僚に自分の分がいなくなったら迷惑がかかると思ってしまいませんか?これはそもそも会社の人材難に問題があります。あなたが原因ではありません。会社が原因です。

サラバの要約

  • 引き継ぎについて:退職しようとしている人を止める力は会社にはないため、即日の退職も可能
  • 引き止めについて:退職代行会社は上司の引き止めは関係ない。
  • 人材不足について:人材難は会社が原因である

退職代行サービスを利用すれば、引き継ぎをしていなかったとしても、即日で退職できる可能性が高いです。

たとえ上司から引き止められたとしても、退職代行業社のスタッフは屈っすることなく「利用者を退職させる使命」を遂行してくれるでしょう。また、会社が人手不足であったとしても、人材難は会社側の管理が原因です。利用者のせいではありません。

会社や上司からの処分に怯えている方は多いですが、退職を決意した社員の立場は非常に強いです。一刻も早く会社を辞めたいと考えている方や会社に行ける精神状態ではない方も、安心して退職代行サービスを利用することができますよ

退職代行会社ニコイチのスタッフブログにも、引き継ぎに関する記載を見つけました。

パソコンのフォルダーのどこにあるのかを電話では説明しにくいのです。ファイルのある場所を本人しかしらない。

カウンセリングシートに本人が詳細を書き込まないといけない。

退職電話を実行後メールで送りますとか文章にまとめて送りますとかでその都度、連絡を頂いて代行屋が代わりに伝えることをすると何十回も担当者とメールのやり取りをしたり電話をすることになり、電話で本人と話したら1分で済むのでなんとかなりませんか?と会社から言われたこともあります。

まあ、当然 依頼者に電話をさせるようなことはしませんし、何とか乗り越えますのでご安心ください。

ニコイチの要約

  • 引き継ぎ:ファイルの場所などは代行会社を介して伝えることができるので、依頼者から連絡することなく辞めることができる

ニコイチは本人しか知らないような情報(最低限伝えるべき情報)を会社に伝えてくれます。重要ファイルの場所だけは伝えておきたいと考えの方も、必要最低限の引き継ぎはできるので、気負いすることなく退職することができます

退職代行で損害賠償請求される可能性

引き継ぎなしに即日退職できることはわかりました。しかし、たとえ辞めたとしても後々損害賠償を請求されてしまうのではないかという心配が残っていますね。

まず、退職についてはすべての労働者に対して法律で認められている権利なので、会社を辞めるだけで訴えられることありません。

金銭の横領や機密情報の漏洩、顧客情報の漏洩など意図的に会社に対して損害を与えるなど会社として深刻な問題がある場合はまた別の問題ですが、そういったことがない限り基本的に訴えられるケースはないです。

したがって、引き継ぎなしで退職をしたとしても損害賠償請求される可能性は、裁判に掛かるコストの方が大きいため、限りなく低いでしょう

また、現実的な問題として、裁判にかかる時間的、金銭的なコストを考えると、1人の社員の退職にあたって、わざわざ損害賠償を請求する裁判を起こすことは、絶対とは言い切れませんがまずありません。多くの退職代行会社をリサーチしても、過去に訴訟を起こされた事例は一件も見つかりませんでした。

退職代行を利用する上で、損害賠償を懸念する必要はありません。

損害賠償まとめ

  • 訴訟:コストと手間が掛かるため、企業側にメリットがない
  • 事例:退職代行会社を利用して、損害賠償請求された事例はない

絶対に無いと言い切れない理由

「会社は社員に損害賠償を請求してはいけない」という法律があるわけではないので、絶対に起こりえないと言うことはできません。ネット上では労働基準法16条を提示し「会社は損害賠償を請求できないので安心でしょ?」と解説しているしているサイトがよくありますが、これは完全な間違いです。

労働基準法16条(賠償予定の禁止)

使用者は労働契約の不履行について違約金を定め、または損害賠償額を予定する契約をしてはならない。

この法律は「無断欠勤を5回繰り返したら3万円の罰金」「機材を壊したら無条件に10万円の罰金」など会社独自のルールをあらかじめ作ることを禁止した法律です。会社が社員に損害賠償を求めることを禁止した法律ではありません。

そのため、退職代行を利用する人の「業務内容」や「会社での役職」によっては引き継ぎなしで退職することで会社に大きな多大な不利益を及ぼしてしまう場合は、損害賠償請求される可能性もあるので最低限の注意が必要です。

弁護士事務所であれば、利用者が退職後に損害賠償請求を受けないように「和解契約書」を作成することもできます。

参考弁護士による退職代行サービス7選!労働問題のプロがあなたの悩みを解決!

退職代行で懲戒解雇される可能性

退職代行を利用して引き継ぎせず、会社を辞めたことで懲戒解雇される可能性は、損害賠償請求と同様に限りなくゼロに近いです。たしかに会社は社員の退職を取り消して、懲戒解雇処分にすることは可能です。

しかし「引き継ぎをしなかったから」という理由に対して懲戒解雇はあまりにも重すぎる処分なので、たとえ裁判になったとしても認められることは無いでしょう。

退職代行の利用を考えている方からよく「懲戒解雇」という言葉がでてきますが、そもそも懲戒解雇は就業規則の中でも最も重い処分です。社会常識を踏まえて、明らかに誰がみても法律に反する行為を行ったのであれば、処分されてしまいますが「退職されると会社として困る。腹立たしいから懲戒解雇!」ということは絶対にありません。

懲戒解雇される可能性まとめ

  • 懲戒解雇:懲戒解雇は最も重い制裁規定で、退職を理由に懲戒解雇が認めれることはまず無い

以上、引き継ぎなしの退職で心配されることが多い「損害賠償請求」と「懲戒解雇処分」について解説しました。心身ともに疲れていて、健康を害してしまうような状態であれば強気に退職すべきです。すぐに辞めても処罰を受ける心配はありません。

弁護士に監修を受けている退職代行サービスを使う

いざというときに「依頼者の立場にたっての企業との交渉」は非弁行為に該当するためできません。

しかし、退職代行サービスの中には弁護士の監修や指導を受けている会社が多くあります。業務範囲を厳正に管理し、交渉が必要なときに弁護士が担当してくれる企業があります。

こういったリスクにも対応している当サイトがおすすめの退職代行業者は下記の3社です。

退職代行業者 弁護士監修 / 指導 裁判について
ニコイチ
SARABA
(行政書士)
EXIT(イグジット)

しかし、余力があるのであれば引き継ぎは大事であるということも忘れないでください。できる範囲で退職前に引き継ぎ、育成などの事前準備を行っておくことは社会人として重要です。後腐れなく円満に退職をするためには最低限でも責任を持つことが必要ですね。

また当サイトでは、国内すべての退職代行サービスを口コミや評判で徹底比較し、おすすめの退職代行サービスをランキング形式で紹介しております。退職代行で失敗したくない方は「退職代行サービスおすすめランキング!【人気業者16社を徹底比較】」をぜひ参考にしてみてください。

退職代行でよくある質問をQ&A形式でまとめています。疑問をお持ちの方はぜひ参考にして下さい。
退職代行の基本情報
退職代行とは? 値段・料金の相場 利用の流れ・その後
サービス内容/リスクで悩みの方
即日退職 有給や退職金は? 怪しい?詐欺なの?
非弁行為 引き継ぎ 電話で退職していいの?
失敗やトラブル問題 - -
職種や雇用形態ごとのおすすめ業者
アルバイト 派遣社員 公務員
当サイトのイチオシの退職代行サービス厳選3社!
退職代行ニコイチ

ニコイチの注目ポイント

  • 累計4000人の成功実績を持つ老舗業者!
  • 運営歴14年間で退職成功率は100%!
  • プロの心理カウンセラーに無料相談!
ニコイチは創業から14年間で、合計4000人以上の退職を成功させている退職代行業者です。圧倒的な人数も然ることながら、驚くべきは未だに退職成功率100%を誇っているため、安心して利用することができます。「不安が拭えなくて、実績ある会社にお願いしたい」という方はニコイチをご利用してください。
退職代行SARABA

SARABAの注目ポイント

  • 3万円で確実に退職!成功率100%!
  • 万が一失敗した場合も全額返金保証あり!
  • 24時間365日対応可能、深夜でも即レス!
  • 行政書士監修で安心して利用できる!
退職代行会社SARABA(サラバ)は利用料金やサービス内容がすべてハイクオリティの素晴らしいサービスです。サラバ(SARABA)の大きな特徴は「利用料金の安さ」「返金保証制度」の2つです。どんなに退職の話が難航しても、追加料金が請求されることは一切なく、利用料金が3万円を超えることは絶対にないので、安心して相談することができます!
辞めるんです

辞めるんですの注目ポイント

  • お客様満足度1位!何度でも無料相談できる
  • 成功率100%!「もしも」の時も全額返金!
  • 24時間365日、深夜でもスピード対応!
  • 顧問弁護士の指導を受けているので安心!
「辞めるんです」はお客様満足度で業界1位を獲得している退職代行サービスです。値段は良心的な価格にも関わらず、24時間365日スピード対応で退職成功率は100%!また、顧問弁護士による指導を受けているので、訴訟リスクなどの心配もありません!
おすすめの記事